04≪ 2018/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2018-05-24 (Thu)
使えないわけじゃないけどパソコンの調子がイマイチで、携帯から更新できるように設定したので、テストも兼ねて携帯から。

うちの職場、5月から新しい方が入ったのですが、連休明けにはいなくなってましたorz
人が居着かないにも程があるだろ……。
教育の仕方にも問題があると思う。
最初は優しく少しずつ教えればいいのに、最初から目一杯詰め込もうとするから逃げられてる気がする。

また6月から入ってくれる人がいるらしいので、今までの経験を活かして、優しく教育してくれたらいいなぁ。
私は教育できる立場じゃないからどうすることもできないけど。
そろそろ人が入ってくれないと本当に困る。
近々人事異動で、有能で働き者の部長がいなくなることになってるから……。
* Category : 普通の日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ソブラニー
人が定着しない理由…。
教え方以外に求職者と従業員の年代が違うせいかなぁと。

年配の女性が多いと気疲れする。
(私ももう40歳。中高年の仲間入りではありますが…。でも、苦手)
「私のお母さんと同世代なんですね!」と親近感を持つか、
「姑と同世代!」と身構えるか。
そーゆう違いなんでしょうね。

職場は仕事をする場所。
だけど1日の大半を過ごす場所。
故に一緒に働く人と仲良くなれたらいいなって少し期待する。
そーゆうのがあるから年長者が目立つ所は離職も早い気がします。
SNSが流行っていてもリアルの人付き合いはまた別ですからね。

離職対策は子供が保育園に通ってるお母さんを雇うのが一番だと思います。
働かざるを得ないから不満に目をつぶる内に勤続年数を重ねる。
就労証明書の提出時期、有給消化があるから退職は延ばし延ばし。
仕事がルーティンワークになれば別の仕事を探す気もなくなる。
その結果、辞めなくなる。
(自分自身がそんな感じ)

ソブラニーさん * by ミル
確かに、年配の女性が多いですね。
私はソブラニーさんと同年代だし、保育園に子供がいるからやめられないのもわかります。
私も同じような状況です。だいぶ慣れたし……。

私も年配の女性だと気疲れはしますが(もろに姑と同年代)、それでも最近はまあまあ話を合わせてうまく行ってるかと。
若い女の子が1人居るのが救いです。
彼女とは気疲れなく世間話できる感じで、食事の時もいつも近くに座ります。
あちらも、母親世代の人より、一回り上の私のほうが話しやすいと思ってくれてると嬉しいなー。
姉と言うにはちょっと年が離れすぎだけど、年の離れた姉か従姉的な感じで。

個別記事の管理2018-05-19 (Sat)
兄が職場で倒れたらしい……。
病院に運ばれて、鬱の診断が下りたそうです。
今は抗うつ剤と睡眠薬のお世話になりつつ、生活ができてるようだけど。
私は仕事休めないから母親に様子見に行ってほしいけど、母親はあまり積極的ではない。
と言うのも、兄は余計なことをすると怒るところがあって。
「向こうから来てほしいと言われたら行くけど、何も言われてないから……」
と。怒られるの嫌んだなろうーな。兄、怒ると怖い人だし。

病気になっても素直に甘えるタイプの人じゃないから、行ったら感謝してくれると思うんだけど。
兄も来てほしいときは言えばいいと思うんだけどなー。

まあ、実際行ったところで何をしたらいいのかわからないのも事実。
鬱の人にどう接したらいいのかなんてわからないから……。
ただ、母親が家事とかしたらそれだけで少しは楽だと思うんだけど。

放っておいて何かあったら、と思うとそのほうが怖いんだけどな……。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
* Category : ひとりごと
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-05-13 (Sun)
長くなりますので、隠しにしておきます。
大丈夫な方だけお進みください。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ





その①を書いたのは去年の6月頃のことですが、未だ決着しておりません(そのときの記事はこちらをクリック)。
私の耳に入ったのは去年の今頃のことです。もう1年経ちました。
4月が兄嫁の誕生日でおめでとうメールを送って、そのときにはお礼のメールがあって、5月の私の誕生日前には別居していて、音沙汰無しだったので覚えています。
その前の年まではおめでとうメールが入っていたのですが。
あれから少しずつ色んな話が母経由で入ってきていて、本当にどうにもならないものかとやきもきしています。

