桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

卒乳再び

前回ちょっと書き忘れてたけど、最近のS太のこと。
バイバイとごちそうさまができるようになりました。どちらも意味はわかってないと思うけど、食後にこちらが手を合わせて見せると真似します。バイバイも同じ。真似したとき、思いっきり褒めると嬉しそうにしてます。
その笑顔がたまらなく可愛い

あと、ベビーカーやチャイルドシートに乗せると、自分からベルトをしようとします。
見てておもしろい。

さて、そんなS太のトラブル。
実家に帰って、近所のショッピングモールに行ったときのこと。
ほんの短い距離だけどカートを借りて乗せてたら、一瞬商品に目を奪われた隙に落下……。
一瞬の油断が命取りでした。
ちゃんと座ってはいたのですが、ほんのちょっとの距離だからって、カートのベルトをしなかったんですよね……。多分、椅子から立ち上がったのでしょう。
椅子の位置が低いものだったのが幸いして、怪我は無かったのですが、落ちた瞬間は救急車を呼ぶべきかと悩みました。
すぐに泣きだしたのでしばらく様子を見て、泣き止んだ後は普通だったので結局病院には行きませんでした。
あれから1週間経ちますが、元気です。
今後はどんなに短い時間でも、ちゃんとベルトをしようと思います。
怖い思いさせて本当にごめんよ……。


それから、タイトルの本題。
卒乳が順調に進んでいます。
与えなくなってすでに4日経ちますが、何も問題無く、おっぱいもそれほど張りません。
強く押さえたら痛いかな、くらい。

与えなくなったのは、やっぱり実家にいるとき。
じじばばがすぐ食べ物を与えるからお腹いっぱいになるようで、あまりおっぱいを欲しがらなくなり。
1日2回だったのが、1日1回に自然に減って。
最後に与えたときも、左右1分ずつくらい、申し訳程度に吸うだけだったので、もしかしてもういらないんじゃないのかな? と思って、それ以来与えなくなったのですが、特に欲しがるそぶりもありません。
しっかり食べてるからかな、やっぱり。

あまり痛みが無いのが嬉しい誤算。
やっぱり、ちょっとずつ回数を減らしたり、そういう順序ですごく大事
こちらに帰って来て、食べる量が落ちついても、おっぱいを欲しがらないのでほっとしてます。
嬉しくて最近お酒を飲み始めました(*^_^*) おいしいー。

7月の失敗したときは「断乳」って感じだったけど、今回は本当に「卒乳」って感じです。
娘の時はもう少し手こずったから、すごいな~と思います。
S太は生後半年までは、寝返りすらせずにつねに抱っこ抱っこだったけど、今はあまり手のかからない子になっています。
まあ多少手がかかっても、元気に育ってくれて、犯罪とかに手を染めたりしなければそれでいいんだよ。



いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

S太、1歳

数日前に、S太は無事1歳の誕生日を迎えました。
元気に育ってくれて、本当に感謝しています。
毎日可愛い笑顔を見せてくれてありがとう。とても幸せです。
産まれてきてくれてありがとうね。

誕生日祝いは、少し早いけど、旦那の実家に行ったときにしました。
旦那の末の弟君と誕生日が近かったので、一緒に。
まあ、少し早いけどいいよね~と、お祝いして生クリームのケーキも食べさせました。

誕生日当日は何もしてません。
誕生日前日、もう1度家族4人でお祝いしました。
そして当日は、朝からおめでとう~とかした後、旦那は仕事、私と子供たちは私実家へ。
誕生日を狙ったわけではないのですが、日程の都合でそうなりました。
実際、私の実家ではおめでとうの言葉だけでお祝いはしてません。

S太は相変わらず。
あんよはもう少しかな~。
最近ますます行動的になってきて、ちょっとトラブルもあったけど、それはまた後日書こうかと思います。


いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

オリンピック終わりましたね

あっというまに終わった印象です。
お盆休みで旦那の実家にいる間に閉会式だったかな。
なんて言うか、すごかったですよね、日本。メダル過去最多だっけ?
いろいろ冷遇されててあの成績だから、まともな状態だったらもっと良かったんじゃないかと思ってしまいます。
以下、今回のオリンピックの裏話いろいろ。
長くなると思うので、隠しにしておきます。
興味があって時間のある方だけ読んでください。


いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

続きを読む »

いろいろ変化

夏休みになったので、娘を遊ばせる目的で、久しぶりにお遊び教室に行きました。
顔見知りの民生委員さんがいて、1年ぶりくらいに会ったのですが、
「お母さんの顔が変わった」
と言われました。
まだ娘しかいなかった頃よりも、優しい顔をしているそうです。

