桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

ディズニーランド1日目

飛行機の中で娘が若干騒いだものの、特に問題なく羽田に到着。
11時頃にディズニーシーに着きました。

1つトラブルがありました。私が手袋を無くしました。
バスに乗ったときはあって、シーに入る前に無いことに気付いたから、バス会社とシーに問い合わせたのですが、現在も見つかっておりません。
幸い、お天気に恵まれて、そこまで寒い日ではなかったけど。

続きは長いので隠しにしておきます。
興味のある方だけお進みください。
また、明日からしばらく旦那の実家なので、更新が滞ると思います。


いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

続きを読む »

ディズニーランド前日から1日目朝の話

旅行前日の22日は、タイミング悪く旦那の忘年会でした。
その話は後にして、私の病院の話を先に書きたいと思います。

22日、婦人科の検診に行ってきました。
経過は順調で、もう通院の必要は無いとのことなのですが。
前回と先生の発言が違う事に「?」状態です。

前回の発言。
「あとは、1月に普通に月経が来れば、またいつでも妊娠できますよ」
でした。
しかし、今回は。

「卵巣の昨日も回復してますし、大丈夫ですね。

1月に月経が来なければ、また妊娠してる可能性があるので

病院に来てください」

はい?
今、何て言いました?
もう妊娠しちゃって大丈夫なの?
まだまずいんだろうと思って、旦那には悪いけど、万が一のことを考えてずっと我慢してもらってたんですけど……。
若干腑に落ちない感じでしたが、回復が順調だと言う事なので、まあ良しとしましょう。
実際、数日前に「排卵してるな~」って感じがあったし。


さて、その夜。
旦那は忘年会へ。
私と娘は、しばらく家を空けるので、冷蔵庫内のお片付けのわびしい夕食をとり、お風呂に入り、娘を寝かしつけて、旦那からの連絡を待っておりました。

夜12時頃、旦那からメール。
眠った娘を置いて、旦那を迎えに行きました。

旦那を拾って家に帰りついたときは、1時頃。
翌朝(すでに当日だけど)は5時起き。
仮眠状態で起きだすことになりました。

私は先に起きて、簡単にご飯を食べて、旦那と娘の朝ごはんのおにぎりとお茶を準備。
2人にはぎりぎりまで寝ててもらって、車か飛行機の待ち時間等で食べてもらおうかと。

5時半過ぎに2人を起こし、娘を着替えさせ、6時過ぎに出発。
ハンドルを握るのはもちろん私です。
旦那は酒が抜けきってないから危ない。

小雨が降っていたものの、祝日なので通勤ラッシュも無く、順調でした。
しかし、1つだけ計算外のことが。

旦那、昨夜の酒のせいで車酔いを起こす
長崎空港がある大村インターチェンジまであと2キロの地点で、
「どこかサービスエリア寄って……」
と言う旦那の弱々しい声。
「もうサービスエリア無いよ。あと2キロだし、おりたらすぐにコンビニ寄るから」
と言って、インターチェンジを降りたすぐ目の前にファミリーマートが。

「そこに寄るから」
と言った直後あたりでアウト(T_T)

幸いと言ったら悪いけど、高速をおりたときから窓を開けて顔を外に出していたので、汚れたのは車の外。
公道を汚してごめんなさい。
雨で流れたと思うけど……。

ファミマの駐車場に車を停めたら、店内のトイレではなく裏に走って行ったのは、お店の中を汚してしまうかもしれないと思ったから?
とりあえず、裏で落ち着いてから店内へ。
手や口を洗わせてもらい、何か冷たい物をと思ってスポーツドリンクを買いました。
その際、
「空港まではどれくらい?」
と聞くと、
「15分くらいです」
とのことだったので、
「あと15分、頑張って!」
と言って、再び出発。

かなり余裕を持って出たので、飛行機の発時間の1時間前に到着。
手続きをして荷物を預けて、お食事タイム。
娘はむしゃむしゃとおにぎりを食べていましたが、旦那は一口も食べませんでした。
当たり前か。

旅行の幕開けは、そんな感じでした(苦笑)。


いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

帰還致しました

昨日夜遅く、無事に帰還致しました。
楽しかったです♪

今日は現実に戻って大掃除なので、詳細は後日書きたいと思います。
とりあえず、今日は報告まで。



いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

明日からディズニー♪

明日から2泊3日で、ドキドキのディズニーランドです(*^_^*)
朝5時起き、大丈夫かな。
娘がちょっと不安。

皆さま、飛行機が落ちないように祈っててください(←実は飛行機嫌い)。


いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ



パセリ≠ブロッコリー

うちの娘はブロッコリーが大好き。
離乳食のころから与えていたせいか、今でもパクパク食べます。

先日外食した際、娘のお子様ランチの上に大きなパセリが飾られていました。
娘はブロッコリーと勘違いして大興奮!
「ブロッコリー! ブロッコリー!」
と嬉しそうでした。