そもそも別居になった発端は、何かしらの理由で夫婦喧嘩が起こり、それに対して
「お母さん、お父さんに謝って」
と、甥っ子が発言したことだったらしいです。
甥っ子、幼少から秀才だった兄に似て非常に賢い子で、理解力も高いです。
当時わずか5歳(の誕生日少し前)とは言え、夫婦喧嘩の内容を把握し、兄嫁に意見したようです。

それで一旦は兄嫁もおとなしくなり、もう夜も遅かったこともあって、
「明日帰ってから話そう」
と兄が言って就寝し、翌朝仕事に行って帰ってくると、家の中が空っぽだった、と言うことらしいです。
恐らくですが、このままでは親権が危ういと兄嫁が判断し、育児実績を作るために強硬手段に出たのではないかと思われます。

その後は調停になり、東京にいる兄は兄嫁がいる関西に度々足を運んでいました。
兄は仕事をしていて兄嫁は無職なのですが、
「この日でなければ話し合いに応じない」
と平日昼間を指定してきて絶対に曲げないことが繰り返され、兄は度々有休をとらなければいけなかったそうです。

どのような話し合いが行われたかはわかりませんが、弁護士が
「こんなにタチの悪い人は初めてだ」
と嘆き、調停員も兄嫁にあきれ果てているそうです。
調停の日程のこともそうですが、とにかく何一つ譲らず、自分の主張のみを押し通そうとするそうで。
調停員も弁護士も「兄嫁の性格がおかしい」とわかってはいるけれど、現在の法律では親権を取り上げる理由にはならないと。
向こうは祖父母が同居して育児実績を1年積んでいるので、もうどうにもならない状況。
それでも兄が話し合いをやめないのは、やっぱりどうしても親権が欲しいようで。
こればっかりは、本人の気持ちだからなぁ。どうしようもない。

4月から兄が関西勤務になり、私としては会社側が考慮してくれたのかと思いきや、東京本社勤務からはずされたのは事実上の左遷だそうで……
その理由が、恐らくですが度々平日に休みを取るからだろうと……。
子供は取り上げられるわ、調停に呼び出されるせいで左遷されるわで、兄は踏んだり蹴ったり。
先日兄の誕生日に連絡を取ったのですが、兄が私に弱音を吐いたのは生まれて初めてのことです
早まったことをしなければいいなと祈るばかりです。

幼少から文武両道を絵にかいたような人であまり挫折も経験してないから、本人にとって人生で一番の修羅場なのではないかと思います。
中学では常にトップ10以内成績 → 市内で1番の県立進学校に進む → 旧帝大法学部 → 一流企業に就職
だもんなぁ。

家族としては、色々思うところはありました。
例えば大学選びにしても、うちとしては九大なら家から通えるし、九州内ではトップなのだからそこで十分じゃないかと言ったのですが、もっと上を目指して本当に行ってしまうし。
就職に関しても、福岡県警のちょっと特殊な(専門的な?)ところとか、自衛隊の幹部候補生とか(防衛大でもないのになぜ受かったのか謎)、倍率800倍なんてところを勝ち抜いて通ったのに、家族の意見は聞かず、一流とはいえなぜか一般企業。
個人的には福岡県警とか良かったのでは……と思ってしまいます。
結婚に関しても、親は反対しなかったわけではないのですが、本人の意思で決めて。
賢くて挫折を知らないからなのか、絶対に自分の意思を押し通すところはありました
でもその結果がこれですから、本人も少しは思うところがあるのではと思います。

結婚生活は、はっきり言ってあまり良いものではなかったようで。
結婚するまでは兄嫁が積極的で(だから断れなかったのではないかと思います)、結婚して子供ができるまではおとなしくて。
子供ができてからは、兄もなんとなく変だなと思うことはあったようです
でも、妊娠中は気が立ってるのかな、産後は育児が大変なのかな……と自分をごまかして、けんかしても最後には自分が折れての繰り返しで、結局は破綻。
休みの日に一緒に出掛けようと誘っても「いってらっしゃい」としか言われず、いつも甥っ子と二人で出かけていたと聞くと、普通の家族団らんとかが無かったんだなとかわいそうに思います。
うちは毎週末家族で過ごすから余計に……。

