fc2ブログ
11≪ 2019/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2019-12-29 (Sun)
やや汚い話注意です。
大丈夫な方だけ読んでください。

うちの会社では毎年10月に健康診断があります。
その結果が11月に返ってきたのですが。
血液検査等の結果はオールA判定、どこに出しても恥ずかしくない結果だったのですが。

なんと、大腸がん検査で引っ掛かりました。
もちろん人生初めてのこと(嬉しくないけど)。
私は父が10年くらい前に大腸がんをしてるので、遺伝的にはなりやすい可能性がある。
ただ、便秘や血便やタール便等の自覚症状はないので、もし大腸がんだったとしても初期だろうとは思いました。
父親が生きてるなら私も大丈夫だろー、とも。

どんな検査をするんだろうかとネットで調べたら、一般的に軽く麻酔をかけて内視鏡検査をするので、車の運転はできませんとのこと。
仕事は休んだとしても、平日は毎日子供の学童や習い事の送り迎えで車が必須の田舎なので、旦那に休みを取ってもらうことにしました。

そして近隣で大腸がんの内視鏡検査をしてくれる病院を調べて予約をとってみると、なんとその病院は麻酔をしない方針とのこと。
慌てて旦那に「休みはいらなかった、ごめん」と連絡したけど、すでに有給申請をした後で取り消せなかったとかで。
結局、有給を別の日にずらしてもらうことにしました。

そんなこんなで、検査日の数日前に必要な薬をもらいに行きました。
下剤の飲み薬と、1.8リットルの液体の下剤を処方されました。
1.8リットルって……夏ならまだしも、冬場はちょっときついなと思いました。

下剤の飲み薬は前日夜に。
検査当日の朝から液体の下剤を飲みきるように、との指示でした。
夕食も繊維の多いものは控えるようにと言われましたが、下剤を飲むなら一緒だろうと、あんまり考えずに食べました。

当日の朝は食事をとらず、とにかく下剤を飲む。
スポーツドリンクみたいな味で飲みにくくはなかったけど、やっぱり量がね……。まあまあ大変でした。寒くて体冷えるし。
そして、何度も何度もトイレに行く。
おしりが痛くて辛かった。

そして午後から検査。予約してたのに結構待たされたのは理由がわからない。
お尻に穴が開いた検査着に着替えてベッドに寝て横向きになり、体操座りのようなポーズをとらされて検査開始。
まず、腸の動きを抑えるとか言う注射をされました。
その後の内視鏡は、入れるときは痛みより違和感が強かったけど、奥に行くほど痛くなる。
さらにカーブしてるところとかで
「はい、ここ痛いですよー」
と先生に告げられると、本当に痛い。
なるほど、麻酔をする病院が多いのも納得でした。
内臓の中をグリグリされるんだから痛くないわけがないか……。

でも、先生が言うには、麻酔よりも痛いのをちょっと我慢するほうが体へのダメージは少ないとかなんとか。
この先生の個人的な意見だとは思うけど。
そして検査中、不自然なほど先生がしゃべる。
それも後から教えられたけど、お腹の痛みに集中させずに気を散らすためなんだそうだ。

父親が大腸がんをしたことと、便秘等の自覚症状が出てから病院に行ったこと、今は元気であることなどを話すと、
「それは運が良かったですね」
と言われました。
大腸がんは現在の死因で順位が高く(女性は1位だったかな、男性は肺がん)、その理由として自覚症状が出てからでは手遅れの場合が多くて、だから多くの自治体や会社の健康診断で簡易的な検査をするのだと。

あと、便での簡易検査で引っ掛かっても、本当に大腸がんである可能性は5%程度だと言ってました。
その例に漏れず、私も大腸がんは見つからず。
ただ、小さいポリープがいくつか見つかり、まだ取るべきサイズではなく、又ガンにはなりにくいポリープだと思うけど、念のため来年も内視鏡検査を受けることを勧められました。大きくなるようなら取ったほうがいいと。
またあの痛い思いをするのか……来年は旦那に有給とってもらって、別の麻酔してくれる病院で受けようかな。

とりあえず大丈夫とのことで、受付での待ち時間に旦那に知らせようと携帯を取り出したら、なんと画面が見えない!
遠くに離すと見える状態で、つまりはすごい老眼のような症状。
たまたま看護師さんが別件で説明に来てくれたので尋ねたら、
「腸の動きを止める薬の影響で、しばらくしたら戻ります」
と言われたけど。
つまり、筋肉の動きを止めてるようなものなので、目のピント調節機能も落ちちゃったんだろうね……。
老眼ってあんなに見にくいんだ。ビックリしました。
ど近眼なせいか老眼には今のところ縁がないので。

実際しばらくしたら戻ったし、遠くは見えるから運転に支障はなかったけど。
あと、その後2日くらいお腹が痛かった……。
やっぱり無防備な内臓をグリグリされたからだろうなぁ。
何もなくて良かったけど。
もうしたくないけど、また来年か……嫌だなぁ。
* Category : 健康
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ソブラニー
検査後の痛みは大変でしたね。
もし私が何かの機会で大腸がん検査を受けるならば金曜にしようと思いました。
(自分自身は土日休みと仮定する)
又はGWや年末等の大型連休前ですね。
2日も後を引くのではかなり過ごしにくいですもの。

良い事を知る事が出来ました。
ありがたやありがたや。

ソブラニーさん * by ミル
お役にたてて何よりです。
2日ずっと痛いわけではないのですが、ふとしたときに痛むんですよ。
やっぱり麻酔をしてくれるほうが楽だと思いますよ。
先生はダメージ的には麻酔なしのほうがいいようなことを言ってたけど、そのときの痛みのあるなしってやっぱり大きいです。
無痛分娩のほうが普通分娩より回復が早いと言いますし。
ないほうが良いですが、もしあるときは麻酔ありで金曜日おすすめです。

個別記事の管理2019-12-26 (Thu)
皆様、クリスマスはいかがお過ごしだったでしょうか。
良いクリスマスだったことを祈ります。

我が家は24日にご馳走とケーキを食べました。
ご馳走は子どもたちリクエストのピザ。
うちの子たちは二人とも大好き。
たまたま少し前に近所の「取りに行ったら1枚無料」のピザ屋さんの券を抽選で当てたので、23日に2枚予約して24日の夕方取りに行きました。

作ってるところが見える作りで、若いお兄ちゃんたちが忙しく働いていました。
自分達もクリスマスパーティーしたいだろうに、一生懸命ピザ作ってくれてるお兄ちゃんたち、ありがとう。
子どもたちがとても喜びました。
そう言えば現在大学生の旦那の末弟君もピザ屋でバイトしてたなぁ……同じようにクリスマスも頑張ってたのかな。

スパークリングワインとジュースを開けて、野菜が取れるようにミネストローネと、Mサイズのピザ2枚、それにチキン(冷凍のチンするだけのやつw)。
多いかなと思ったけど家族4人でペロリでした。
でも、私と子どもたちはケーキを残してしまい、翌日のおやつになりました。
ケーキまで食べられたのは旦那だけでした。

普通の楽しいクリスマスだったと思います。
クリスマスが終わると、今年もあと少し感が増します。
あと少し、頑張って駆け抜けましょう!
色々あったけど、1年無事に終わりますように。
* Category : 普通の日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2019-12-23 (Mon)
年賀状も出し終わり、大掃除も、まあ気になるところは済ませて、これでいいかなと一息ついているところです。

少し前の話になりますが、先月あたりから夫婦で健康面でちょっと色々ありました。
確か11月の初め頃だったと思うのですが、旦那の日帰り出張がありました。
その少し前に会社の健康診断で胃に小さいポリープがあることが判明し、まあ様子見で良いとのことではあったのですが、元々胃が強くない旦那なので少し気になっていました。

出掛けるときは普通だったのに、昼頃LINEで
「胃が痛い、家に胃薬ある?」
と。
多分ないからそっちで早めに買った方がいい、ガス○ー10やガ○トールみたいな胃の粘膜を保護してくれるタイプのやつを買った方がいいとかなんとかやりとりして、こちらとしてはそれ以上できることもなく。
市販薬で治るといいなと思っていたのですが。

夜、子どもたちをお風呂に入れて下の子を寝かせ、22時過ぎに駅にお迎えに行きました。
駅から出てきて車に乗ってきた旦那、胃が痛くてたまらない様子。
ちょっと尋常じゃないなと思ったので
「救急病院行く?」
と聞いたら、
「行く」
と。
正直、私はお迎えだけのつもりで車から出ることはないだろうと思ってて、お風呂上がりでスッピン、服装はパジャマの上に上着を羽織った状態で、そのまま行くのは憚られたのですが、旦那の痛がり方を見てると「着替えに帰る」とも言えず、そのまま車で10分程度の救急病院に行きました。
娘には電話して事情と早く寝るように伝えました。

病院でも痛がり方が尋常じゃなかったので、急性膵炎や胆管炎、もしくは結石とかの可能性もあるとかで(うろ覚えなので病名が間違ってるかも)、血液検査やらCTだったかMRIだったかの検査をしたりして、結果が出たのは1時過ぎ。
胃のポリープの話もしたけど多分それとは無関係で、特に今すぐ入院や手術が必要な病気である可能性は低く、恐らく急性胃腸炎だろうと。
入院しても帰ってもどちらでもいいと言われました。
胃腸炎の薬と鎮痛剤は出してくれるとのことだったので、帰ることにしました。
多分だけど、旦那は回りを気にして眠れないタイプなので。

