10≪ 2008/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2008-11-30 (Sun)
岩崎本舗の角煮まんじゅうのCMってご存知ですか?
あれって、全国的に流れてるのか、一部地域だけなのか、それすらもよくわかりませんが。

知らない方は、こちらをごらんください。
この真ん中の女の子。
宮崎あずささんって言うんだ、初めて知った。

しばらく前から、私に似てるなぁと思ってたんです。
思いすごしかと思いつつ、CMが流れてるときに旦那に聞いてみました。

「この子、私に似てない?」
「うん、似てる」
旦那、即答。

だから何と言われても困るんだけど。
自分の半分程度の年齢の子に似てるのもなんだかなぁと思ってしまいました。
長崎市の人だから、どこかで顔合わせることもあったりして……。



いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
  にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
* Category : ひとりごと
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-11-28 (Fri)
引っ越しをしたのは、11月12日。
部屋はずいぶん片付いたものの、ここでの生活にまだ慣れたとは言い難いです。
でも、新しい部屋に対しての順応度は高いです。
前の家でもそうだったが、実家よりも自分の家らしく思うようになるのにそれほどかかりませんでした。
それは旦那も同じのようで、そういう人は多いのかもしれません。

大切なのは、家そのものよりも、一緒に住む「人」だからかな。
一緒に住む人が変わらなければ、家の中身が変わっても、それほど変わったと感じないのかも。
ただ、まわりの環境にはまだまだ慣れたとは言えません。

前住んでいた家は、2LDK。
現在の家は、3DK。
広さは大差ありません。
と言うか、仕切りが増えた分、たくさんの家具が置けるようになったような印象を受けます。

前の家のままの家具では気になる「隙間」があって、新しく買い足した「隙間家具」のようなものがけっこうあります。
3つくらいかな。
でも、あと電話台も買わなきゃ、という話になっています。
固定電話は無いのですが、インターネット用のモデム?があるので。
前の家のときは、どれも無いままでしっくり行っていたのですが。
こうやって家具って増えて行くものなのかな~と思います。

私は小学3年生まで長崎市に住んでいたのですが、当時は北側。
現在のアパートは、長崎市の南側。
懐かしい気持ちになることは無いし、昔の知り合いに会うこともありません。
長崎市は縦長で、北から南まではけっこう距離がありますから……。

そしてびっくりしたことに、本当に海の目の前。
アパートの前はこんな感じです。
081128_165646.jpg

船がとまってるので、夏でも泳ぐのは難しそう。
水遊びくらいはできると思いますが。

それから、海からの風が強いです。
風をさえぎる物が何もないから、冬はかなり寒そう。

幸い、ベランダは海とは反対側についていて、洗濯物を干すときはそれほど不便ではありません。
海からの風が強い日も、アパートそのものが壁になるので、風はほどほど。
そのおかげで、洗濯物の乾きがいいです。日当たりもいいし。
出入りするときは、風が強くて大変なときもあるけど、基本的には海側の窓を閉めておけば大丈夫かな。
潮風で洗濯物がべたつきそうだと思っていたけれど、今のところそんな感じも無し。
夏になったらわからないけど。

旦那の会社の人が探してくれた場所だけあって、職場へは徒歩15分くらい。
これも助かってます。

しかし、何よりも物価が高い!
前住んでいたところは、実家近辺よりも物価が高いと書いたことがあるけれど、それよりもっと高い!
長崎は漁港もあるし、長崎で水揚げされた魚はきっと安く手に入るだろうと思っていたけど、全然。
エンゲル係数が上がりそうです。

スーパーが遠いのも難点。
実家も前の家も、頑張れば歩いて行ける距離にあったけど、今回は歩いては絶対に無理、と言う距離にしかありません。
ガソリン代がかかります。
そして長崎は、福岡より20円くらいガソリンが高い……(T_T)
このあたりの値段の違いにまだ慣れることができず、買い物に行ってもあまり買うことができなかったり。
ちょっと遠くてもいいから安いところがあったら、週一くらいでまとめ買いに行きたいけど、まだそんなお店の情報もよくわかりません。
もっといろいろまわってみないと。
きっと競争相手が少ないから、値段が高いんだろうなぁ。
前の家でよく行ってたスーパーでは、長崎県ではないのに、「長崎産」の魚がかなり安く手に入ってたから(産地偽装? いや、まさか……)。

