桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

細かい節約

本当に小さいことなんだけど、男性は細かい節約ができない(しない?)人が多い気がする。
例えば、我が家の場合。
レジャーに出かけるとき、私は飲み物とかをできるだけ持っていきたい派。
現地で買うと高い。ディスカウトストアで買って行けば1/3程度の値段になる。
しかし、うちの旦那は「身軽に行って現地で買うほうがいい」派。
私が財布の紐を握っている関係上、旦那の意見は却下しているが。

あと、旦那がしょっちゅうコンビニでコーヒーを買っていたので(小遣いからだけど)、もったいないから私がディスカウントストアで1/3くらいの値段の缶コーヒー(旦那の希望で一応有名メーカーの物)を家計から大量買いして持って行くように言っている。

「たかだが数百円、節約して何になるの?」
が、世の多くの男性の意見なんだろうと思う。
しかし私に言わせれば、
「その数百円が夕食1回分以上になる」
なのだ。主婦の方には共感してもらえると思う。

仮に缶コーヒー1回の節約が60円として、60円×20日(1月の勤務日数)×12カ月=年14400円の節約。
レジャーの1回の節約が500円程度だとして、それが月に2回×12カ月、年12000円の節約となる。
私はこの浮いたお金を、家族のために使いたいと思うのだ。
細かい節約もせず楽しみにお金を使えるのは、それなりの収入がある人だけだと思う。
締めるべきところは締めて、使うところでは使うのが私の流儀。旅行とか、家族の楽しみに使いたい。

で、最近。
旦那にボーナスからお小遣いを渡したわけだが、それから旦那がお昼のお茶(水筒)やコーヒーを持って行かないことが増えた。
単に面倒だからかもしれないし、本人はそれで良いと思ってるのだろうけど、私からするともったいないなと思う。
どうせならもっと別の有意義なことに使ってほしいと思うのだが。
しかし、本人が自由に飲み物や食べ物を買うことに幸せを感じて有意義と思っているならそれもありだと思うから、何も言わないけど。
ただ何となく財布にお金があるからと使っているなら、ちょっとなぁ。わからないけど。

「ボーナス出たし、ハニーも好きな物買っていいよ」
と旦那は言ってくれるけど、それをすると日々のやりくりが大変になるから、やっぱり必要以上の贅沢には使えない。
できるだけ貯金して、子供の教育費にも回したいし。
壊れたサンダルの代わりと、必要な夏服を少し買い足しました。全部で1万円くらい。
子供は成長するから子供服等はどうしても買い足さないといけないし、自分にはそんなに使えないなぁ。
これが普通の主婦の感覚だと思うんだけど。

旦那に働かせて主婦は優雅にランチ三昧なんて思ってる男性もいるだろうけど、そんなに稼いでる男性のほうが少ないと思う。
世の大半の女性は、自分だけの昼食代なんていかにして安く済ませるかを考えてるんじゃないかな。
自分一人なら納豆ご飯かインスタント麺、たまにちょっとぜいたくでちょっとお高い冷凍パスタかパン屋のちょっと良いサンドイッチ買うくらい。
長崎にいたときもママ友と集まることはあったけど、手作り弁当持ち寄って公園で子供遊ばせながらランチ、コンビニ食ならちょっと贅沢程度の感覚だったけどな。
まあ、世の中にはお金持ちもいるだろうし、贅沢ランチ三昧な主婦もいるだろうけど、遠い世界の出来事です。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

思ったよりひどかった

九州北部豪雨、思った以上に被害が大きいですね……台風の時よりひどい。
同じ福岡県民だけど、被害が大きかったのは大分に近い内陸部。
私が住むところからはだいぶ離れているので、こちらは全く被害が無かった。
しかし、色々考えさせれらますね。
心が痛むけれども、何ができるわけでもなく。募金はしましたけど。
ご冥福をお祈りします、としか言えない。
でも、これからも被災者の方々は避難所生活が続くわけで、これから暑くなると本当に大変だろうなと思います。
早く元の生活に戻れると良いのですが……。

今後うちも家を買う予定があるので、場所選びは大事だなと思いました。
できるだけ子供の学区が変わらない場所でと考えていて、幸い今住んでいる場所は緩やかな傾斜の場所で、あまりがけ崩れや水害に合う地形でもないけど。多分過去にも大きな災害は起こっていない場所。
ここに家を買っても問題ないと思うけど……後は資金面の問題ですね。
人気があるようでちょっとお高い……。

以下はそれとは関係ない、仕事関係の話になります。
長くなるので、大丈夫な方だけお進みください。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

続きを読む »