ちょっと考えてみたら心当たりありまくりです。
娘は本当に小さい時からママいらずで行動的で猪突猛進、ちょっと目を離した隙に自分から離れて何をしでかすかわからない子だったから、私は不安な顔でいつも娘の後ろを走って付いて行っていました。
反対にS太はいつまでも「ママ、ママ」で、こういうお遊び教室でも私から離れようとしないので、いつも目の届くところにいると言う意味で、気持ちに余裕があるんですよね。

今では娘も成長してすっかり落ち着いて、私が離れてても大丈夫だし。
この前も、引越して行って1年ぶりに会ったママ友から「K子ちゃんは1年前とは別人のように落ちついたね」と言われてしまいましたよ……。幼稚園での集団生活って、やっぱりすごいです。
毎日一緒にいたらいまいち変化がわからないけど、1年ぶりに会うとそう見えるみたい。
まあ、幼稚園入園前までは多動性障害とか疑ってたくらいだから……。

娘が小さかったときよりも、2人に増えた今のほうが気持ちに余裕があるのは確かです。
初めての子と2人目の子の違いもあるかもしれないけど、子供の個性による違いのほうが大きいなぁ。
もうぜいたく言わないから、2人とも元気に成長してくれたらそれでいいよ、と達観しつつある今日この頃です。


いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

習得

早いもので、S太もあと半月も待たずに1歳の誕生日です。

最近習得したこと。
私の実家にいた7月の22日~29日の間のことなのですが(11ヶ月とちょっとの頃ですね)、「バイバイ」がきるようになりました。
まあ、気まぐれにするときとしないときがあるけど。

それから、おしゃぶりを自分で微調整するようになったのが何かおかしい。
自分でくわえて、向きが逆だったり、ずれてたりすると、自分でなおしている。

あと、数ヶ月前から、オムツ換えのときに脱走するようになりました。
いつ頃からだったかなぁ。寝返りを覚えてすぐではなかったけど、寝返りが上手になってからはわりと脱走します。10ヵ月くらいからかな。
K子もしてたなぁ……くっつけたまま脱走。
元気でよろしいのですが、やっぱり被害が出ると困りものですね。
最近、オムツをテープタイプからパンツタイプに変えて良かったかも。


いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

キッズ携帯

娘が夏休みに入り、ふらふら遊びに出かけたりするので、心配で防犯ブザー付きキッズ携帯を買いました。
かなり安かったことと、かけられる相手を限定すれば通話料も家族割でゼロで済むからなのですが。
私や旦那の携帯番号は登録して、メールと通話が可能。
メールのやり方を教えたら、ひらがなもカタカナも書けないけど読める娘は意外に使いこなし、私や旦那の携帯によくメールが入ってきます。
特に初日は余程嬉しかったのか、「ままだいすき」のメールが何度も入りました
ちなみに、再送信機能は理解していないので、同じ文面だけどその都度文字を打ち込んでます。

最近は、夏休みで暇だからなのかもしれないけど、毎日旦那の携帯に「おしごとがんばてね」(小さい「っ」が打てなかった)とか、「ぱぱはやくかえてきてね」とか入れてるようです。
小さい「っ」の使い方も教えて、最近は「がんばってね」と打てるようになりました。
成長だなぁ。
子供って案外機械を覚えるの早いですよね。ゲームとかやらせると早いのと一緒で。
娘は、旦那のスマートフォンやパソコンもそれなりに使ってます。見たい動画とか限定でだけど。
「終わったら落としといてね」とか「スリープにしといて」とかも、言えばちゃんとできます。

ただ、1度だけ間違って110番通報してしまったようです。
娘が携帯をいじって誰かと話をしていて、登録してある番号が、私、旦那、旦那のお母さんの3人だけだったから、通話相手が女性だったので、てっきりお義母さんだとばかり思って、
「ごめんなさい、娘が間違ってかけてしまって……」
と謝って切ったのですが、後から通話履歴を見て仰天しました。
なんて迷惑なことをしてしまったんだ……orz
よくわからないけど、使い方によって110に電話が行くことがあるようで。
それからは余計なことはしないように使い方を教えて、それ以外は触らないようにさせてますけど。

防犯ブザーの使い方も教えて、
「誰かに連れ去られそうになったりしたときにはこのヒモを引きなさい」
とは教えてるけど、実際にヒモを引かせたことがないから、実際できるかどうか。
かと言って、練習でヒモを引かせるのも近所迷惑だしなぁ……。
買ったはいいけど、防犯ブザーとして役に立つかどうかは今のところわかりません。
連絡用の携帯としては重宝してます。


いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

夏風邪と卒乳

もう先月の話になりますが。
7月16日(月)からK子が発熱、翌17日(火)からS太が発熱。
私もうつされないように気をつけていたのですが、やはり毎日一緒にいて世話をしてうつされないと言うのは難しいようで。
20日(金)の夜から私の体調がおかしくなり、21日(土)朝には発熱。ちなみに、子供2人はこの段階で熱は下がってました。

実はこの21日から嬉野に旅行に行く予定で、もう旅館も押さえていました
朝の段階ではまだ熱はたいしたことなかったのですが、体のだるさと関節の痛みがひどく、特に腰が痛くて朝の準備がなかなかできない状態。
そんな私を見て、
「薬を飲まないなら旅行はとりやめ!」
と、私の体調を心配する旦那が……。

市販の薬を飲むと、授乳ができなくなります。
土曜日だから病院は開いてるし、病院に行けば授乳に影響のない薬ももらえるけど、そこまで時間の余裕も無く。
しかし、今思えば、少し遅くなっても授乳に影響のない薬をもらいに行くべきだったかな。
結局私は市販の風邪薬を飲み、旅行に行くことにしました。

嬉野に着いてからも私の体調は思わしくなく、旅館に事情を話して早くチェックインさせてもらい、休むことに。
体温計や氷枕も貸してくれて、本当に助かりました。
私が旅館で休んでる間に、旦那は子供2人を連れて観光に。一緒に行きたかったけど、とても無理でした。
体温を測るのは怖くてできなかったけど、体感的には39度近い感じでかなりきつかったです。
娘が高熱を出した時、ずっととろとろ寝てる理由がわかりました。
本当にだるくてきつくて、寝てるしかできませんでした。

夕食は楽しみにしていた旅館の御馳走だったのに、半分も食べられず、本当にショックでした。
幸いにも翌朝には熱もひいていたのですが、前日に旦那と子供たちは観光して温泉に入って旅館のイベントのスイカ割りをして……と楽しんでいたので、うらやましかったです。
私がいなくても、子供のためにそれだけ動いてくれる旦那には感謝の言葉しかないけど。

この日も熱は下がったけどまだ念のため薬を飲んで、授乳しないこと2日目。
S太もぐずったりしたけど、外だから気がまぎれる様で、そこまでてこずらなかったかな。
この22日から、私の実家へ。娘が夏休みなので、そのまま1週間ほど滞在することになっていました。
旦那も夏休みで4連休だったので、その間は私の実家へ。

せっかく2日間断乳したし、離乳食も十分な量を食べているし、このまま卒乳しようということになりました。
しかし、この時点でおっぱいはパンパン。本当に痛くて、車で移動するときにシートベルトが辛いくらいでした。
それでも、お休みで旦那とデートしたりして気を紛らわせていたのですが。

3日目に少し搾乳したのですが、その夜にはどうにもならないくらいパンパンどころがゴリゴリになってしまって。
特に右は全体的にガチガチ、左は部分的にゴリゴリで、このままでは乳腺炎になるのではないかと不安になってしまいました。
娘の時はどうしてたかなと自分のブログを読み返して、1歳過ぎてから授乳回数を2回に減らしていたので、「パンパンで頭突きされると痛い」とは書いてあったけど、シートベルトが痛いなんて書いてなくて。
何よりも、娘は歩き始めた頃だったけど、S太はまだ抱っこ抱っこで、本当に抱っこするだけで拷問のように痛くて。
まだ授乳回数も4回だったのを突然やめたのも響いただろうし、S太が歩くようになって、抱っこが減って、授乳回数も徐々に減らしてから卒乳したいと旦那に話して、4日目の朝からまた授乳を始めました。

ある程度手でしぼって薬の影響は抜けたかな、と言う感じにしてからS太に飲んでもらいました。
たまってたおっぱいなんておいしくないだろうに、好き嫌いのないS太はごくごく飲んでくれて、飲み終わった後には本当にゴリゴリもなくなってスッキリ。
「ごめんね、ありがとう」
ってS太に泣きながら言いました。
風邪薬のせいとは言えいきなりおっぱい飲めなくなって辛い思いさせて、今度はこっちの都合でまた飲ませ始めたのだから、申しわけなかったです。

ただ、徐々に授乳を減らす方向に持って行くつもりだったので、授乳再開から授乳回数は1日2回にしてます。
このまま、S太が歩き始めたらいつでも卒乳できるようにしておこうと思ってます。


いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

HOME このページの一番上へ