階段を上るのも辛そうだったので、一階の和室に客用の布団をしいて旦那を寝かせて、枕元にお薬とノンカフェインのお茶等を用意して眠らせました。
とりあえず翌日は仕事を休んで薬を飲んで安静にしてたら症状は治まったので、翌々日から出勤。
私は翌日出勤だったので、眠くてちょっと辛かった。

そして栄養士の免許が役に立ちました。
キャベツを使った料理や(皆様CMでご存じと思われるキャベジンは、キャベツにのみ含まれる胃の粘膜を修復してくれるビタミンUとも言われるものです)、消化の良い食事を心がけました。
あとは乳製品なんかも良い。
アルコールとカフェインと香辛料のような刺激物は厳禁。
コーヒーとお酒が飲めないのは辛かったようです。
旦那は麦茶が好きではないので、爽健○茶のペットボトルを買ってきて温めて飲ませてました。

数日後に念のためまた病院を受診したのですが、症状も落ち着いてるし胃カメラを飲む必要はないだろうと。
その後はなにもありませんが。
前に少し書きましたが、仕事のストレスだろうと思います。家ではストレス無いように気を付けてるし。
大きな病気じゃなくて本当に良かったけど、深夜料金なのか病院代が2万近くかかったのには驚きました。
仕方ないけど痛い出費です。

あれから一月以上経つので、もう大丈夫かなと思いますが。
できればもうあってほしくない出来事でした。
* Category : 健康
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2019-12-15 (Sun)
うちの旦那は子どもの頃から週刊少年ジャンプの読者で、30代の今も変わらず。
ここ数年は娘も読むようになり、私も暇潰しに読むので、我が家は少年であるS太以外の3人がジャンプ読者(笑)。
まだ2年生だから、そのうち読むようになる可能性は高いけど。

前にも書いたけど、6年生の娘は「鬼滅の刃」と言う漫画がお気に入り。
元々は旦那が単行本を買い始めたんだけど、最近では娘がファンブックを買ったりグッズを集めたり。
学校でも仲間がいて、話ができるのが嬉しいらしい。
売り上げがすごいらしくメディアで紹介されることも増えた。

先日、ネットのとある場所で鬼滅の刃の話があったので、「うちの娘も好きでー、学校でも人気らしくてー」的なことを書いたら、嘘つき呼ばわりされた。
実際読者層の多くが年齢高めの女性らしく、「オタク女が必死だな」みたいに揶揄されてる感じだった。
読者層の多くが年齢高めの女性でも、男性で読む人がいないわけじゃないし(うちの旦那とか)、小学生だって読まないわけじゃないし(うちの娘とか)。
何か納得いかないけど、嘘じゃないと証明もできないのでスルーしたけど。
やっぱりちょっとムカつく。

そして今年のクリスマスプレゼントのリクエスト、娘は鬼滅の刃の女性キャラのコスチュームwww
私も旦那もゲームや漫画好きだから遺伝かもしれないけど、2人ともコスプレはしたことがない。
私はちょっとやりたいなーと思ったことがあるけど。
2人分足して色濃くでてしまったのだろうか。

さらにびっくりしたことに、そのコスプレ衣装をネットで注文したら、なんと届くのが年明け!
コスプレ衣装も人気なんだろうなぁ。
娘にはクリスマスには届かないことを伝えました。
去年まではサンタさんから届く感じにしてたけど、娘はもうパパサンタママサンタだと気づいてたし、まあちょうど良い機会かなと。
下の子にはまだ言うなよと言うことで……。

そのうち娘がコスプレしたら、顔だけ隠してアップしようかな。
* Category : 普通の日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できますさん * by ミル
うーん、なんとなくですけど、噛みついてきたのは男性のような気がします。
ファン層はオタクの高齢女ばかりとばれてるのに、そうまでして男や子どもにも人気ってことにしたいのか、って嘲笑されてるように感じました。
今はそういう人、たくさんいるんですね……。

東京ビッグサイトは、さすがに行かないと思います(笑)。
我が家が東京に行くときはディズニー目当てばかりです。
福岡ドームのイベントくらいなら将来行くようになるかも。
かなり昔ですが、私も友人がお店出して、売り子の手伝いに行ったことあります☆

個別記事の管理2019-12-12 (Thu)
バレエの発表会も無事終わり、やっと平穏な生活に戻ったところですが、年末で色々慌ただしいです。
そろそろ年賀状も作らないといけないし、大掃除も……。