私は出世できないタイプ

また仕事の愚痴で申し訳ないけど。
先日、
「これ何!? あなたがやったの!?」
的に上司に呼ばれました。
何事かと思って行ってみたら、何かの納品書をほかの社員さんが違う場所に置き忘れてたらしい。
自分がやったものではないことを伝えると、
「じゃあ誰!?」
と言われたので、先ほど納品の業者さんが来られた時、男性社員のAさんが対応していたことを伝えると、その場で工場内に電話する上司。
そして電話でAさんを怒鳴りつけ、電話をたたきつけてプリプリしていた。

そして始まるAさんの悪口。
納品書の置き忘れなんてあり得ないとか、上司が休みの時、代わりにAさんが事務をするのだけど、それが荒くて翌日尻ぬぐいしなきゃいけないとか、何でもあの人は雑だから困るのよ!
とか何とかかんとか。
ちょうど人が辞めて忙しい時期だったし、みんな余裕が無いのもわかってるし。
納品書の置き忘れだって、早く工場内の仕事に戻ろうとした結果置き忘れただけだろうと思ったのでそう口にしてしまったのですが、
「そんなこと言い訳にならんのよ!」
とますますヒートアップ。

正直言って、私はAさんに嫌な思いをさせられたことが無いからつい肩をもってしまったけれど、これは失敗だったなと思います。
自分自身も何か忙しいと別の何かを置き忘れたりするし、あまり責められないなと思ったわけだけど。
言い訳にならないのは確かにその通りだし
こういう時、お腹の中で別のことを思っていても、「本当にそうですよねー」と上司に言える人が出世するんだろうなぁ。
私は処世術って言うか、そういうのが苦手みたいです。
ヨイショするのとか超苦手。正直すぎるらしい……。

さらに最近イラっとしたこと。
私の仕事の中に、商品の写真を撮ると言うものがあるのですが。
割と最近始まった試みで、私はそれがAとBという2種類しかないと思っていました。
ところが、これがA、A´、Bの3種類あることが判明。
しかし、私はそれを知らされてなかった。

AとA´はパッケージは同じで、中身が微妙に違うけれど、見ただけでわかるものではない。
だから私は、パソコンに画像データを落として記録するときにAかBかを書いていたのですが、Aと書いていた物の中にA´が混ざっていたらしく。

「あなた、全部Aって書いてあるけど、この日とこの日はA´なのよ! このノートを確認して!」
と言われたのですが、そのノートの存在もそのとき知りました。
多分上司のいつもの勘違いで、私に説明したと思い込んで話してるんじゃないかと思います。
説明してないことがわかった上でこの物言いは無い。が、上司ならやりかねないか……。
でもそのことを言ったところで上司が何か変わることは無いし、言ったところで「じゃあ次からはちゃんとして!」って言われるだけだし。
そこには触れず、
「AとA´の違いって何ですか?」
と聞いてみたら、
「それはあなたは知らなくていいの!」
だと。
ああ、本当にもうちょっと言い方が何とかならないものかな……。
ただただ「はいはい」って流してればいい、と言った教育係の気持ちがよくわかる……。

この上司が定年するまであと5年くらい。
絶対その前に辞めるわ……。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

離婚確定

うちじゃなくて兄夫婦の話ですが、離婚確定だそうです。
直接的な原因はよく知らない。そんな話はあんまりしないし。
ただ、兄嫁の人柄があんまり……なのは母から聞いて少し知ってるから、まあ仕方ないかなと思う。
兄は旧帝の法学部卒だから法的に間違ったことはしないし、何より曲がったことが嫌いな人だから何かしでかしたとは思えない。
単に性格の不一致か、兄嫁に何かあるんだろうと思う。
どうしても身内よりの判断になってしまうけど、兄嫁よりは長年一緒に育った兄を信じる。

兄は高給取りだけど激務の人で、結婚するにあたって出した条件が
「家事の手伝いはできなから、専業主婦でかまわない。食事だけは手を抜かないでほしい」
だったらしい。
しかし、兄嫁はパートに出ていたし、食事が疎かになることも多々あったらしい。
疲れて帰ってきたらテーブルに6Pチーズのみが乗ってたこともあったとか。
まあ、これは一例に過ぎないけど。

高給取りの夫がいて専業主婦でいいって言われたら、大喜びで結婚したい人もいるだろうけど(兄の容姿は中の下くらいだけど……)、兄嫁はそうではなかったらしい。
私もパート程度で働くほうが気楽だと思ってるし、そこは仕方ない。
しかし、だからって結婚前の約束を反故にして良いとは思わない。
私も現在夫が激務で家事にはほぼ不参加だけど、だからって夕食がチーズのみなんてのはあり得ない。
兄嫁は食にこだわらない人で、私が食にこだわる人間だからって違いはあると思うけれども。
そのかわり私は掃除は手を抜きまくってますが。

そもそも結婚に積極的だったのは兄嫁のほうだったらしい。
それなのにこの手のひら返し。
少し前にネットで読んだ記事だったと思うけれど、こういう離婚が増えてるらしい。
そこそこの家柄の女性で跡取りがいなくて、とりあえず結婚して子供が生まれるまでは猫をかぶってるけど、ある程度子供が育ったらはいさようなら、みたいな事例が。
全部兄嫁に当てはまってる。今頃兄嫁実家で兄嫁とその両親がほくほくしてるんだろうな

兄に責任が無いとは思ってない。
こういう人柄を見抜けなかったのは兄の責任だし(まあ、猫かぶってたのなら仕方ないか)、兄嫁を甘やかした部分も多分にある。
やっと結婚できたから嫁を大事にしないといけないと思っていたんだろうと想像する。
以前書いたけど、うちの実家に来てから気に入らないことがあるとその場ではやり過ごし、帰ってから兄に当たり散らし、兄が母に電話して怒る、と言うことが繰り返されていたと言うし。
ちなみにその内容は、聞いたけど忘れてしまったような「?」って感じのレベルのこと。
部屋にこもって食事以外出てこなかったり、兄と二人だけで出かけたりする兄嫁に気を使って孫の面倒見て過ごしてもらったのにそんな扱いだから、母はそのせいで体調崩したりもしたし。
何か嫁いびり的なことは絶対ない。やったらその場で兄が怒り狂って絶縁してくるから絶対しない。
普段怒らないから怒らせると一番怖いタイプの兄。曲がったことが嫌いだから嫁いびりなんてもってのほか。

離婚するのは正直どうでもいい。問題は子供の親権。
「あんな人間性の奴に子供を渡したくない」
と、兄はもちろん欲しがっているが、あちらも一人しかいない子を手放す気は毛頭なく、兄の勝ち目はゼロ。
4歳の子供では、母親が親権放棄、もしくは虐待などが無い限り母親に行く。仮に女側の浮気が原因でも。
しかも、すでに兄嫁は実家に帰ってしまっているから、あちらでの育児実績も積み重ねられてるので絶望的。

兄曰く、「まるで火事場泥棒のようだ」と表現していたが、とにかく仕事から帰ったら家がもぬけの殻だったらしい。
「あれもこれも持っていかれた」と。
幸いあちらはそこそこ裕福なのでお金には執着せず、通帳の類は持ち出されなかったようだけど、結婚後に買った家具家電などはかなり持っていかれたらしい。
悪意の遺棄ってことで責められないかと思うのだが、素人の私が意見するまでもないだろう。
裁判だか調停だかもするようだし、兄には大学時代の友人で実際弁護士になった人などもついてるし。
しかしそれでも親権はほぼ無理。あとは面会権がどうなるかくらいかな。
私や私の親なんかはもう二度と会えない可能性も高い。

裁判にしろ調停にしろ、年単位で長引くことも珍しくない。
いつ決着がつくかもわからないけど、私にできることは無い。見守るしかない。
結果が出たらブログにあげるだろうけど、何年後になるかな……。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

花粉症? のはずだけど

数か月前、春になったばかりの頃の話。
前提として、我が家にはまだ花粉症を発症した人がいない。
私に至っては、一度耳鼻科で調べてもらったらほぼすべての花粉にアレルギー反応が出たににかかわらず、ほとんど症状は無い。
元々ハウスダストアレルギーがあるので、一年中鼻の調子は良くはないですが。

そんな我が家で、旦那に突然花粉症らしき症状が出た。
目は痒くないけど、水状のさらさらの鼻水が出て頭がぼ~っとすると。
熱はなかったから多分風邪でもない。鼻水がさらさらしてる状況でほぼ花粉症確定。
ちょうど仕事のシフトの関係で早出になったり遅出になったり、不規則な生活になって、朝食を食べずに出て車の中でパンをかじりながら出勤したりなんてことをしていたから、
「とりあえず腸内環境を整えよう」
と提案。
結構前に見たテレビで、腸内環境を整えることは花粉症に効果があると言っていたので。
ヨーグルトや青魚がおススメと言っていたので、毎朝食べてたヨーグルトを復活させて、繊維質の多いグラノーラとかを買って朝食べてもらったり、夕食に青魚を食べさせたりしていたら。

なんと、たった2日で効果あり。と言うか、
「もうなんともない」
と。
それから数か月経つ現在まで再発せず。

食生活とか腸内環境を整えるとか、すごく大事みたい。
重症の人には効かないかもしれないけど、軽い花粉症の人にはすごく効果があるのかも。
効く効かないは個人差あると思いますが、何事もまず食生活って大事だなーと思った出来事でした。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

HOME このページの一番上へ 次のページへ