水を差すようで悪いけど、
「K子ちゃん、あれはパセリって言って、ブロッコリーとは違うのよ」
と言ったけれど、理解できたのかどうなのか。

私自身、パセリが大の苦手。
スープの浮身程度ならば平気だけど、もさっとした塊のパセリは食べることができません。
けっこうクセが強いし、念のため遠くにどけておいたのですが。

ほんのちょっと娘から目を離して、自分の食事を口に運んだ瞬間、たちまち漂うパセリ臭!!!
案の定、パセリが無い……。

「パパ、K子ちゃんのパセリ食べた?」
一縷の望みを託して聞いてみましたが、
「食べてない」
との返事。
そりゃそうだ。

もぐもぐと、パセリ臭を漂わせながら一心に口を動かす娘。
私の苦手なパセリ、どんな反応を示すだろう?
意外と平気だったり?
とか思っていたのですが。

「うぇ~~~~~~」
泣きそうな声をあげました。
慌てて吐きださせて、ほかの食べ物を口に入れてやりました。

やはりパセリはダメだったか……。
これでブロッコリーも食べなくなったらどうしようかと思っていたけど、
「これはブロッコリーよ」
と言い聞かせたら、今でもちゃんと食べてくれるので、ほっとしました。

しかし、2歳8カ月程度だと、パセリとブロッコリーの区別はつかないものなんだなぁ。
そう言えば私も、小さい時はスーパーでキャベツとレタスの区別がつかなかった。
まあ、そのうちわかるようになるだろう、きっと。


いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ



美少女図鑑

しばらく前に、「長崎美少女図鑑」と言うものを初めて見ました。
街中に置いてあって、パラパラとめくっただけですが。

感想としては、
「確かに可愛い!」
と思う子もいれば、
「それほどでも……」
と思う子も。
好みの違いでしょう。

しかし、そのときに初めて知った事実がありました。
美少女図鑑という名称だけど、年齢制限が無い。ママでもオッケー。
待てよ……と言うことは……。


うちの娘、イケるんちゃう?

何と言っても、我が家随一の美女!(女は私と2人だけだけど……)
うちの子のほうが可愛いと思える子も載ってたし。
負けた、と思う子ももちろんいたけど。

しかし、いくら年齢制限がないとは言え、うちの子はまだ2歳8ヶ月。
美幼女図鑑になってしまうな……と内心思いながら、旦那に、

「ねえねえ、この美少女図鑑って年齢制限ないんだけど、K子ちゃんならいけそうじゃない?」
と言ってみると。
「う~ん、それだと美幼女図鑑になるな……」

私と旦那は考えることが同じだった……(^_^;)

まあ……下手に美幼女図鑑なんて作って、万が一それを見て興奮するような変態を量産しても大変だし。
あと10年したら、応募してみようかな。
ちなみにこの美少女図鑑は自薦他薦は問わないそうで、旦那の妹は自主登録してるそうです。
まだお声はかからないそうですが、自信満々で羨ましいですわ。



いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ



旦那の会社が素敵な理由

先日書きましたが、旦那の会社はとても良心的で素敵だと思っています。

理由その1
扶養されている配偶者が、会社の健康診断を受けられる

こういうところって珍しくないですか?
少なくとも、私は聞いたことがありません。
私は専業主婦で、完全に旦那に扶養されている身です。
しかし、旦那の会社の健康診断を受けることができました。
とてもありがたいと思いました。


理由その2
会社から薬が送られてくる

会社から救急箱が送られてきて、しかも定期的に補充してくれるのです。
もしかしたら、その分給料から差し引かれているのかもしれませんが、なかなか便利です。


理由その3
障害者枠がある

障害者枠があるのは、大きな会社で良心的なところだと私は勝手に思っています。
彼らはラーメンを作っていて、社員にはときどきそのラーメンが送られてきます。
気に入ったら購入も可能。
しかも、下手なラーメン屋よりおいしいし、おまけに無添加なので、娘にも安心して食べさせられます。
理由その2に書いたお薬も、障害者の方たちが詰めてくれているそうです。
そんな紙がさりげなく添えられていて、
「そうか、一生懸命詰めてくれたんだろうな~」(←勝手な憶測ですが)
と思うと、何かほわんと暖かい気持ちになります。


しかし、ちょっと笑えることもありました。
ボーナス日の数日前、会社から手紙が来たのです。
「ボーナスの明細にしては早いな」
と思って開けてみたら、手紙が1枚入っていました。