結局、兄嫁は計画的だったのだろうとしか思えません。
①の記事でも書きましたが、跡取りが居ないそこそこの家柄の人が結婚して子供が出来たらさようなら、と言うことが増えてるそうで。
どうせなら学歴と収入があっておとなしそうな人がいい、と言う理由で兄に白羽の矢が立ったのではないかと想像します。
その割には子供が5歳までは我慢したんだ、と思わなくもないですが、兄に落ち度がなかったから離婚が難しいと思ったのかな。

これも前に書きましたが、兄が結婚するにあたって、「激務で家事分担ができないから、専業主婦でいい。食事だけはきちんとしてほしい」と言う約束も、あまり守られなかったそうで。
でもただの口約束だし証拠もないし、家事放棄の証拠は写真等で集めていたそうですが、兄嫁は
「料理は夫の趣味なので手を出しませんでした」
と、しれっと言い放ったそうで。
確かに、兄は私より料理上手だけど……しれっと嘘を吐く兄嫁が本当にムカつく。

とにかく、もう親権は絶望的なのだし、兄の年齢を考えると(43歳)子供が望めるような年齢の女性との再婚も厳しい。
いくら兄が高収入でも、それは一般的にはの話でどこかの社長みたいに何億ってわけではないし、今後は養育費もそれなりに払わないといけないわけだし、兄嫁家族に万一のことがあった場合子供を引き取る可能性もあるわけで、それでも結婚したいと思うような女性がいるとは思えない。
そんな性格の良い女性ならもっと条件の良い人と結婚できると思いますし。
望みがあるとすれば、甥っ子はかなり賢い子だし、兄のことをちゃんと覚えていてくれて、定期的に面会を続けていたら、ある程度の年齢になった時に
「お父さんと暮らしたい」
と言ってくれる可能性はあるかと。私のような素人ではその程度しか思いつきません。

そのためには、離婚原因が兄嫁の性格や悪意の遺棄(勝手に出て行った)によるところであるということで養育費や財産分与の金額をできうる限り抑えて、養育費の支払いは必ず面会とワンセットにすることなどを条件にして、甥っ子の成長を待つほかないのでは……と言うのが私の意見です。
今現在支払ってる婚姻費用(夫婦別居時に相手の生活費を支払う制度)だって馬鹿にならないわけだし、調停が続けばそれだけお金がかかるわけで。
別居して離婚まで時間がかかって、婚姻費用が慰謝料や財産分与の額を上回ることは珍しくなく、だから別居して婚姻費用請求はしても離婚申請はしない人もいるとか。

正直、いつ決着がつくかはまだわかりません。
兄は親権を譲れないし、兄嫁は婚姻費用が増えるだけだから長引いても痛くもかゆくもないわけですし。と言うか得しかしませんし。
まだまだ長引くかもしれません。
大学で法律を学んで、法律関係の仕事についてる友人もたくさんいる兄でさえこの状況なのですから、普通に離婚する人はもっと大変だろうと思います。
まあ、兄の場合相手の性格が悪すぎたわけですが……。

早く決着がついて、できればよい方向に行けばいいなと思いますが、多分無理でしょう。
私も祈る以外特にできることがないのがもどかしい……。

Return

* Category : ひとりごと
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by エル
はじめまして、エルです。
(既婚者で、夫との離婚を考えています)
お兄さん、大変ですね。

離婚するのにどれほどエネルギーを費やしているか、想像するだけで気の毒になってしまいます。
早く落ち着くことを祈っています。

ミルさんの結婚生活も含め、応援していますので頑張ってください。

エルさん * by ミル
初めまして、コメントありがとうございます。
嬉しいです♪

離婚は結婚よりエネルギーがいると聞きますが、想像以上でした。相手にもよると思いますけど……。
エルさんも大変だと思いますが、がんばってください。

* by ソブラニー
【報告】

コメントの返信を書きました。
URLを押すと当該頁へ飛びます。

【感想】

兄嫁とその両親は発達障害の類なのだろうか。
そこそこの家柄の人が跡取り欲しさに結婚するとしても
損得を考えると婚姻を続ける方が経済的にも得だし
裁判等で暮らしに波風を立てなくて済む。
そーゆうの考えると甥っ子が意見したのが
よっぽど兄嫁サイドの機嫌を損ねたんだろうな。