そうそう、テレビのチャンネルも福岡より1つ少ないです。
NHK2つと民放が4つ。
この点は、別にどうと言うこともないけど。

でも、こちらに来て関わった人は、みんな親切でした。
私の勝手な見解ですが、長崎の人は優しいです。
鎖国時代も出島で貿易していただけあって、開かれた土地柄なのでは、なんて思います。
あの時代に混血が進んだせいで、長崎の人は彫りの深い美人が多い、なんて説も。

話があっちこっちに飛びましたが、とりあえず少しずつ慣れて行かねば、と思っています。



いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
  にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
* Category : 普通の日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-11-27 (Thu)
やっとネットがつながりました。

でも、半月以上つなげなかったのに、ランキングにこのブログが残っていたことにびっくりしました。
クリックしてくださっていた方がいるのですね。
本当にありがとうございますm(__)m
心から感謝いたします。

またゆっくりといろんなことを綴っていきますので、これからもよろしくお願い致します。



いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
  にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-11-11 (Tue)
明日、長崎へ引っ越しです。
引っ越し先はネット環境が整ってないので、しばらく更新が滞ると思います。

今月末には復活できると思いますので、またよろしくお願いします。


いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
  にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-11-08 (Sat)
最終日、3日目はディズニーシー。
前日の夜、ホテルで綿密な計画を立てて、無駄なく回れるように道順を考えました。

シーは、ランドより開園時間が遅いので(ランドは8時、シーは9時)、この日はちょっと優雅にホテルで朝食バイキング。
食べすぎました(^_^;)

それでも9時の開園頃に、ホテルのリムジンバスで到着。
計画通りスムーズに回れたおかげで、予定したいたアトラクションのほとんどに、午前中のうちに乗れてしまいました。

前回人が多くて乗れなかった「海底2万マイル」は、朝一で乗りました。
ファストパスが使われるくらい人気があるようですが、朝一だと待ち時間5分程度で乗れました。

歩きまわるアトラクションと船系と絶叫マシン以外は、ほとんど全部乗れたんじゃないかな。
私と母は、「アクアトピア」がお気に入り。
親子揃って絶叫マシンはダメなタイプだけど、これは水上をくるくる回るだけだし、娘も楽しそうに乗ってました。

「インディージョーンズ・アドベンチャー」が、私のギリギリのライン。
前回も怖かったけど、とりあえずもう1回頑張って乗ってみようと思える程度。
普通の絶叫マシンは、もう絶対無理だけど。
これが、うちの旦那1番のお気に入りだったようです。

1番人気らしい「タワー・オブ・テラー」にも乗ってほしかったけど、
「1人じゃつまんない。ハニーが一緒なら乗る」
と言われたのですが、辞退させていただきました。
よく知らないけど、最後にすと~んと落ちるやつですよね?
私は絶対無理。

水上のショーがあることを知らず、いい場所から見られなかったことが心残り。
次に行く機会があれば、ショーの時間に合わせて、いい場所をとりたいと思います。

シーは、ランドに比べて、広さはどうだかわからないけど、アトラクションの数が少なめですよね。
なんとなく余裕をもって回れた感じだし、ランドよりちょっと大人向けかも、というのが私の印象です。

5時くらいに出る予定だったのですが、3時頃にはもう予定外の物にもずいぶん乗れて、それから2時間くらいはお買いものタイムになりました。
ゆっくり買い物もできて、満足しました。

ただ、私と旦那が買い物に行ってる間に、娘はドナルドダックと一緒に踊っていたらしいのです。
ドナルドダックの着ぐるみが娘に近づいてきて、娘は物おじせずにお尻ふりふり一緒に踊って、周囲から「可愛い~~~!」と、大喝采だったのだとか。
私も見たかったなぁ。写真も撮りたかったなぁ。
ミニーの耳をつけた1歳半の女の子がドナルドダックとダンスなんて、よその子でも想像しただけで可愛いと思うのに、我が娘だったらもっと可愛く感じただろうに……(親馬鹿)。
私たちが買い物を終えて合流した頃には、ドナルドは娘たちとは少し離れたところで、取り囲まれていて、写真も撮れませんでした。
旦那はドナルドが好きだし、本当に残念。

5時頃のバスで空港へ行って、6時半頃の飛行機で福岡へ。
福岡空港に着いたのは8時半くらい。
それから自宅に帰りついたのは、10時過ぎでした。

3日間歩きづめだったからくたくただったけど、楽しかったからそのきつさは半減。
2日目のトラブル以外は、いい新婚旅行だったと思います。

また行きたいけど、次に行けるのはいつかなぁ。
母は、
「K子ちゃんが小学生になる前に!」
と張り切っています。
また一緒に行くつもりらしいです(ーー;)