その内容は、不況のあおりで今季のボーナスは夏より減ります、会社も大変なのでこれが最大限です、しかし持ち直してきているので、きっと次はもう少し上げられると思います、みたいなものでした。
わざわざそんな手紙を送ってくる会社って珍しいですよね。

そして、その数日後、ボーナスの明細が送られてきました。
私がそのとき何を思ったかと言うと……。

経費削減のために、手紙と明細を一緒に送ればよかったのに。
でした。
1人分はたかが80円だけど、社員はたくさんいるんだから、数万円は削減できたのではないかと。
ちゃんと明細より先に伝えなければいけないという誠意の表れなのかもしれないけど、ちょっと笑ってしまいました。

これで、もう少しお給料が高かったら言う事なしなんですけどね。
ま、ぜいたく言ってたらきりがありませんから。
いい会社にいるってだけでも感謝しないといけませんね。


いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

冬のボーナスがパー♪

ボーナスがパーと言いつつ、なぜ語尾が「♪」なのかと言うと。
贅沢にぱ~っと使っちゃったからなのです。

不況の昨今、ボーナスは無いことも当たり前。
うちの旦那の会社、とてもいい会社なのですが(なぜいい会社と思うのか、詳細はまた別の日に書きますね)、お給料は決して高くない。
ボーナスも多くは無く、しかも夏より減ってしまいました。
しかし、今回は全部使ってしまうことにしました。

その理由としましては、前から欲しいと思っていた電子ピアノを買う事にしたことと、旅行に行くことにしたからなのです。
夏のボーナスで買うつもりだったDSを我慢したので、その分冬のボーナスでは私の分を多めに……と思っていました。

夏のボーナス分と冬のボーナス分、それに申し訳ないけど娘へのクリスマスプレゼント分も含めて、電子ピアノを買うことにしました。
娘へのクリスマスプレゼントも兼ねるのは完全に親の身勝手ではありますが、娘のおもちゃになってしまうことは容易に想像できますし。
何よりも、ピアノは私が教えられるし、最近私自身もピアノを弾きたい気持ちになっています。
そういうわけで、ずいぶん前から考えていた電子ピアノを、思い切って買う事にしました。
昨日、もう買っちゃいました♪
届くのは来週末。
楽しみです\(^o^)/

そしてもう1つ、旅行のことなのですが。
東京ディズニーシーのクリスマスショーが、今年で最後だとテレビで言ってるのをしばらく前に見て、
「行きたいな~」
と言っていたのです。
「冬のボーナス次第で」
と旦那と言っていたのですが、その後妊娠が判明し、諦めていたのですが。
いろいろあって行ける状態になったので、思い切って行くか! と言う事になりました。

昨日の段階で、JRの旅行会社に行って、ずいぶんいろんなプランを検討したのですが、飛行機を抑えることができず(T_T)
新幹線なら抑えられたけど、長崎からだと7時間かかるから、娘が絶対無理。
旦那は、
「年明けの5日以降、人が少ない時に行こうか?」
と言ってくれたのですが、今年最後のクリスマスショーが見たくて行こうと思ったのだから、それだと本末転倒だな……と私は思って。
旦那は、悔しいからいつでもいいから行きたかったみたいだけど。

そして今日になって、ふと
「他の旅行会社ならどうだろう?」
と思って、JTBに電話してみたら、なんとギリギリで予約が出来ました!
23日~25日の日程で、ディズニーランドに行ってきます!
本当にばっちりクリスマス。
しかも、JTBのほうが安く済んで、本当にラッキー♪
JRのほうで予約できなくて良かったかも。

クリスマスシーズンできっと人が多いだろうけど、本当に嬉しい。
電子ピアノと旅行で、ボーナスがパーどころか、完全に赤字だけど(長崎からだと、旅費高いし……)。
でも、いいんです。
毎月頑張ってやりくりしてるから、少しだけど貯金もあるし。
行きたいと思ったときに行かなきゃ。
今の気持ちを大切にしなきゃ。
無理しすぎちゃダメだけど、ちょっとの無理ならなんとかなります。

人生3度目、1年ぶりのディズニーランド♪
初めてのディズニーランドでのクリスマス♪
今からわくわくです。
最高のクリスマスになりそうな予感♪♪♪



いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

お返事できなくてごめんなさい

せっかくコメントいただいたのに、お返事してないところがあってごめんなさい。
嫌なコメントがあったとかそういうわけではなく、読むと泣いてしまうので、どうしてもお返事が書けないのです。

もっと気持ちが落ち着いたら、書けるようになるのかな?
でも、それはずっと先のことになりそうです。

励ましのコメントをしてくれた皆さま、本当にありがとうございました。
お返事できなくてごめんなさい。

証拠隠滅する娘

数日前のことです。
娘を昼寝させようと寝かしつけていたら、私の方が眠くなってしまって。
娘が布団から抜け出したり、また戻ってきたりしていたのはわかっていたのですが、どうにも体が動かず……。

続きは隠しにしておきます。
お食事前、お食事中の方はやめたほうがいいと思います。


いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

続きを読む »

おかげさまで

皆さまが心配しているよりは、ずっと落ち着いた状態にあります。
そりゃ、最初は泣きもしましたけど……。
皆さまの温かい書き込みを見て、励まされ、いろんなことに気づかされました。

終わったわけじゃないんですよね。
ただ、振り出しにもどっただけ。
また、やり直すことができる。

空に還ってしまった子供は、可哀そうだったけど。
でも、1度は私たち夫婦を選んで降りて来てくれたのだから、また時期が来たら降りて来てくれるのではないかと思っています。
痛い、苦しい思いをさせてしまった分、産まれてきたらうんと可愛がってあげようと思います。

本当に親孝行な子で、私の体を全く傷つけずに還ってくれました。
経過も順調で、手術等の必要もないそうです。
そんないい子だから、絶対に、また降りて来てほしい。

1人目の娘が考えられないくらい頑丈で、妊娠に気づいてなかったときにずいぶんお酒を飲んだり、無茶なこともしていたのに無事に産まれてきたことを、心のどこかで普通のように思ってしまっていて。
でも、そうじゃなくて、それは普通のことじゃなかったんだな……と、改めて気付かされたように思います。
自分自身の頑丈さと娘の強さを、どこかで過信していたようです。

生活は何が変わったわけでもなく、娘は相変わらず暴れん坊だし、家事も育児もしなきゃいけないし、あまり長く落ち込む余裕もなく、普通に生活しています。
1ヶ月くらいかな、少しだけ時間が撒き戻った感じです。

とは言っても、コメントに個別にお返事するほどの余裕はまだありませんので、こちらでお礼を述べさせていただきます。
コメントをくださった皆様、本当にありがとうございました。

ダメでした

赤ちゃん、ダメでした。
空に還ってしまいました。

突然出血があって、慌てて病院に行ったのですが、もう赤ちゃんがお腹にいないと言われました。
血液検査の結果、その日ではなく、もっと前に自然流産してしまったと……。

私自身全く気付かなかったくらいなので、痛みも生理痛程度で、体への影響はほとんどない状態で、入院することもありませんでした。
私が何かしたからダメだったわけではなく、赤ちゃん自身の生命力の問題だと、先生から慰められました。
お母さんの負担にならないように、そう言ってくれるのでしょうね。

一度も心音や形の確認もできないままだったので、私自身の精神的な負担も小さいのではないかと思っています。
私よりも、赤ちゃんのほうが苦しくて悲しかったことでしょう。

まだ安定しない状態で報告してしまって、おめでとうって言ってくださった皆様、無駄になってしまって本当にごめんなさい。

やっぱり不思議、子供の能力

最近いろんな人に妊娠の話をする機会があるので、「子供が先に妊娠に気付いた」話を聞く機会も増えています。

Aさんのお話。
Aさんの子供が3歳のとき。
Aさんの姉夫婦は結婚して数年、子供がなかなかできなくて悩んでいたそうです。
あるとき、Aさんの子供が
「おばちゃんのお腹に女の子がいる」
と言いだしたそうです。
それからしばらくして妊娠が発覚し、女の子を出産したのだとか。

Bさんのお話。
Bさんの第1子が4歳の頃。
「ママのお腹にプーさんがいる」
と言いだし、何だろうかと思っていたら、しばらく後に妊娠がわかったのだとか。

そんな話を聞いていて、ふと私も思い出したことがあります。
それほど小さいとは言えない時期なのですが、私が小学校高学年の頃。
年の離れた従姉が、2人目を妊娠したと母から聞かされました。
私が聞いたのはそれだけだったし、その頃はまだ3カ月程度で性別などわからない時期なのに、なぜか私は
「女の子だ!」
と思ったのです。
なぜそう思ったのか、全く理由はわからないのですが、どういうわけか何の疑いもなくそう思ったのです。
産まれる前に、可愛い女の子用のエプロンなどを買って贈ったりしたのですが、産まれたのは本当に女の子でした。
よく思い出してみると謎だ。

やっぱり、子供は何か感じるものがあるのでしょうか?
説明のつかないことだけど、実際に起こったことなので、やっぱりあるんだろうなぁ。
今はそんな力がなくて、自分の子供が男か女かわからないのが口惜しい……。
でも、なんとなく。
男の子では? と思ってる自分がいます。
でもそれは、単に願望に裏付けされたもののような気もするので、大きな声では言わないようにしておきます。


いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

HOME このページの一番上へ