そもそも所詮は「そこそこの家柄」に過ぎない。
今でこそ両親が健在でお金パワーで守られている気分に
浸っているのでしょうけど父母どちらかが介護にでも
なればソッコー慌てふためく事だろう。
父親に何かあれば大黒柱ですから経済的な支えがなくなる事から
不安な気持ちになる。
母親に何かあればお金はどうって事なくても家事育児を
自分でやらざるを得なくなる。
兄嫁、今は婚姻費用分担で金を儲けている気分だけど
離婚したら首が締まるのはそちらですよ?って本当に思います。

ソブラニーさん * by ミル
いつもありがとうございます。
発達障害と言うより、大陸系の血筋の方ではないかと疑い始めています。
平気で嘘つくしあまりにも身勝手だし……。

ただ、兄嫁家は財産はまあまあ持ってるようです。お父さんが職人的な仕事らしくて。
私も詳しくは知らず、兄が母にちょっとしゃべったことの断片のみからの判断になりますが。

結婚後、お金の管理は面倒だからと兄に任せ、食費と雑費のみで10万受け取って、それ以外は兄が堅実に貯金していたので、結婚生活が6年程度にしてはずいぶんたまってたようで(母の口ぶりからすると8桁行きそうな感じ)、その半分と、兄の収入から換算して月々結構な額の養育費を支払うことになるので、それがあれば親の年金で十分暮らしていけそうな感じです。

ソブラニーさんの言う通り、介護が始まれば別の話になると思いますが……。
でも、もしかしたらそのために実家に帰りたかったのかもしれません。
一人娘だし、兄の転勤で東京にいたままでは、親の介護もままなりませんから。

個別記事の管理2018-05-06 (Sun)
前回までは1日の流れを書いたので、今回は細かいことを。

まず、ホテルについて。
初日に書いた通り、とても素敵なホテルだったけど、多分もう泊まらないかと。
理由は、ホテルからの送迎バスがなぜかディズニー前に行ってくれない。こんなホテルは初めてでした。
今まで泊ったホテルは、どこもディズニー前に行ってくれたけど、ここのバスはモノレール前で降ろされるか、イクスピアリ前で降ろされるか。
ランドならイクスピアリ、シーならモノレール駅で降ろされて一駅モノレールに乗る。
雰囲気は素敵だし、夜のバーも良かったのに、何か残念。
バスの運転手さんも、1人ものすごく面白い人がいたんだけどなー

以前泊ったサンルートも、もう行く気がしない。
夜のバーが22時くらいで閉まるから、ランドを満喫した後にちょっと一杯、と言うのが難しい。
好きだったのはエミオンかな。子供たちへの気配りもばっちりだったのが気に入った。
最上階のバーは、ランドで遊んだ後でも大丈夫な時間で、眺めも最高だったし。
また次も別のところに泊って、好みのホテルを探すつもりでいますけど。
セレブレーションホテルとかミラコスタに泊まってみたいなー。予算的に厳しいけど……。

それから、夜寒かった!
昼間は夏日なのに、パレード見るために夜遅くまでいたら寒くて寒くて。風も強かったし。
薄手の上着は持ってきてたけどそれでも寒かった。一枚厚手の上着を持ってきてたけど、それは下の子に着せました。
昼夜の寒暖の差、わかっていたけど想像以上でした。
体調崩さなくて良かった。旦那がちょっとのどが痛いと言う程度で済んだから。今は元気です。

それにしても、今回は本当に人が多かったから、次はどうしよう。
できるだけ人が少ない時期に、とは思うけど、梅雨の時期は雨が多いから避けたい。あと、夏の暑さも無理。熱中症になりそう
ディズニー好きの叔母が言うには、最近はそもそも以前よりも来る人が増えてるそうで。
以前は梅雨の時期、ハロウィンが終わった直後、ニューイヤーイベントが終わった後など、かなり空く時期があったらしいのですが、最近はそれでもそれなりに混むそうで。

バレンタインイベントが終わってイースターが始まる前とか、GW後とか、できれば気候が悪くない時期でと思うけど、やっぱり多いかな。
でも、子供たちを休ませるわけにはいかないしな……。
やっぱり、ニューイヤーが終わった直後かな。まだ冬休み中だし。
まあ、結婚15周年までまだ3年あるし。考える時間はたっぷりあるから。
それまでに貯金もして、行く時期も考えよう。

あれから1週間以上経ちますが、「もうそんなに経ったの?」って感じです。
何か、まだまだディズニーマジックにかかったまま。やっぱりすごいなぁ。
早くまた行きたいです♪
我慢できずに、15周年を待たずに行ってしまうかもしれないな……。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
* Category : 普通の日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-05-05 (Sat)
2日目は初っ端からつまずきました。やはり前日の疲れからか、なかなか起きられず。
それでも6時半朝食開始の会場に6時35分くらいに行ったら、もうお店の前に行列。
前日がガラガラだったから油断してました。この日が日曜で前日が土曜だったから、この日のほうが人が多かったようです。
前日が和食処だったから今日はバイキングにしたいと思ってたけど、とても無理。
和食処のほうがまだ空いてたからそちらに行って、シーの前に着いたのは開園ギリギリくらいでした。
チェックアウトして荷物をコインロッカーに預けたりするのにも少し時間がかかってしまったし。

シーは左回りに行きます。トイストーリーマニア、まだ未体験なので。
しかし、ようやく中に入れた時には、トイストーリーマニアはすでにファストパスで3時間待ち。
今回もダメでした……何回目だよorz
諦めて通り過ぎ、その先のタワーオブテラーのファストパスをとって、その先のタートルトークへ。
タートルトーク、なんとS太がクラッシュとおしゃべりできました♪
「どこから来たんだ?」
と聞かれて、
「福岡!」
と元気よく答えてました。娘が羨ましがってました……。

その先のアクアトピアが好きなのですが、そこも大行列!
多分、タワーオブテラーやタートルトークを諦めた人が流れて来たんだろうな……。
その隣、新しくできたニモ&フレンズシーライダーももちろん無理。ファストパスに大行列だったので諦めて先に進みました。

ロストバリーデルタの、インディ・ジョーンズとレイジングスピリッツはどちらかファストパスがとれそうでしたが、早く乗れそうなレイジングスピリッツを取ることに決めて、しかしまだ取れる時間ではなかったので、その先のアラビアンコーストへ。
ジャスミンのフライングカーペットが終わったらファストパスが取れる時間だったので、戻ってレイジングスピリッツのファストパスを取りました。
しかし、ここで痛恨のミス。
ジャスミンのフライングカーペットの少し先にシンドバッドの船に乗るやつがあったのですが、あれはいつもすぐ乗れるし好きなのにすっかり失念しておりました。
マジックランプシアターは、何度も見てるのでもういいかなって感じだけど、シンドバッドの船はイッツアスモールワールドみたいで好きなのに、どうして忘れちゃったんだろう……。

ファストパスを取った後は、タワーオブテラーのファストパスの時間が近づいていたので戻ることに。
船で戻りたかったけど、こちらも待ち時間が長かったので歩きで戻ることにしました。子供たちも疲れてるし、船が良かったけど仕方ない。
足が痛いとブチブチ言う子供たちをなだめながらタワーオブテラー方面に戻りました。
その途中、センターオブジアースのファストパスも確認したのですが、こちらは取れても19時。
今回、帰りの飛行機が19時台だったので諦めました
そして、3人がタワーオブテラーに乗りに行く間、私はマップを広げて次の行動を考えていました。