そのときまで、母と私が仲良くしてるといいんですけどね。



いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
  にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ




* Category : 普通の日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-11-06 (Thu)
2日目の話です。
トラブルもあったし、愚痴にもなるし、長くなるのでたたんでおきます。


いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
  にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ








この日は早起きして、ディズニーランドに開演前に並びました。
しかし、平日なのにすごい人!
これでも、休日に比べたらずっと少ないのでしょうけど。
前回来たときはGW前だったので、もっと多かったです。
開演したらすぐにいろんな物に並んで、ファストパスも利用して、かなりの数に乗れたのですが。

うちの娘、母にべったり。
理由は、母が何でも欲しがる物を与えるから。
私は一応栄養士なので、娘の食べ物はかなり気をつけています。
栄養のバランスよく、お菓子はあげるけど少なめ、ジュースはほとんどあげません。
熱を出したときくらい。

なのに母は、お菓子もジュースも何でも与えるのです。
正直、それだけでもかなりイラっとします。
「ああっ、そんなのまだ早い!」
と、何度思ったことか。
それでも、口にするのは3回に1回くらいにしてますけど。

おまけに、
「そんなのダメ!」
ときつく言ったりすると、
「あんたのママ、ケチね」
なんて娘に話しかけたりする。
娘はまだわかっていないと思うけど、ケチで言ってるわけじゃない!

もう1つ腹立たしいのは、娘に何でも買ってやること。
「欲しい」
なんてK子はまだ言えないし、それが何なのかもわかってないのに、ただ握ってるだけで買い与えてしまう。
しつけも何もあったもんじゃない。

私自身が子供の頃、母に何も買ってもらえなかったので、心が狭いとは思いますが、そういうことに対する納得できない思いもあります。
必要のないものは絶対に買ってもらえなかったし、それどころか、必要な教材などすらほとんどおさがりでした(さすがに教科書は新品でしたが……教科書は無料?)。
周りと違う古いタイプの教材は、最新の物とは変わってるところもあって、先生の説明もわかりにくかったし、何よりも「人と違うものを持っている」ことを目ざとく見つけてからかってくる男子が必ずクラスに1人はいて、嫌な思いもずいぶんしました。

みんなと同じ新しいものが欲しいと訴えても、
「もらったものがまだ使えるんだからもったいない」
と言われていたし、例えば髪飾りとかの可愛いだけで必要性のないものに至っては、
「無駄なものは買わない」
でした。

そのうち親に物をねだらなくなったし、良くいえば節約上手に育ったわけですが。
孫であるK子には、「欲しい」とすら言わないのに、「似合うから」とかの理由で何でも買ってあげるわけですよ。
私にとっては、これがおもしろいわけがない。
私が子供のころ、泣いてもわめいても買ってもらえなかった物が、何も言わなくても簡単に買い与えられる。
「もったいない」「無駄なものは買わない」
という母のあの教えは一体何だったの?
と思います。

今回も、「似合う、可愛い」という理由で、K子にミニーの耳ヘアバンドとかを買ってつけたりして。
1歳半のK子本人は、そのありがたみなんて何もわからないのに、自己満足のために買い与えるんだ、ふ~~~んって、すごく納得できない気持ちで。
ほかの親戚の人などから買ってもらう物に対しては、そんな気持ちになったことがありません。
それは、素直にありがたく思います。
「もったいない」「無駄なものは買わない」
と言い続けてきた母だから、嫌な気持ちになるのです。

挙句の果ては、母べったりになった娘が、私を泣いて拒否する。
「ママよりババのほうがいい~~~」
ってことですよね。
完全に餌付けされてます。
母と会うと、いつもです。

これで私の機嫌がいいはずはなく。
むすっとしてたら、母がキレました。

「これだけしてやってるのに、あんたが機嫌悪くなるってどういうことよ!!!!」
と。
お金出して連れてきてやって、子守りもしてやってるのに、その態度は何だと。
そして、
「K子が短時間でこんなに私になつくのは、あんたの普段の愛情が足りないからじゃないの!?
と。

この言葉、母親には絶っっっっっ対に言ってはいけない言葉です。
育児放棄している母親ならともかく、普段一生懸命育児している母親には。

母親と言っても人間なのだから、完璧であるはずがありません。
しかし、「良い母親神話」みたいなものがあって、それが多くの母親を悩ませるのです。
毎日毎日一緒にいれば、怒ることだってあります。
怒った後で自己嫌悪に陥ったり、母親失格だろうかとと悩む母親はたくさんいます。
もちろん、育児は楽しいこともありますが、本当に毎日大変なのです。
1日2日一緒にいるだけの人間から、どうしてそんなことを言われなければならないのか。

泣くほど悔しかったけど、我が家では母に逆らうことが許されません。
逆らって言い返したら、母の怒りがひどくなる一方だし、決して母が折れることはないからです。
例えこちらの言うことが正論だとしても、最終的には、
「子供のくせに親に対してその態度は何だ」
と、親の権威でねじ伏せられます。
昔からそうです。

そういうわけですから、選択肢は「私が機嫌を直す」以外になく。
「諦める」と言う形で、なんとか機嫌を「普通」に戻しました。

午前中はそういったトラブルがありましたが、午後は順調。
たくさんのアトラクションを回ることができたし、パレードも何度も見られたし、夜のエレクトリカルパレードも見られました。

旦那が乗りたがってた絶叫マシンにも1つ乗れたし(私はダメなので、申し訳ないけど1人で乗ってもらいました)、ホーンテッドマンションにも乗れました。これは私も平気だし、旦那の希望だったので。
旦那は1度修学旅行で来たそうですが、人が多くてほとんど何も乗れなかったそうです。
旦那はきちんと楽しんだのは今回が初めてで、かなり乗れて満足してくれたようです。
私は前回、従兄の家族と来たのですが、そのときに従兄が走り回ってファストパスを確保してくれて、とても助かったので、そのときを真似て、今回はたくさん乗れました。

私のお気に入りは、ファンタジーランド。
イッツ・ア・スモールワールドは休止中だったけど、それ以外は全部乗れたし。
1番お気に入りは、「プーさんのハニーハント」。
人気があるので、ファストパスをとるのが賢明です。

ピーターパンの空の旅や、白雪姫やピノキオも好きだけど、K子は暗い所を怖がって泣いてました。
明るいと大丈夫のようで、外の乗物や、室内でも暗くならない物は楽しそうに乗ってました。

朝から晩まで遊んで、まあまあ満足な1日でした。

Return

* Category : 普通の日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-11-03 (Mon)
運転手さんにお礼を言って、近かったこともあって、チップ代わりに
「おつりはいいです」
とお金を渡してから、東京ミッドタウンへ。

と言っても、母と叔母は休憩したいとかで、スターバックスでやや遅めのティータイム。
荷物とK子も預かってくれて、
「2人でデートしてきなさい」
と言ってくれました。
お言葉に甘えて、旦那と初東京デート

東京ミッドタウンの中をだいぶ歩き回ったけれど、特に買う物はなく。
でも、2人きりの時間が持てたので満足でした。

1時間ほどで1度母たちのもとへ戻り、夕食の相談。
母と叔母はもう面倒くさいから、何かお弁当でも買ってきてほしいとのこと。
私と旦那は、夕食は2人で外に出たかったので、私たちの分は買わないことにして、東京ミッドタウン地下の食料品売り場で母や叔母が好きそうなお弁当と、K子の分の食事を買って戻り、それからホテルへ。

ホテルは、ディズニーランド前の舞浜駅からリムジンバスが出ているので、バスに乗るまで送ってくれたら、後はデートに行っていいと母が言ってくれました。
母たちをバスに乗せてから、私と旦那は舞浜駅へ引き返しました。

どこに行こうかと考えたのですが、どこかに行きたかったわけではなく、単に「新婚旅行らしく2人で食事がしたい」だけだったので。
舞浜駅前のIKSPIARIで、デートがてら夕食をとりました。
雰囲気のいいお店だったし、少しお酒も入ってすごくテンションが上がって、楽しかったです。

3時間くらいデートを楽しんでから、ホテルにチェックインしました。
明日と明後日がメインだし、ディズニーランドはかなり歩かないといけないので、今日はお風呂に入って早く寝ることにしました。

ちなみに、ツインルーム2部屋をとっていて、K子は母たちと一緒に。
母から離れたがらないし、それならそれで2人きりのほうがいいやと。

そんな感じで、1日目は終わりました。



いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
  にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ




* Category : 普通の日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-11-02 (Sun)
先日の2泊3日での東京旅行の話です。
長くなるので、畳んでおきます。


いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
  にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ








まず初日は、移動と東京見物。
福岡空港で母と落ち合い、4人で飛行機に乗りました。
娘は、比較的いい子。
気圧の関係で耳がおかしくなるので、泣く子供もいるようですが、割と大丈夫そうでした。
羽田に着いたのは12時半頃。
空港で叔母と落ち合い、昼食をとってから東京見物に出かけました。

東京見物と言っても、予定は東京タワーのみ。
私は東京は何度か行ってるけど、東京タワーに行ったことがないのです。

私以外の人たちも、東京は初めてではないので、強いて行きたい場所がないとのこと。
とりあえず、東京タワーに行ってから、その後のことを考えることになりました。

しかし、大荷物&娘&ベビーカーを抱えての移動は、予想以上に大変でした。
「ベビーカーはいらないのでは?」
と言う母の意見に対し、
「絶対に必要!」
と言い張って持って行きました。

ベビーカーは、本当にあって良かったです。
娘が抱っこをせがむときもありましたが、泣いてもわめいても問答無用でベビーカーに乗せて移動することができましたから。
東京タワーに行くまでの坂が思いのほか急で、娘を抱っこして登るのは大変だったと思います。

東京タワーでは、結構長く眺めを楽しんでいました。
娘も楽しそうだったし。
その間に、次にどこに行くかを考えていたのですが。

東京タワーから六本木ヒルズが見えたので、とりあえず近くに見に行こうということになりました。
東京タワーまで荷物を抱えて地下鉄での移動は大変だったので、そこからはタクシー。
近かったし。

さて、このタクシーの運転手さんが、とても良い方で。
大荷物だから申し訳ないな~と思いながらお願いしてみたら、嫌な顔1つせず、
「お客さんなんだから、そんな申し訳なさそうにしないで、堂々と乗ればいいの!」
と、笑ってくれました。
観光のアドバイスをしてもらった一方、いろいろとおもしろい話も聞かせてくれました。

アドバイスのほうなのですが、私は
「時間があるなら、お台場に行ってみたい」
と言ったのですが、
「この時間からでは、子供連れではおすすめできない」
と。
ホテルに帰ってからでは、遠いからそれも難しいと言われました。
ホテルはディズニーランドの近くだったので(^_^;)

「近場でおすすめは?」
と聞くと、
「東京ミッドタウン」
とのこと。
「六本木ヒルズはほとんど事務所と住宅だから、外から見るだけで十分。中に入っても、お店は少ししかないよ。六本木ヒルズの周りを一周してから、東京ミッドタウンでおろしましょう。六本木ヒルズは、裏側から見たほうがいいよ」
と、気を利かせてくれました。

六本木ヒルズの裏側にテレビ局があったので、
「芸能人出てこないかな~」
と言ったら、
「ここからはあまり出てこないね。私はハリセンボンのお2人を乗せたことがあるよ」
と運転手さんが言うので、思わずテンションアップ

「どんなでした?」
と私が聞く前に、
「やっぱりブスだった?」
と聞いた母にはびっくりしたけど
そりゃ~失礼でしょう、お母さん。

「2人ともすっごくいい子たちだったよ」
と、苦笑いの運転手さん。
礼儀正しくて、すごく感じが良かったそうです。

逆に感じが悪かったのは、エド・はるみさんだそうです。
割と好きな芸人さんだから、ちょっとショックだったのですが。
「何で抜かないのよ!」「もっとスピード上げて!」
と、終始後ろでうるさかったとか、
「(料金を)負けろ!」
と言ったとか。
エド・はるみさんに関しては、運転手仲間に聞いた話らしいですけど。

ネット上でも、
「エド・はるみは、芸能関係者とそうでない人に対して、態度の差が激しい」
と言われていましたが、単なる噂ではなく、本当のようです。
ネット上の噂、意外と真実も転がってるようです。

Return

* Category : 普通の日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by メイ
kazazaさんのブログから来ました。

お台場に行くならVenusFort1階や東京レジャーランドの子供広場やマッスルパークのサスケキッズが楽しめます。

六本木ヒルズは運転手が言う様に見る価値は乏しいです。
否、六本木ヒルズどころか六本木自体が子連れだと難点だらけ。

* by ミル
>メイさん

お台場、いつか行ってみたいです~。
六本木ヒルズ、やっぱり外から見るだけで十分みたいですね(^_^;)
子連れだともっと大変ですか。
運転手さんの言うこと聞いてよかったです。