03≪ 2018/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2011-11-24 (Thu)
先日、ブータン国王が日本にいらしてくださいました。
国会で演説してくださったのですが、テレビでは一部しか放送されませんでした。
そのときに、マスゴミがあえてカットした部分があります。

「ブータン国民は、常に、公式の関係を超えた特別の愛着を、日本に対して抱いてまいりました。私は、若き父(先代の国王)と、その世代の者が、何十年も前から、日本がアジアに近代化をもたらすのを誇らしく見ていたことを、知っています。すなわち、日本は、当時外国の領地(植民地)であったアジアに、自信とその進むべき道への自覚をもたらし、以降、日本のあとに続いて世界経済の最前線に躍り出た数多くの(アジアの)国々に希望を与えてきました

赤文字の部分がカットされた部分です。
ほかにもカットされた部分が多数あります。
ご自分の目で確認されてください。

http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=FtxuPyRNszY
動画です。音量に気をつけてください。

アジアで反日なのは中国と朝鮮だけ。
それも国策として、嘘八百を並べた教育をして反日活動をしているのです。
それ以外の国は、日本に感謝しています。
それなのに、その中国朝鮮への土下座ばかりを続け、それ以外の国の感謝の気持ちはなかったものにするのが今の日本政府とマスゴミです。
1つ前の記事も見てくださればわかります。

本当に、見た目で区別がつきにくいことを利用した中国人や朝鮮人が、日本に帰化して国会議員やマスゴミの人間になったと言われても納得できるような売国ぶりです。
間違った自虐史観に染まってはいけません。
テレビや学校で与えられる知識を鵜呑みにせず、正しい歴史を自分で調べてみてください。
日本の歴史を1番正しく知らないのは日本人です。
私たちは、ある程度の謙虚さも必要ですが、もっと日本人としての誇りを持って生きるべきです。


いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する