レイジングスピリッツのファストパスの時間が思ったより早く、食事の時間があまり取れない。
普段はショーが見られるケープゴッド・クックオフに行くのですが、いつもなら少し時間をずらせばすぐに入れるのに、いつ見てもすごい行列。
なので、昼食をどうしよう、子供たちもそろそろお腹すかせるし……と思ってたら、アメリカンウォーターフロント側のエレクトリックレールウェイの乗り場前にあるホットドッグのワゴンが目に入りました。
しかも、ディズニー内としてはかなり破格の400円! ペットボトルのジュースが200円!
迷わず4つずつ買いました。
ソーセージがパンから飛び出すほど大きくて、けっこうボリューミーでした。旦那は足りなかっただろうけど、私と子供たちは十分でした。
レストランに並ぶ時間も省略出来て助かりました。

タワーオブテラー、ファストパスでもけっこう時間がかかりました。
しかも、乗る直前にS太が「……」と言い出してトイレに走った旦那、とても列に戻れず、K子だけ乗ったそうです。
はまあ、仕方ないけど。
実は前に行ったときも同じことがあったので、こういうときの救済措置がほしい。本当に乗る直前だったらしいので。

さて、エレクトリックレールウェイに乗って移動した後、別れて旦那と子供たちはレイジングスピリッツへ。
私は海底二万マイルのファストパスを取りに行きました。
中間地点のマーメイドラグーンで待ち合わせ。私のほうがだいぶ早かったので、その間に買い物を済ませました。
そして、マーメイドラグーンシアターのファストパスがなぜかすぐ取れました。ラッキー。
マーメイドラグーン内はすごい人だったんだけど、なぜか並び時間はそれほどでもなかった。

合流後、海底二万マイル、それからマーメイドラグーンシアターを見て、マーメイドラグーン内で買い物や休憩。
子供たちはこの辺が限界だったようです。アクアトピアやシンドバッドの船に乗りたかったけど、もう移動は無理っぽく。
少し時間があったので、ゆったり出入口方面に向かいながら、ときどき写真を撮り、ちょうど小腹が空く時間帯だったのでザンビーニ・ブラザーズ・リストランテでおやつを食べながら休憩。
ちょうどショーが始まりそうで、でもそろそろ出ないといけないから少し損した気分だね、と旦那と話しました。
センターオブジアースも、夜までいるなら乗れたはずだし。
シーは時間は余るけど、やっぱり終わりまでいないと乗れないものもあるよね、と。

そうなると、次は三泊か……すごい出費になりそう。
福岡からだと、ホテル二泊+航空券+入場券だけで、高くないホテルを選んでも家族四人でだいたい25万くらい。
それに空港までの移動費、ディズニー内での食事代やお土産代を含めると、30万近い出費になります。
我が家にとっては決して安い出費ではなく、やはり数年に一度が限度。
これからは子供たちが大きくなって子供料金ではなくなったりして、さらにますます金額は上がっていきます。
それで三泊になると……いくらになるのか、想像もつきません。
しかし、次に来る予定は結婚15周年の3年後。それまでになんとか貯金しようか……。

名残惜しいですが、余裕をもって17時頃にシーを出て、17時半のバスで空港へ。
空港で食事をとって、19時45分発の飛行機で帰路に着きました。
福岡空港からさらに地下鉄と電車を乗り継いで、家に帰りついたのは23時過ぎでした。
迎えに来てくれた母に感謝です。ちゃんと空港で好きそうなお土産を買って行きましたけど。

なんとか無事に家に帰りつき、本当にほっとしました。
そして思ったことは、やっぱり楽しかった! そして、無事に行って帰れたことに感謝! でした。
すぐにでもまた行きたいと思ってしまうディズニー、やっぱり夢の国です。
遠くてなかなか行けないのが辛い。本当は年一くらい行きたい。予算的に無理だけど……。
私は絶叫マシンは乗れなくて、子供たちのためにファストパスを取りに走り回って自分はほとんど乗れないけど。
それでも、あの世界観とか雰囲気が大好きで、何度でも行きたいと思ってしまいます。
もちろん興味ない人もいるだろうしそれは否定しないけど(うちの兄が全く興味ない人だし)、私は好き。

今回は本当に人が多くて、色々乗れなかったものがあるのが本当に残念。
次に行くときは、イベントが無い、人が少ない時期がいいな~~~。
でも、子供の学校もあるし、なかなかタイミングが難しいな……。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
* Category : 普通の日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |