桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

マリッジリング完成♪

24日、ヘアメイク打ち合わせ後の話です。

マリッジリングが出来上がったということで、2人でとりに行きました。
これです。
06-09-24_19-02.jpg


光が入って、わかりにくいですね(汗)。
撮り方下手でごめんなさい。
縦に1本、横に1本ラインが入ったデザインで、十字に重なるところが上にくるように付けます。

裏の刻印は、「Forever ○to○(←○にはイニシャルが入ります)」にしてもらいました。
日付にするか迷ったのですが、当初は12月に結婚する予定だったので、10月の日付を入れることに迷いがあったことと、10月にするにしても、挙式日か入籍日か迷ったもので。
迷わなくていいように、日付以外のものにしてもらいました。

何のブランドでも無いし、高い物でもありませんけど、プラチナで、私にとっては宝物です。
もともとブランドにはあんまり興味が無い性格なので、全く問題ありません。

チャペルで指輪を交換して、誓いのキスをするところを想像してにやけてます(*ノノ)
とりあえず、指輪は現在私が預かっています。
私の地元で結婚式をするので、万一式場に持って行くのを忘れても、彼と私は前日からそのホテルに泊まっていますが、私の家族は当日に来るので、そのときに持って来てもらえます。
彼の実家になんか忘れてこられた日には、往復何時間かかることやら。

本当に、結婚式まであと数日。
あんまり実感はありませんが、楽しみです♪



応援クリックお願いします☆


こちらもお願いします。



株ビギナーには絶対オススメ!
まずはクリック★

ヘアメイク打ち合わせ

24日の話です。
ヘアメイク打ち合わせ、と聞いて、私は勝手に
「ヘアスタイルとメイクの打ち合わせ」
だと思っていました。
実際は、髪型だけでした。
物知らずです。

私の髪はまっすぐさらさらのストレートで、髪質がかたくて、パーマをかけたこともありません。
ちょっとくせをつけようと、夜寝るときにみつあみにして眠ったこともありますが、翌朝はそれなりにパーマっぽくなっているものの、スタイリング剤をかけなかったら半日でまっすぐストレートになってしまうという頑固な髪質です。
パーマをかけても、かなりかかりにくいのではないかと思います。
カラーリングもしたことがありません。
どこからどう見ても典型的な日本人顔なので、茶色くしても似合わないと思うのです。

今回のヘアメイク打ち合わせで、生まれて初めてホットカーラーというものを使いました。
ほんの数分で、びっくりするくらいくるくるの髪になりました。
でも、ストレートヘアで四半世紀以上過ごしている身としては、鏡に映るくるくる髪の自分がおかしくて、笑ってしまいました。
ダーリンは可愛いって言ってくれたけど……。

昨年末、一度肩くらいまでに髪を切ったのです。
それ以来、美容院には行ってないのですが、
「ちょうどセットしやすい長さで、助かります」
と言われました。

ちなみに、現在の私の髪の長さはこれくらい。
夜撮った写真だから、ちょっと暗くてわかりにくいかもしれませんが……。
06-09-28_19-53.jpg


短い人は付け毛とかもできるようなのですが、髪の色は人それぞれ違うので、どうしても地毛とぴったりの色というのが難しいし、付け毛だと地毛特有のつやがないとかで、やっぱり地毛のほうが雰囲気が良くなるらしいです。

結婚式の予定がある方は、式の日に向けて、セミロングくらいに伸ばしておいたほうがいいかもしれませんね♪



応援クリックお願いします☆


こちらもよろしくお願いします。



化粧品メーカーが語る、正しいスキンケア!
今の化粧品に満足していない方は、ぜひごらんください。

父に報告しました

24日の話です。
23日に最終打ち合わせが終って、その日、彼はうちに泊まりました。

父に報告したのは、私の妊娠のことです。
本当は、結婚式が終るまで黙ってようかとも思いました。
でも、知ってる友人もいるし、結婚式の最中、どんな形で父の耳に入るかわからない。
やっぱり、きちんと報告するべきだし、報告するなら彼がいるときがいいということになりました。


24日の朝、ヘアメイク打ち合わせに出る前。
「ちょっと話したいことがある」
と父に声をかけ、彼と2人並んで正座して、父に妊娠のことを報告しました。

結論から申しますと、



特に怒られもしませんでした。



まあ、もすぐ挙式ですからね。
「そうか、わかった」
という程度で、怒ってもいないけど喜んでもいない様子でした。

何かとんちんかんなことは言ってましたけどね。
「帰りが遅いときがあるから、そうじゃないかと思った」
とか何とか。

遅いと言っても、23時にはちゃんと帰ってたし、それにそういうときはだいたい友達と飲んでるときだし。
まあ、父も突然の告白に混乱してたのかもしれません。

怒れらなくてほっとしたものの。
その後全くそのことに触れることもなく、気遣ってくれることもないので、もしかして忘れてるんじゃないかと心配な今日この頃です。
あの父なら有り得る話です……。



いつもありがとうございます。応援クリックお願いします☆


こちらもよろしくお願いします。



私も使ってる簡単アフィリエイト☆

今更だけど……

24日にアップした、「今度こそ最終打ち合わせ」に寄せられたコメントを見て、もっとインパクトのある音楽を選べばよかったなぁと後悔中です。

競馬のファンファーレ&ゲートが開いた効果音、F1のテーマ、アントニオ猪木の入場テーマなんかが入場曲に使われるなら、私は




ドラえもんのオープニング曲を使えばよかったなぁと。



「あんなこといいな♪ できたらいいな♪」
っていうあれですよ。
あれって、けっこう出だしにインパクトあるし、大人でも子供でも知ってるし、最初の不可思議な効果音は、いかにも「出てきたぞ!」って感じするし。
入場にぴったりだと思いませんか?

「不思議なぽっけでかなえてくれる♪」
で、ダーリンがポケットから何か出して(鳩でも何でもいいから)。
「空を自由にとびたいな♪」
では、ダーリンが私を抱えて走る。
けっこういいと思うんだけどなぁ。

まあ、もうお願いしてしまってるから、今更変更する気はありません。
2回目の結婚式のときはあれにしようかと(ぁ)。



そんな話はさておき。
本日は寝不足です。
昨夜は席次表と引き出物をまとめていたので、本当に大変でした。
母と席次表をまとめ、彼に電話してまたやり直して、夜遅くまで席次表と向き合っていました。
そして朝は早く起きて、再び母と話し合い。
かなり疲れました。
今までは、結婚式準備で嫌なことってあんまりなかったけど、これだけはきつかったです。
私の従兄は、奥さんと意見が合わずに何度もけんかして、結婚式を何度もやめようと思ったそうです。
彼と私はけんかをしたことはありませんでしたが、今回の席次表ではちょっともめました。

どうしてもめたかと言うと。
数日前に書いたように、彼の親戚の出席が少なくて、席がうまらなかったのです。
私はそれから色んなところにお願いして、急な話にもかかわらず、職場の方が何人か出席してくださることになりました。
私はただの契約社員なので、普通ならそんなことは頼めない立場です。来年の3月で契約も切れるし。
私の場合、課長が大変いい方で、課長が職場の方に呼びかけてくださって、課長と係長と数名が出席してくださることになったのです。
課長には足を向けて寝られません。
それでどうにか格好がついたのですが、出席者の2/3以上が私の関係者ということになりました。
私はそれでほっとしていたのですが、母がその状況に大変不服なのです。

「あんたが走り回って人を集めてた間、彼は何してたのよ」
「親戚の出席が少ないってことは、普段の親戚付き合いをちゃんとしてないってことでしょ」
「だいたい、彼の努力が足りない。世間知らずって言うか考えが甘いっていうか、結局あんたが苦労してるじゃないの」

本人に言ってくれないかな、という文句を、ぐちぐちと私に言うのです。
「どうして本人に言わないのよ」
と言っても、
「本人に言えないからあんたに言うんでしょ!」
と返ってくるだけだし。

彼の悪口を言われて、それで私の機嫌がいいはずがなく。
彼に対して、つい愚痴っぽくなってしまうし。
それでちょっともめましたけど、どうにか出来上がってほっとしました。

職場の方を急に呼ぶことになった関係上、ちょっと友人席も変更が出ました。
10人まで座れる円卓をいくつか並べる形なのですが、短大の友人が8人出てくれるので、8人同じテーブルに座ってもらう予定だったのです。
しかし、職場の方が4人なので、4人で1テーブルというわけにもいかず、短大の友人4人と相席してもらうことになりました。
そして残り4人と、別の友人6人が同じテーブル。
それから、私の友人2人に、新郎側の友人席に座ってもらうことに。年齢的に彼と近い男友達2人にお願いしました。
ごめんね、みんな。

やっと今日ポストに投函したので、本当に出来上がりはぎりぎりです。
あとは、できあがりに名前のミスがないことを祈るばかりです。



応援クリックお願いします☆


こちらもよろしくお願いします。



安くて可愛いアクセサリー、新作がたくさん!
ぜひのぞいてみてください☆

今度こそ最終打ち合わせ

9月23日(土)の話です。
この日が本当の最終打ち合わせでした。

音楽を編集してくれる方、司会進行役の方、写真撮影をしてくれる方との打ち合わせでした。

個人的には、音楽の打ち合わせが楽しかったです。
使いたい曲があったらCDを持って来てくださいと言われていたので、私も1枚持って行きました。
基本的に彼にお任せしようと思っていて、彼にもそう伝えていたので、彼は4、5枚持ってきていました。

彼が使いたいと言った曲をみんなで試聴したところ、再入場&キャンドルサービスの音楽向けだと担当の方に言われたので、そちらから先に決めることになりました。
どちらかと言うと、しっとりした音楽。
そして最後のメインキャンドル点火のときに、盛り上がる音楽に変わるように、という感じで、その盛り上がりの曲も彼が使いたい音楽から選びました。
ただ、その2曲だけでは足りないだろうから、つなぎの曲は担当の方に決めてもらいました。
1曲目のしっとりした曲に合わせた曲調のものを選んでもらいました。
本当に聞いたときの曲調だけで選んだので、かなり適当。

そして、その後に最初の入場曲を選ぶことに。
再入場&キャンドルサービスがしっとりした曲なので、メリハリをつけるために、最初の入場はインパクトのある曲を選んだほうがいいとアドバイスを受けました。
それは、私が使いたいと思っていた曲がぴったりだったので、それを編集していただくことにしました。
編集というのは、入場の曲によりふさわしくなるよう、鐘の音とかを入れてくれるのだそうです。

かなり明るいノリのいい曲調の曲だったので、母は、
「最近は、こんな音楽も使うんですか?」
と心配そうに担当の方に聞いていたけど、
「最近は、ロックでも何でも使われる方はいますよ」
とのお返事でした。

最後まで迷ったのは、1番最後の新郎の挨拶の後、皆様に退場していただくときの音楽。
もう使いたいと思って持って来たものがなく、担当の方が持ってきていた結婚式向けの様々な音楽を聞かせてもらい、その中から
「これ」
と思うものを選びました。
楽しい気分で帰っていただきたい、ということで、こちらは誰もが1度は聞いたことがある、思わず踊りだしたくなるような元気で明るい曲。


でも、かなり意外だったのは。
「誰の何という曲を使いたい!」
という主張をするべきなのかと思っていたら、その場その場に合った曲を、プロの方がいくつも聞かせてくれて、その中から選べるのですね。
だから、聞いたことはあるけど知らない曲、というのもいくつか使うことになりました。
きっと、こだわる方は全部こだわるのでしょうけど。
私も彼も、それほどのこだわりは無く、結婚式の雰囲気を壊さなければいいかなぁという程度なので、わりとすんなり決まったほうではないかと思います。

司会進行役の方、写真撮影をしてくれる方との打ち合わせも滞りなく進み、あとは本番あるのみです。
全部ぶっつけ本番ってところが不安ですが、ほとんどの方がそうしているわけだから、大丈夫ですよね。多分。
本番まで、本当にあと少しになりました。
色々あるけど、負けずに頑張ろう!



式まであと少し。応援クリックお願いします☆


こちらもよろしくお願いします。



ガレッジセールのカワちゃんも10キロ痩せた究極のダイエット!!
まだ間に合います!!

またトラブル発生

もうええっちゅーんじゃ、と言いたくなるくらい、トラブル続きです。

さて、挙式日まであと数週間しかない今日になって、彼の親戚の出席が少ないことがわかりました。

今になって、人数が少なすぎて困っています。
昨日書いたように、彼の赴任先が変わったわけですが。
変わることは前々からわかっていたので、彼の職場の人は呼んでいなかったのです。
新しい赴任先の人を呼べたら、と思っていたのですが、思ったより赴任先が決まるのが遅く、そちらに行くのも遅くて、新しい赴任先の人も呼びにくい状況です。

しかも、空いているテーブルは新郎側の席。
私の知人を増やすことはできるけれど、座ってもらう席が……という状況。
でも、なんとかしないと、せっかくの高いお料理がもったいない!

明日はまた打ち合わせ(前回が最終だと思ってたらまだありました)、明後日はヘアメイク打ち合わせです。
またしっかり話し合ってこないとな……。



おかげさまで結婚までの道のり1位。ありがとうございます。


こちらもお願いします。



あなたもFC2ブログ、始めませんか?
初心者の私も簡単でした☆


久しぶりに

ちょっと嬉しい話です。

彼の仕事は本社が熊本にあって、そこから派遣されている形になるのです。
彼の派遣先は、宮崎か鹿児島になる予定だったのですが。

派遣先が変わることになり、その場所が、

福岡に近くなりました。

1時間もあれば博多に出られるし、1時間半くらいで実家にも帰れます
福岡県内の友達にも、すぐに会いに行けるし
すごく嬉しいです☆

海外出張も入るようになるらしいから、その間は実家に帰るか、友達と遊ぶかしようっと。
本当は、海外出張について行けたら一番いいのですけどね♪



おかげさまで、結婚までの道のり1位☆ ありがとうございます。


こちらもよろしくお願いします。



安心・快適なNTTPCのレンタルサーバー!

八方塞……

しばらく前に、母が兄に結婚式の招待状を送っていました。
兄が私に対して怒っていることを知っていたので、手紙を添えて送ってくれたようです。
内容は私は見ていませんが、怒る気持ちもわかるし、許せない気持ちもわかるけど、許してあげてほしい、結婚式には出席してほしい、という内容だったようです。

1週間以上経っても返事が無いので、私がメールを送りました。
申し訳ないと思っていること、兄のおかげで結婚が実現した感謝の気持ち、一生に一度のことだし、この世で2人だけの兄妹なのだから、やっぱり結婚式には出席してほしい……という内容でした。

2日経って、やっと返事がきました。
内容は、私にとっては思わしくないものでした。

要約すると、怒りを通り越して呆れている、祝福する気は無い、祝福する者が出席するべきだから結婚式には出席しない、私はもちろん、特に彼の顔を見たくない、という内容でした。

そのメールは、母にも見せました。
母も驚いているようでした。

その夜、母は私の携帯から兄の携帯に電話をかけ、ずいぶん長いこと話しこんでいました。
それでも、やはり説得は難しかったようです。

「お金が無くて結婚するのだから、子供のことはよく考えるようにと、会ったときに釘を刺しておいたはず」
そう言われたようです。
確かに、兄に彼と会ってもらった5月、そんなことを言われていました。
やはり、兄はそのことを許せずにいるのです。
ちゃんと言っておいたはずなのに、なぜ守らなかったのか、と。
理由はどうあれ、忠告を無視した形になるのですから、兄の怒りも理解できます。

そうなると、また彼に対する怒りがわいてきました。
だから、あんなに言ったじゃないか。
危ない次期なんだから、避妊だけはきちんとしてほしいって。
一緒に泊まるのだから、したくないと言ったわけではないのです。
ただ、するならちゃんと避妊だけはしてほしいと、何度も何度もお願いしたのに、
「1度くらいでできるはずがない」
という彼の軽い気持ちのために、こんな状況を作ってしまった。

たった1度、彼の気持ちを満足させるために、私が支払った代償はあまりにも大きすぎました。
結婚式は前倒しになって満足な準備もできず、母と兄の信頼を失い(まだ父には話していません)、仕事をいつまで続けられるかもわからず、職場での信頼だっていつ失うかわからない。
いくらつわりが軽いとは言え、1日中吐き気と戦いながら仕事をしているときもあるし、精神的にも肉体的にも辛い状況です。

私は彼に隠し事ができる性格ではないので、だいたいのことは話しています。
少し抑え目に、ですが。
でも、精神的にも肉体的にも辛い状況から、彼に怒鳴り散らす元気もなく。それができれば、まだマシなのかもしれませんが。
電話で冷静に、彼に現状報告をしている状況。
そっちのほうがタチが悪いかもしれません。

だけど、何を言ったところで状況は何も変わることはなく。
そして、彼も謝罪の言葉を繰りかえすことしかできない。
それならば、何も言わないほうがいいのかもしれないけど、現状は伝えておくべきだし。



それにしても。
兄が許してくれるのは、何年後になるだろう。
一生許してもらえないかもしれません。
結婚式に出てもらうのは絶望的な気がします。

でも、兄は後悔しないのでしょうか。
一生に一度の妹の結婚式(になる予定)なのに、出席しないで。
後悔する人でもないし、後悔したところで表に出す人ではないような気もしますが。

父と言い兄と言い、私は家族の情愛に恵まれない運命なのかもしれません。
これから自分が作っていく家族に期待するしかないかな。それすらも駄目なのかな。
今は、肉体的にも精神的にも辛くて、頑張ろうって気力もわいてこないけど。
今は、ほかにやるべきこともあるし。
無理はしないようにしよう……。



おかげさまで、結婚までの道のり1位☆ ありがとうございます。


こちらもよろしくお願いします。



ブログをお持ちの方。
簡単アフィリエイトを始めませんか?


昨日のけんか、今日のけんか

別に彼とけんかしたわけではなく、家族内でのけんかなので、愚痴になると思いますが、それでよろしければ御覧ください。
見たくなければ、スルーしてください。


おかげさまで、結婚までの道のり1位☆ ありがとうございます。


こちらもよろしくお願いします。



可愛い! レンタルサーバー☆
ちょっとのぞいてみてください♪

続きを読む »

新婚旅行は誰と行く?

現在、台風直撃中。外は暴風雨です。
皆様のところは、大丈夫ですか?

さて、午前中はまだ風が強くなかったので、図書館と買い物に出かけていました。
色々あっても結局母と一緒に出かけてるし、帰って来たら一緒にテレビ見ながらあーだこーだと話をしてるし、結局仲良しなんだよなぁ。

なんかもう、お父さんと一緒に歩いてもいいかなぁと思い始めています。
母には勝てません。

その代わり、条件をつけました。
その条件とは。



新婚旅行の旅費を出してくれること。


今日、丁度テレビで、ニューカレドニアの旅行番組があってたのです。
すっごく海が綺麗で、母と
「行きたいよね~」
って話になったのです。

「妊娠しちゃったから新婚旅行いけないけど、こういうところに行きたいなぁ」
私がそう言うと、
「出産後に一緒に行こうか」
ということになりました。

まだ妊娠がわかる前に、彼の休みがとれるかどうかわからないから、新婚旅行が無理かも、とかいう話になったとき。
「お母さんと2人で行こう!」
って母が言ってたのです。

その延長とでも言うのか、妊娠して旅行が難しくなってしまったし、出産後に一緒に行こうと言い出したわけです。
それも悪くないかなぁと思いました。
だって、子供置いて2人きりでってわけにはいかないし。
2人きりになりたいときは、母に
「ちょっとだけ見ててね♪」
って子供を預けて行けばいいし。
買い物は女同士のほうが楽しいから、彼に子供を預けて母と2人で買い物するのもいいし。
旅費を出してもらえるなら、彼も文句は言わないでしょう。多分。

ただ、問題は泊まるところかな。
母だけ1人部屋だとかわいそうだし。
でも、やっぱり部屋は夫婦2人(プラス子供)がいいしなぁ。
ま、そのとき考えることにします(←結局根がのんき)。



さて、余談ですが、今日のニューカレドニアを見ていて、ふと思い出した四こま漫画があります。

ニューカレドニアって、「天国にいちばん近い島」という映画の舞台になった場所らしいです。

その四こま漫画の中で、数人がテレビを見ていて、南の島のCMが流れているのです。
「天国にいちばん近い島」というキャッチフレーズで。
すると、テレビを見ていたうちの1人が、
「南の海は危険だ。刺されると即死する貝(ちょっとうろ覚え、違うかもしれません。珊瑚だったかな)が生息しているんだ」
とか何とか言うわけです。
すると、別の人が、


「まさに天国にいちばん近い島……」


と。
「意味が違うわっ!」
と、大笑いしました。

でも、あんな綺麗な海には行ってみたいなぁと思いました。
さすがに、刺されて死んでも本望だとは言いませんが。
1度は行ってみたいと思います。



おかげさまで1位。ありがとうございます♪


こちらもよろしくお願いします。



(株)ジェム・ケリーより、『倖田來未』モデルのアクセサリーが当るプレゼントキャンペーン!
応募者全員プレゼントもあります♪

体調不良の原因は

昨日はとても体調が悪かったです。
と言っても、「気持ち悪いなぁ」と思いながら横になってただけなのですが。
そろそろ、3ヶ月目に入ります。遠距離で会った日が限られてるので、そういうのがわかりやすいのは利点……なのかな。
今日も良くはないです。

でも、3ヶ月目に入ったから体調が悪くなったわけではなく、精神的なところに問題がある気がします。
昨夜は彼と電話しながら、だいぶ泣いてしまいました。

でも、もうどうしようもないなのかなぁ。
私が我慢さえすれば、それで済む話なのだし。
親の性格を変えるのは難しいし。

でも、私の結婚式なんだけどな。
一生の思い出になるんだけどな。
妊娠初期で心身ともに不安定なこの次期、どうしてこう問題ばっかりなんだろう。
楽しいはずの結婚式準備で、どうしてこんな悲しい気持ちにならないといけないんだろう。
でも、結婚式はしたいし。

唯一の救いは、彼が理解を示してくれることかな。
早く彼に会いたいです。



私たちと子供を、応援してください。


こちらもお願いします★



肌にうるおい、足りてますか?

もう嫌だ……

今日は、すごく怒ってます。
嫌な話は聞きたくない人はこのままお帰りください。


おかげさまで1位です。ありがとうございます♪


こちらもお願いします★



あなたの出会い力を無料診断!
素敵な出会いはここから♪

続きを読む »

誰の弟?

10日、日曜日。
彼がお母さんに電話をして、昨日の打ち合わせで決まったことや、これから決めないといけないことの話し合いをしていました。
切りが良さそうなところで、
「代わって」
と伝えました。彼は、
「あ、ちょっと挨拶してもらうから」
と言って、私に電話を渡したのです。
すると、電話の向こうから、かなり焦ったお母さんの声が。
「こんにちは、ご無沙汰してます、お母さん。お元気ですか?」
と、挨拶すると。
「えっ!? あ、その挨拶だったのね」
と、安心した様子でした。
結婚式の話の最中で、「挨拶してもらうから」と言われたので、どうやら結婚式で挨拶をしなければならないと思ったらしいです。
お母さんの慌てぶりが可愛かったです。

結婚式が前倒しになって、いろいろ慌しくなってしまって申しわけないとか話したり、体調は大丈夫かとか聞かれたり。
そんな話から、小学生の弟さん2人が、最近テレビに赤ちゃんが映ると、うちの姉ちゃんがどうとかこうとか、とよく言ってるらしいのです。
彼とその弟さんたちの間に中学生の女の子がいるから、その子の話をしているのかと思っていたら、
「違う、1番上の姉ちゃんだよ」
と言っていたのだそうです。
つまり、私のことですね。
何だか、すっごく嬉しかったです。
1度会っただけなのに、もう「僕たちのお姉ちゃん」として扱ってくれるのですね。

嬉しいということを伝えて電話を切った後、そのことを彼に話すと。
そういえば、こんなことがあったと話してくれました。

私と彼のご家族が初めて会ったすぐ後、まだ妊娠がわかる前。
1番下の小学校3年生の弟さんが、こう言ったそうです。




「僕の弟、いつ生まれるの?」

って。
「いや、お前の弟じゃなくて、生まれたらお前はおじさんになるんだぞ」
と言って聞かせたけど、どうやら理解してくれなかったようで。
1番下の弟さんは、私が産むのは自分の弟だと信じているようです

何て言うか、ものすごく可愛い発想ですよね♪
子供のこの無邪気さと言うか、素直さと言うのか、そんなところが堪らない
大人はこうは行かないからなぁ。
子供ができたからって、素直に喜んでくれるわけではなく、怒られたり責められたり。もちろん、それは次期が悪かったからで、結婚した後なら喜んでもらえたのだろうけど。
そんな中で、世間体とか何とか考えずに素直に喜んでくれる存在は、とてもありがたいものです。

そういえば、彼と1番下の弟さんとは13歳離れているけど、私が来年この子を出産したら、1番下の弟さんとこの子は9歳しか離れてないわけで。
兄と弟よりも、伯父と甥(姪?)のほうが年が近いのだから、弟として可愛がってもらえるのなら、嬉しいことですよね。
まだどちらなのかはわからないけど、女の子だったらがっかりされちゃうのかな。

でも、昔の大家族ではこんなことって珍しいことじゃなかったのかもしれませんね。
伯父と甥が同学年とか、下手したら甥のほうが年上とか。
最近では珍しい話なんだろうなぁ。

何にしても、可愛がってくれる人がたくさんいるのはいいことだし。
私は2人兄弟だったから、大家族って賑やかで楽しそうだと思ってたし。
もちろん、いいことばかりじゃないだろうけど、彼は長男で、私は長男の嫁になるわけだし、仲良くやっていけたらいいなぁと思います。


私と子供に、元気をください。


こちらもお願いします。



秋の新作ブーツがお買い得!

眠っているときの出来事

9月9日の夜から10日の朝にかけての出来事です。
最初は普通に寝てたのですよ。
ところが、夜中。
彼が、私のほうに寄って来て、何かぶつぶつと言ってるのです。
私も半分眠っていたから、最初は彼が何を言ってるのかわからなくて。
でも最後に、
「無理だよぉ」
と言ったのは聞こえました。
(何が?)
と思った瞬間、彼はもとの位置に戻り、寝息を立て始めました。
どうやら、寝言を言っていたようです。

翌朝、そのことを彼に伝えると、
「そういえば、仕事の夢見てたような気がする……」
と言うので、おそらく大変な仕事をしている夢でも見ていたのでしょう。

そして、
「そういうハニーだって、夜中は静かだったのに、明け方いびきかいてたよ」
と言われました。

きゃあああああ~~~~~~!
恥ずかしいっ!!!!!

「やだやだ、恥ずかしい! それはダーリンの夢よ!」
「夢じゃないよ。それに、寝言のほうが恥ずかしいよ」
「そんなことない、いびきのほうが恥ずかしい!」
「俺は寝言のほうが恥ずかしい……」
と、変な言い合いになっていました。
結局、
「いびきかいてても、ハニーのこと好きだから」
「寝言いっても、ほかの女の名前とかじゃなかったら別にいいから」
ということで決着がつきました。


それから、もう1つ妙なことが。
いえ、これは私が変なだけなのですけど。
この日、彼はパジャマを忘れて来ていて、トランクス1枚で私の隣に寝てたのです。
朝、1度トイレに行って戻ったときに、タオルケットはちゃんと着ていたのだけど、彼の胸から上、肩や腕がむき出しになっていて。
それを見た私は、なぜか、


「人魚姫が寝ている……」

と思ってしまったのです。

彼は背は高いけど華奢だし、彫りの深い顔をしているし。
このときはちょっと髪も伸びていて、なんだか女性っぽく見えてしまったのでしょうね。
海やプールで男性の上半身なんか見てもドキドキしないけど、このときはなんだかとってもドキドキしてしまいました。

自分の変態っぷりを自覚しました。
前からそう思ってはいましたけど、改めて自覚しました。



こんなバカップルですが、応援してください。


こちらもお願いします。



株ビギナーには絶対オススメ!
まずはクリック★

擬似新婚生活

おかげさまで、「結婚までの道のり」の1位から5位をさまよっています。
今日は1位でした。
皆様のおかげです。
見てくださって、クリックしてくださって、本当にありがとうございます。
今後もよろしくお願い致します。


9月9日(土)の続きです。
打ち合わせが終って、衣装合わせに行く前に、昼食をとりました。
ホテル内のカフェで、スープとサラダとサンドイッチのセットを頼んだのですが、私がスープにミネストローネを頼んだのです。
その上、出てきたものを全部食べてしまったので、
「本当に妊娠してるの?」
と、母に呆れられてしまいました。

ミネストローネは野菜がたくさん入ってるから、栄養のバランスを考えて注文したのですが、つわりがひどかった母は、トマトベースのスープが飲める妊婦が信じられないそうです。
確かに、間もなく3ヵ月になるというのに、この日はとても体調が良かったです。
久しぶりに彼に会えたからでしょうか。

ドレスの試着でお腹を少し締め付けても、なんともなかったし。
本当に、親孝行な子です。
子供は親を選んで生まれてくる、と言う人がいます。
親となる人が、自分の親としてふさわしいと思うから、選んで生まれてくるって。
本当かどうかなんてわからないけど。
でも、もし本当なら。
私を母親に選ぶくらいだから、きっと手のかからない良い子なのでしょう。


この日は、彼はうちに泊まりました。
夕食の後は、2階で2人だけで過ごしました。

私が自分のお腹をとんとんと叩いて、「触って」とジェスチャーで示すと、なぜか彼は触る前にお腹に耳を当てました。

「何か聞こえる?」
と聞くと、
「う~ん、消化してる音が聞こえる……」
と。
まあ、食べたばかりでしたからね。
まだ、心音が聞こえたりはしないようです(笑)。

でも、私の膝の上に頭をのせた彼が愛しくて、髪を撫でていました。
私が望んでいた「新婚生活」が、そこにありました。
彼が私のお腹に手を当てたり、耳を当てたり。
夫婦で子供の誕生を心待ちにしている、普通で暖かい家族の姿。

嬉しくて、愛しくて、胸がいっぱいになりました。
1日だけの、新婚生活の疑似体験。
こんな毎日を、私は夢見ていました。
1日だけだったけど、かなえてもらいました。
本当は、こんな生活を毎日積み重ねて行きたかったけど。

夜は、私のベッドの横に布団を敷いて、彼はそこに寝ることになっていました。
ベッドに2人だと落ちるかもしれないので、私が枕を持って彼の布団に入り、腕枕してもらって眠りました。

真下の部屋で父が寝ているので、何もできませんけど。
眠る前に何度もキスをして、お腹を撫でてもらって。
彼が早朝から出てきてくれているので、早目に休みました。

眠っている間にも色々あったのですが、それはまた明日書こうと思います。


私の決意を応援してください。


こちらもよろしくお願いします。



化粧品メーカーが語る、正しいスキンケア!

最終打ち合わせ

9月9日、土曜日。
妊娠がわかった後、初めて彼に会いました。
結婚が前倒しになったことで、打ち合わせを急がないといけなくなり、今後のデートは全部打ち合わせ絡みです。

この日もそうで、遠くから来る彼は少し遅れてホテルに到着。
ちなみに私は母と一緒。
まだ不安定なこの次期、仕事以外での1人での外出を禁止されており、遠出のときは母が車で送迎してくれるという徹底振り。
1人で公共の乗り物に乗せるのが不安なのだそうです。
子供に戻ったような気分です。

かなり詰めた話し合いをしないといけないので、奥の個室に案内されました。
20分ほど遅れて彼が到着。

顔を見るまでは、すごく不安でした。
彼に冷たくしてしまいそうだとか。
嫌な気持ちをぶつけてしまいそうだとか。
険悪な雰囲気で話し合いが進むんじゃないかとか。
私の気持ちの問題なのですが……。

でも結局、顔を見るとそんな気持ちはどこかに消えてしまって、話し合いの最中もずっと手を握ってました(*ノノ)


この日の話し合いは、どんな結婚式にするか、だいたいの流れを決めました。
子供の頃の写真を使って新郎新婦の紹介ビデオを作ろうかという話もあったのですが、残り1ヶ月では無理ということで断念。
料理、式で使う音楽、友人に頼む余興、キャンドルサービスのやり方など。
最近はキャンドルサービス1つとっても、かなり多様化していて、どれにするか悩んでしまいました。
主賓祝辞は誰がいいか(新郎側の本人より目上の身内がするそうです)、乾杯の挨拶は誰がいいか(新婦側の本人より目上の身内がするそうです)、なんてこともだいぶ悩みました。

それ以外にも、会場の雰囲気、テーブルクロスの色や花の飾り、私が持つブーケ、その場の話し合いでブーケトスもすることにしたので、トス用のブーケ、などなど。
チャペル挙式をするので、ブーケトスかブーケプルズ(未婚女性の人数分リボンを用意して、1本だけをブーケに結び付けて、1人1本リボンを握って一斉に引っ張るイベント。くじみたいなもので、イベントとしては盛り上がるらしいです)か迷ったのですが、未婚女性の人数が10人前後になりそうだと伝えたら、
「ブーケプルズだとリボンが絡むかもしれません。それくらいの人数なら、ブーケトスのほうがお勧めです」
と言われました。

トス用のブーケは金額が一律だったのですが、私が持つブーケはちょっと節約しました。
と言っても、花そのものは豪華。
ただ、ウエディング用とカクテル用、2つは作らなかったのです。1つだけにしました。
ブーケ用の花って、安くても2万くらいするのです。
普通の花屋よりもずっと高いです。
その日に向けて、1番綺麗な状態にしておくので高いのだとか。

余興に関しては、私は友人にスピーチ(1人)とエレクトーンの演奏(1人)をお願いしていたのですが、もう少し時間がありそうでしたので、もう1人歌をお願いしました。
その人は、前から歌を聞かせるという約束があったもので。

あと、受付を2人と言われたのですが、それも予想していたので近場の友人にお願いしていました。
早く行かなければいけないのでは……と思っていたので近場の2人にお願いしていたのですが、挙式と披露宴の間に、披露宴会場前に立ってもらうということで、そんなに急いで来てもらう必要はなかったようです。
ちょっと予想外でした。
結婚式の経験と言うのが、高校生までに親戚の結婚式に何度か出ているだけなので、ほとんど記憶に残ってないのです。

そして、母の強い希望で、デザートビュッフェをすることになりました。
何年か前に親戚の結婚式でそれがあり、とても良かったのだそうです。
私は出席していないので、何とも言えないのですが。
通常ならお1人様につきプラス2千円になるらしいのですが、コースに入っているデザートをキャンセルすることになるので、お1人様につきプラス千円でいいとのこと。
60人ちょっとの予定だから、プラス6万ちょっとだし、多分出席者は喜んでくれるでしょう。
やっぱり、わざわざ来てくれる人達には、最高のおもてなしをしてあげたいですからね。
そのために、お料理のランクが高いプランを選んだのですから。
フォアグラだの牛フィレステーキなど、お料理はかなり期待できます。

それはさておき、のんびりしている彼は、まだ友人全員に結婚式のことを伝えていないのだとか。

あと1ヶ月しかないのに!!!!!

私なんて、早い人では土曜日から出席の返信はがきが届き始めていますが、彼はまだ送ってもいないのです。
スピーチくらいは頼めると思う、ということだったのですが。
そういうわけで、余興の1つは彼がすることに(笑)。
新郎が1番最後に余興をするのは珍しくないそうです。
1曲歌ってくれるらしいです。

しかも、彼が
「スマップのらいおんハートとか……」
と言ったので、母が大喜び。
「あの曲を新郎が花嫁のために歌ってくれると、親としては嬉しいわ~~~♪」
とのこと。
私も嬉しいです

新郎は、最後に締めのご挨拶もしないといけないのですけどね。
そういう意味では、女のほうが気楽です。


話し合いが思った以上に長引いて、衣装の小物あわせに遅れてしまいました。
ちゃんと打ち合わせの方が衣装のほうに報告してくれていたので、助かりました。
小物合わせ、髪形などもスムーズに決まったのですが。
前回少し余裕があったウエディングドレスが、今回ぴったりになっていたので焦りました。
あと1ヶ月、これ以上お腹が大きくならないといいのですが……。
カクテルドレスはだいぶ余裕があったので、式当日も大丈夫と思われます。

式まであと1ヶ月。
慌しいけど、大丈夫なのかなぁ。
来てくれる人達に失礼の無い、ちゃんとした式にできるかなぁ。
現在は、ほかの意味での不安が出てきています。
でも、今更やめるつもりもないし、精一杯頑張ります。


私の決意を、応援してください。


こちらもよろしくお願いします。



私も使ってる簡単アフィリエイト☆

彼の存在

久しぶりに彼に会った。
妊娠がわかってから、初めて顔を合わせた。

彼の顔を見たとたんに、不安も嫌な気持ちも消えた。
とても不思議な感覚だった。

やっぱり私には、彼が必要なのだと感じた。
詳細は、また明日書きます。



私の決意を応援してください☆


こちらもよろしくお願いします。



安くて可愛いアクセサリーがたくさん!
ぜひのぞいてみてください☆

あの坂を越えれば……

追い詰められた精神状態のときは、厳しい言葉を受け止めることができない。
最近、そう実感する。

私だって、早く気持ちを切り替えなければと、毎日必死だ。
好きな人と結婚できることは幸せだと。
好きな人の子供が産めるのは幸せだと。
そう思う人もたくさんいるだろう。
だから、私もそう思い込もうとしている。
実際、それは幸せなことなのだろう。

でも、時期が悪いことで周囲から責められ、心無い言葉を浴びせられる度に、そんな気持ちはどこかへ行ってしまい、また陰鬱な気分になる。
一生懸命幸せだと思い込もうと、気持ちを切り替えようとしているけど、私の苦しみを理解してくれない人の心無い言葉が容赦なく私を責め立てる。

確かに、私は幸せなのかもしれない。
好きな人と結婚できて、その人の子供が産めるのだ。
でも、こうやって責められて、苦しみを理解してもらえずにいることは、果たして幸せなことだと言えるのだろうか。


あの坂を越えれば海が見える。
中学1年の教科書の1番最初に載っていた話だ。
地域や学校、年代によって使う教科書は違うだろうから、知らない人もいるだろう。

何かを胸に抱えている少年が、海を見たい一心で歩き続ける話だ。
「あの坂を越えれば海が見える」
と、寝物語に聞かされていたのを頼りに歩き始めたものの、「あの坂を越えれば」というのはしごく大雑把な説明で、いくつも坂を越えても、目の前には再び下り坂と、その先に上り坂が見えるのみ。
途中で諦めそうになりながらも、それでも歩き続ける少年。

あの話は、人生そのものを表現したものだと私は思っている。
最近、あの少年と自分を重ね合わせる。
最終的には、あの少年は海にたどり着けたのだろう。そう思わせる終わり方をしていた。
それに対して、私はどうだろう。

あまり恵まれた人生を歩いているとは言えない。
家庭でも学校でも仕事でも辛酸を舐めて、それでも負けずに頑張っていた。
あの少年が海を目指して歩いていたように、
「辛いのは今だけ。この苦境を乗り切れば、きっと幸せになれる」
そう信じて頑張って、人生を前向きに歩き続けてきた。

頑張った結果、「愛する人との結婚」だけは勝ち取った。
でも、目の前に見えていた私が理想とする結婚生活は、もう一生かなわない夢となってしまった。
海が見えていたと思ったら、それは蜃気楼でしかなかったようだ。

どんなに頑張っても、私は自分が望む幸せとは縁が無い人間なのかもしれない。
何があってもくじけずに頑張っていたけれど、神様は乗り越えられない試練は与えないと言うのだから、乗り越えられる壁なのかもしれないけど。
それでも、こう上り坂ばかりだと、乗り越える力があっても気力が先に萎えてしまう。

どこまで行けば、海にたどり着けるのだろう。
否、もうたどり着けない。
私が望む幸せは、もう手に入らない。
それならば、転がり落ちても同じこと。

それでも、私は幸せだと言う人もいるだろう。
でも、目の前に広がっていた海が、順調に行けば手に入るはずだった私の望む生活が、蜃気楼のように消えてしまった落胆は、やはり他人には理解しえないだろう。

それでもなんとか気持ちを切り替えようとしていて、しばらく順調なときがあっても、たった1つの心無い言葉で気持ちはあっという間に逆戻りしてしまう。
きっかけは、あまりにもささいなことだったりする。


ここから落ちたら、楽になるのかな。
と、階段の上で足を止めて。
今飛び出せば、車にひかれるな。
と、道路で立ち止まって。

マタニティブルーなのか、マリッジブルーなのか、本当に、ふとしたときにそんなことを思っている自分がいる。
死にたいと思っているのとは少し違う。
逃げたいのだ。多分。

ちゃんと結婚したら。
子供が産まれたら。
また気持ちも変わってくるだろう。
子供の可愛さは格別だろうから、その頃には彼に対する怒りも消えているだろう……多分。

何年か後には、今を振り返って、「そんなときもあったね」って笑えるように。
そうなることを信じて。
また頑張ろうと思っている。

今日、また気持ちを前向きにできたのは、友人からの手紙のおかげだ。
仕事から帰って、泣きたい気分でいたときに、手紙が届いていることに気がついた。
彼女は、妊娠のことは何も知らなかったから、ただ結婚式に出席するから……という内容のものだったけれど。
それでも、私は涙が零れた。

彼女にそんな意思があったわけではないけれど、結果的に彼女は私の心を救ったのだ。
私には、よくそういうことがある。
本当に悲しいとき、苦しいとき。
何も知らないはずの友人から連絡があり、それで救われるのだ。
どこかで心がつながっているのだろうか。

私は1人の力で生きているのではなく、みんなの力によって生きさせてもらっているのだと実感する。
いつか私も彼女たちを、同じように助けてあげられるように。
今はもう少しだけ、頑張ろう。


私の決意を、応援してください。クリックをお願いします。


こちらもよろしくお願いします。



ガレッジセールのカワちゃんも10キロ痩せた究極のダイエット!!
まだ間に合います!!

招待状

数日前に、刷り直しをお願いしていた招待状が届き、昨夜やっと書き上げました。
なのに、出し忘れてまだ手元にあります。
急ぎなのに、アホです。

その招待状を書いていた、昨夜の話です。
また、嫌な方向に考えが走ってしまいました。

そのとき、手元には12月の日付の招待状もちゃんとあったのです。
間違えないように、12月の日付の招待状をなおしてから、10月の日付の招待状をたたんで封筒に入れて、宛名書きをしていました。

もっと丁寧に書きたいのに、時間に追われて、あまり綺麗に書けなくて。
慌しく宛名書きをしていて、ふと悲しくなりました。

本当なら、12月に向けてゆっくり準備をしている時期で。
宛名書きなんてまだ先で、もっと丁寧に心を込めて1通1通書けたはずなのに。
どうしてこんなに慌てて、走り書きみたいに宛名書きをしなきゃいけないんだろう。

おまけに、その原因である彼は、まだ招待状を書き始めていない(色々事情があってだけど)。

無性に腹が立ったので、すごい意地悪を言ってみました。



「子供ができた事情が事情だから、

慰謝料と養育費もらって婚約破棄

するって手もあるよね」


って。
もちろん、本気で言ったわけじゃないけど、少し危機感を持ってほしかったから。

それに対する彼の答えは。



「自殺するから、保険金受け取って」


かなり悲愴な声でした。
この答えには、2つの意味があります。
1つは、それだけお金が無いってこと。
そしてもう1つは、私と別れたら生きていけない、ということ。


そこまで言われたら、私の負けです。
もともと、本気で言ったわけじゃないし。
ちょっと危機感を、のはずが、どうやら命の危機レベルだったようです。

反省。
ちゃんと謝って、そんなことしなくていいって言いましたけどね。

ごめん、ダーリン。
もう言わないから。



私たちと新しい命を、応援してください。


こちらもよろしくお願いします。



(株)ジェム・ケリーより、『倖田來未』モデルのアクセサリーが当るプレゼントキャンペーン!
応募者全員プレゼントもあります♪

現在までの流れ・7

現在までの流れとは若干違うかもしれませんが、昨日までの話と関連があるので、タイトルはそうさせていただきました。
今日の話は、兄に関する考察です。

兄という人間は、妹である私にとっても謎な存在です。
冷静に考えると、私も15歳までしか一緒に暮らしていません。
私が高校生になると同時に、兄は遠方の大学に進学し、その後遠方に就職したからです。
年末年始やお盆などには帰って来てましたけどね。

謎なのはそういった理由からではありません。
成績優秀でスポーツ万能、頭の回転も速くて人を笑わせるのも上手。
私にとっては、幼い頃からコンプレックスを刺激される存在でした。
でも、人に素の顔を見せていないように思えるのです。

私と2人でいるときが、1番素に近い顔をしているように感じていましたが、それだって私の思い違いかもしれません。

兄妹仲は悪くないと思っています。
別にべたべたしてるわけじゃないし、一緒にいるときは憎まれ口叩いてることが多いけど。
それでも、兄と私の状態を人に話すと、
「仲いいよね」
と言われることが多かったです。
何を指してそう言われているのかはよくわかりませんが、
「仲悪いの?」
と言われたことはありません。

でも、先ほども書いたように、本心を人に見せないようなところがあるし、私をからかう悪癖があるから、私自身、兄にどう思われているのかは未だに謎です。

もしかしたら、ゴールデンウィークに帰って来てくれたのだって、お正月に私が兄に結婚のことを相談していたから、助けになろうと帰って来てくれたのかもしれませんが、兄は肝心なことは何も言ってくれないし。
必要のないことはあまりしゃべらないし、直接言葉や態度で何かを示してくれることも少ない。

お盆やお正月に帰って来てから、また仕事先に戻るとき、玄関まで見送る私の頭を、ぽんぽん、と軽く叩いて戻って行ったことが何度かありました。
あれは、兄の私に対する愛情表現であった。と、私は思っていますが、真意はわかりません。

本当に、私は兄にどう思われているのか。
そして、兄が怒っているのは、単に裏切られた思いからなのか。
それとも、私に対する愛情も含まれているのか。

妹を持つ男性ならば、もしかしたらわかるのかもしれませんね。

ああ、でも、本当に。
突破口なんて思いつかないし。
敵の頭脳に対抗できるような頭脳は、彼も私も持っていないし。
うまく乗り切れるのかな。
本当に許してもらえなくて、結婚式に出席してくれなかったらどうしよう。
やっぱり、式には出て欲しいし、2人きりの兄妹だから、仲良くしたいんだけどなぁ……。
憂鬱です。


いつもありがとうございます。応援クリックお願いします☆


こちらもお願いします★



肌にうるおい、足りてますか?

現在までの流れ・6

8月29日、火曜日。
午後から結婚式場と連絡をとっていました。
式の日の最終確認や、招待状の刷りなおしをお願いしていたのです。
なんとか10月に式ができそうで、ほっとしました。
これでひと段落だと思いました。

その夜。
友人たちには、式が早くなることを前もって連絡を入れていたのですが、親戚に対する連絡は母に任せていました。

さて。
親戚の中でも、母より私のほうが連絡を頻繁にとっている相手がいます。

兄です。

兄と私は、よくメールのやりとりをします。
兄が帰ってくるときは、家に電話がかかってくるのではなく、私の携帯にメールが入ります。

そういえば、兄にはまだ連絡していなかったなぁと、結婚式が早まった旨をメールで伝えました。

「なんでや? お母さんはそれでいいって言ったんか?」
と、返事があったので、そうなるに至った経緯と、とりあえず母の了解はとったことをメールで伝えると。



兄は、烈火のごとく怒り狂いました。


正直、かなり予想外だったのですが。
と申しますのも。
兄は、滅多に怒る人ではないのです。
その兄が、こんなに怒るとは。

「今更だが結婚反対に1票。祝福する気はないし、出席もしない」
と、メールを送ってきました。


兄に怒られてから、初めて思い当たったのですが。
この結婚は、兄の手助けがあってやっと進んだ結婚です。
兄が認めてくれた相手だったから、親が承諾してくれたわけで。

でも、こんな状況になってしまい、せっかく彼を認めてくれていた兄の信頼を裏切ったと言うか、兄の顔に泥を塗ったことになるのです。
私は自分自身の大変な状況に手一杯で、そこまで考えが回っていなかったのです。

この状況で、我が身可愛さにどういう経緯でこうなったかを兄に伝えるほど、私は愚かではありません。
この兄の怒り方でそんなことをしたら、彼が殴り殺されてしまいます。

うちの父親には、いさぎよく2、3発殴られるように、と彼に伝えてあります。
父のような瞬間湯沸かし器タイプは、怒りが長続きしないし、私だって何度も殴られてて無事なのだから、男である彼が殴られてどうこうなるとは思っていません。

しかし、兄は違います。
滅多に怒らない。
そして、1度怒ると手がつけられない。
その上怒らせた相手には冷淡で、父をあっさり見限って出て行ったあたりからその徹底振りがうかがえます。

私も父のように、兄に見限られてしまうのでしょうか。
この世で2人きりの兄妹です。
やはりそれでは寂しいものがあります。

兄の怒りは、私に対する愛情ゆえか、それとも単に信頼を裏切られたことに対する怒りなのか、私ですら判断が難しいところですが。

この問題は、これを書いている現在も解決されていません。
兄にも出席してほしいけど……どうなるのかなぁ。


私たちを、応援してください。


こちらもお願いします★



あなたの出会い力を無料診断!
素敵な出会いはここから♪

申し訳ない……

結婚式は12月の予定で、友人たちにもそう伝えてありました。
でも、12月には6ヶ月になり、お腹も目立ちます。
どうにかお腹が目立たないうちにと予定を前倒しにして、10月に式を挙げることにしました。

その話を友人たちに告げると、友人の1人が、
「12月に向けて、サプライズでプレゼントしようと、リングピローとウエディングベアーを作ろうとしてたんだけど、10月じゃ間に合わないよ。ごめんね」
と、メールをくれました。

嬉しさと申し訳なさで、本当に涙が出ました。

サプライズでプレゼントをしようとしてくれていた、その気持ちは本当に嬉しかったです。
でも、結婚式が前倒しになったことで、それができなくなって。
その原因は彼と私にあるので、本当に申し訳なかった。

もしも、こんなことにならなければ。
12月にその友人からサプライズのプレゼントをもらって、とても感動しただろうことを考えると、やっぱりやりきれない気持ちでした。


本来、妊娠というのは喜ぶべきことなのだと思っています。
世の中には、子供が欲しくても授からないご夫婦もたくさんいるし。
本当に、奇跡のような確率で授かる、大切な命です。
私だって、子供は3人くらい欲しいと思っていました。

でも今現在、次期が良くなかったことで、喜ぶ気持ちよりも、色々と大変な気持ちや仕事に対する不安な気持ち、新婚生活ができないなどの悲しさのほうが大きい、というのが正直なところです。

そのことを、お腹の子供に対して申し訳なく思っています。
私がこんな気持ちで、本当に無事で産まれてきてくれるだろうか。

この前の検診のとき、先生からは何も心配いらないと言われたけど。
もしも、この子が私のお腹からいなくなってしまうようなことがあったら。
それはきっと、私が母に罵られていたときの声や、私と彼が言い争っているときの声、それに、私の感情が伝わったから、望まれていないと思って、自分から出て行ってしまったということでしょう。
そうなってほしくはないけれど……。

今はまだ不安定な時期だから、栄養をとることと、休日には家でゆっくりすることを心がけています。
どうか、無事で元気な子が産まれてきますように。


私と子供に、元気をください。


こちらもお願いします。



月曜日までの限定セール☆

現在までの流れ・5

25日、金曜日。
相変わらず具合が悪く、私は自室で横になっていることが多かったです。
母は、昨日の伯母たちとの会話でいくらか立ち直ったようで、わりと元気そうでした。

昼食の時間、母が1階から2階の私に声をかけてきました。
「何なら食べられる?」
朝、あまり食欲がなかった私に、気を使ってくれたようです。
ここ数日、母から声をかけられることも、まともに顔を合わせることもなかったので、びっくりしましたが、ありがたかったです。

「……おにぎりなら、食べられるかも」
「いくつ?」
「1つ。それと、朝の残りのお味噌汁があったら……」
そう答えました。

数分後、
「冷めないうちに食べなさい」
と言われ、下におりました。

ダイニングに行くと、もう母の姿はありませんでした。
まだ、私と顔を合わせたくないようでした。

昨日母と話していた、母の妹にあたる叔母がしばらく前に作って送ってくれた、小魚の佃煮を丁寧にごはんに混ぜ込んで、綺麗な三角形に作られたおにぎりと、お味噌汁が置いてありました。
私が、叔母の佃煮が好きだと知っていて作ってくれたものです。

まだ温かいおにぎりにのりを巻いて、かぶりつきました。
おいしかったです。

なぜだか、涙が出てきました。
ぼろぼろ泣きながら、それでも手を休めずに食べました。

ごめんね、お母さん。
ありがとう。

心の中でしか言うことができなかったけど。
母が顔を合わせて会話してくれるようになったのは、翌日の土曜日からでした。

母は、いつかわかってくれると思っていました。
私の子供好きの気質は、母から受け継いだものです。
私の結婚にようやく前向きになってくれた頃から、母はお産の本や赤ちゃんの名づけの本などを、どこからともなく集めてくれていました。
孫の誕生を心待ちにしていたのです。
ただそれが早すぎたために、混乱して受け入れられなかっただけで。
今はわかってくれなくても、子供が産まれたら変わってくれると思っていました。

わずか数日で陥落するとは思っていませんでしたけど。

正直言ってほっとして、あとは父だけだ、と思っていました。
ところが。
思ってもいなかった伏兵、母より手ごわい存在がいることに、数日後に気付かされることになるのです。


私の決意を応援してください。


こちらもお願いします。



株ビギナーには絶対オススメ!
まずはクリック★

HOME このページの一番上へ