バレエは、終わった後の達成感が半端ないです。
山に登る人の感覚に似てるかな、多分だけど。
この達成感にはまってまた頑張る、って人も多いだろうなぁ。
実際、市民サークルレベルのうちの教室から本校に移る人がいるそうです。
親のやる気も大事なんですよね、送迎だって時間かかるし。
練習は大変だけど、喉元過ぎれば熱さ忘れる。
わたしは覚えてるので来年は断りますが。
発表会後に先生と話して、うちの娘は近いうちに退会する旨も伝えたので一安心です。

さて、この前子ども部屋の大掃除をしました。
あまりにも汚いので子どもたちに指導しながら片付けましたが、まあ出るわ出るわ、ゴミの山。
ゴミ袋5枚くらい使いました。
我が家はゴミ袋が全国でもかなり高いほうにあたる地域なので、小まめに出してくれてたらこんなにならなかったのに……と、ケチ臭いことを考えてしまいました。

そもそも掃除片付けが嫌いな私、自分が汚した分ならまだしも、子どもが散らかしたものを片付けるのはものすごくストレス。
下の子の部屋は、とにかくおもちゃで足の踏み場もない。
上の子の部屋は学校からの手紙に始まり(見てないものもあった)、使い終わったティッシュやノート類、買ってきた漫画本の外装、お菓子のゴミ(友達が来たときのみ部屋での飲食を許可してる)、等々。
どうやったらこんなに溜め込めるんだ?
と不思議でなりません。

我が家は母が厳しかったので床に物があれば怒られていて、子どもにはそこまで厳しくとは思わず、片付け方を教えて片付けるように口で言うに留めておいたらこの始末。
本当になめられてるなぁ……。
自分がここまで汚した経験がないからどう指導すればいいのかもわからない。
ここには何を入れる、出したら次を出す前にその都度片付ける……等のコツは教えてるのですが。
とにかく二人とも「その都度」をしないからこうなってる。

とりあえず頑張って綺麗になったので、次からは毎週末チェックして片付いてなければおやつ無しとかお小遣い無しとかにでもしないとダメかな。
自分がそこまで言われずともやるタイプだったので(親が怖かったからだけど)、ここまでやらないとダメなのか……と、ちょっとガッカリしてます。
子は親に似ると言うけど、うちはあんまり似てないなぁ。二人とも言ってもやらないんだもん。
私が怖くないからなんだろうな……もっと怒るべきなのか悩むところです。
* Category : 普通の日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できますさん * by ミル
育児の手が離れるのはまだまだ先かな?
でも美容と健康のために続けたいなと。さすがに発表会はもう遠慮しますけど。

起立性調節障害、初めて聞きました。
ググってみましたが、うちの子も起こしそうな気がします。
一時期、お友達関係でつまづいて学校に行きたがらなくて。
幸い担任の女の先生が女子の難しい関係性を理解してくれて色々ちからになってもらえて、今は楽しそうに通っていますが。

そうなんです、うちの子も来年は中学生。
環境が変わると、また色々ありそうで不安です。

なるほど、片付けは本人が困る状況になれば……ですね。
汚部屋の住人にならないことを祈るばかりです。
やっぱり最低限のことは自分でできるようになってほしいなぁ。

個別記事の管理2019-12-07 (Sat)
難しい~~~orz

人生で初めて自分でつけまつげを使用することになりましたが、あんなに難しいとは思いませんでした。
理由は前にも書いた通り、バレエの発表会のため。
メイクは上手な人がしてくれるけど、つけまつげは自分でするように、と先生に言われまして。
結婚式のときはしたけど、プロの人がしてくれたからなー。

とりあえず100均でつけまつげとその専用のりを買ってみたけど(貧乏症なので)、全然うまくできない。
youtubeで動画を見たりもしたけどうまくいかない。
私が不器用なわけではなく、多分目の形状の問題だと思う。

私は片目が一重、片目が奥二重。
と言うか、今回初めて自分の片目が奥二重だと知りました。
ずーっと両目一重だと思ってた。
子どもの頃は間違いなく両目一重だったから(母親に言われてたし)、いつ片目が奥二重になったのか謎。
育児か仕事で忙しい頃になって、気付かなかったのかな。
そもそも私の場合はだけど、左右の目の見た目にそれほど違いがない。
一重も奥二重も大差ないから、いつなったのか全然気付かなかった。

で、つけまつげをつけると、奥二重のほうはその奥二重のひだに入り込む。
一重の方はまぶたにくっつく。もしくは指にくっつく。何度やっても。
だから何か、自前のまつげとつけまつげが離れた感じになってすごく不自然。
結局、上手な人にお願いしてやってもらうことになりました。

それにしても、世の中の女性たちはあんな面倒なことをしてるのか? と驚愕しました。
みんなすごいな……尊敬します。
自分でつけまつげを着けたときの違和感に、私は一生マスカラでいいやと思いました。
* Category : 普通の日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |