桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

とんでもない話が水面下で進められてる

これをご存じですか?

野田首相は、10月19日の日韓首脳会談にて、「日韓基本条約」を破棄し、韓国に対して「未来永劫、謝罪と賠償」を約束する『日韓新時代共同宣言』を画策するプロジェクトに合意しています。
【超簡単に要約】※大前提は「日本は極悪非道の犯罪国家」
・洗脳教育機関・洗脳マルチメディアの設立、日韓交流名目での文化侵略と 韓国人の日本への大量入国及び韓国による日本の内政干渉
・日本の有する知的財産・産業や宇宙開発等技術・海洋等の資源・経済力・防衛力など
ありとあらゆるものは韓国が共有し、開発については日本が技術・経済援助をする 
・韓国が国難(金融・財政・経済・外交・国防等)に陥った場合、日本が無条件で支援出来るための基金や機構を設立する 【外務省】
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_noda/korea_1110.html
【第2期 日韓新時代共同研究プロジェクト】※グロ注意
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/22/10/PDF/102201.pdf
要するに、韓国による日本への『複合”寄生”ネットワーク』の構築。つまり、韓国が日本の血税を吸いまくる『在日』のようになるということ… そして、『虎(日本)の威を借る狐(韓国)』はアジア侵略を企てています!
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/22/10/PDF/102201.pdf
基本構想
1.「日韓新時代」の到来
2.日韓関係 100 年の省察
3.日韓共生のための複合ネットワークの構築
4.日韓関係の未来構想
5.「日韓新時代共同宣言」の採択
I.日韓関係
1.歴史問題への新たな努力 2.ハイ・レベル対話の活性化 3.交流ネットワークの多層化  4.「キャンパス・アジア」の実現 5.東アジア知識銀行プロジェクト 6.マルチメディア協力の活発な推進と全面的な文化開放
7.日韓海底トンネル構想の長期的推進

ひめのブログ
を見て下さい。
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-date-201110.html


自分には関係ないと思いますか?
関係大ありですよ。
私たち世代は、オギャーと産まれたときからたまたま日本人で、そのときにはとっくに戦争は終わっていた。
それなのに、いつまでも謝罪と賠償を要求され、その都度私たちが払った税金から多額のお金が韓国へ流れて行く。
私たちも、私たちの子供の世代も、韓国に搾取される対象にされてしまうということです。
その上日本の子供たちには劣等感と、自分たちは残虐な日本人であると植えつけられて、この国がまともな方向に行くと思いますか?

もう1度書きますが、私たちは戦争とは関係のない世代です。
同じように、韓国にも戦争と関係のない世代が多いです。
それなのに、戦争で直接被害を受けたわけでもない人たちに、直接的な加害者でもない私たちが、なぜ謝罪と賠償を繰り返し、このような洗脳教育をされなければならないのでしょうか?
ただその国に産まれたと言うだけで。

日本人が、私たちや私たちの子供世代が韓国の経済奴隷になることが、戦争を繰り返さないために必要なことですか?
謝罪と賠償はとっくに「日韓基本条約」で解決済みです。
それを蒸し返してくるのは条約違反だし、韓国の国策に過ぎません。
それにこたえる必要性はないのです。
それなのに、このように簡単に国を売り渡すようなことを平気でする人間を信用できますか?

「自分には関係ない」で済ませないでください。
関係あることなんです。
そしてこれが通れば、私たちも子供たちも韓国の経済奴隷です。
自分が何をするべきか、どうするべきか、考えてください。
子供たちの未来を守るため、日本の未来を守るために。

民主党デモへの参加。
首相官邸、各省庁への抗議。
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

国会議員、特に地元議員への嘆願(FAXや手紙など、紙として残るものが効果ありです)。
できることはたくさんあります。
1人1人の力は小さいですが、数が力になることもあります。
政治家も直接の票田である地元有権者の言葉は無視できないのです。
日本の未来にも子供の未来にも興味が無い人は何もしなくていいです。
そのかわり、日本がどうなっても文句は言わないことです。


いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