桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

GWは9連休♪

今年のGWは長かったです。9連休! 楽しかったから短く感じたけど。
旦那の実家に6泊、私の実家に2泊してきました。
5月1日・2日は娘は幼稚園だけど、休ませました。
小学校に入ると義務教育だから休ませるわけにはいかないけど、幼稚園だからまあいいかなと。
旦那実家までは移動が一日がかりだから、行くとしたら最低4日は欲しい感じです。最低中2日はゆっくりしたい。
最初の3連休で私実家、後の4連休で旦那実家でも良かったのかもしれないけど、やっぱり休めるなら休もうと思いまして。

でも、休んで良かったです。楽しかった。
今回一番印象的だったのは、初めて行った青島。
青島神社、鬼の洗濯岩が有名ですよね(詳しく知りたい方はこちらをクリック→http://www9.ocn.ne.jp/~aosima/

本当にびっくりするような地形でした。
海沿いの県はたくさんあるけど、あんな地形は本当に見たことがありません。

もともと鵜戸神宮に行きたくて、青島は昼食に立ち寄っただけだったのですが。
駐車料金が1日500円だったので、それならついでに観光しないともったいないかな、みたいな感じになって、ぶらっと昼食後に青島神社に行ってきました。
行って良かったなぁ。天気がいまいちでちょっと風が強かったけど、雨は降らなかったし。

鵜戸神宮は、安産の神様として有名です。
兄嫁が夏に出産予定で、GWに私の実家で会えることになっていたので、私が握って分娩台に上がったのと同じ安産守が欲しかったのです。
運玉投げは知ってる人も多いんじゃないかな?(詳細はこちら→http://www.btvm.ne.jp/~udojingu/
運玉投げ、やりましたよ~。
100円で5玉。旦那が2玉、娘2玉、私1玉投げたのですが。

入ったのは、私の1玉だけ。しかも、跳ね返り等も無くスポっと。
私、今年は絶対についてると思う。
お願いしたのが私利私欲と関係のないことだから良かったのかも。
詳細を書くと願いがかなわなくなりそうなので書きませんが、青島神社でも鵜戸神宮でも、日本の未来についてお願いしてきました。
とても有意義な参拝でした。

さて、兄嫁に無事にお守りを渡した時に兄嫁に言われて気付いたのですが、鵜戸神宮の袋に菊の御紋が入っていました。
菊の御紋と言えば、天皇家の印。日本人のパスポートにも入ってますよね。
青島神社では買い物をしなかったので菊の御紋が入っているのかどうかはわかりませんが、青島神社も鵜戸神宮も、天皇家と縁のある神社です。
詳細は覚えてないけど、家系図みたいなものがあって、天皇家は神様の血筋の人ってことになってるんですよね。
イザナミノミコトとイザナギノミコトの子孫であるウガヤフキアエズノミコトとタマヨリヒメの間に生まれたのがカムヤマトイワレビコ(神武天皇・日本の初代天皇)らしいです。
ちなみに鵜戸神宮は、その神武天皇の母、タマヨリヒメが神武天皇を出産された場所だそうな。
だから日本でも珍しい、洞窟の中に作られた本殿に下って参拝する神社なのだとか。

天皇家が神様の子孫なんて本当かなぁと罰あたりなことも考えつつ、本当だったらすごいこと。
以前何かで読んだのですが、卑弥呼がなぜ王になれたかと言うと、人知を超えた力を持っていたからにほかならず、あの当時天皇となったからには相当な人知を超えた力があったからではないかと言う憶測が書いてあって、なるほど一理あると思ったのを覚えています。
実は神様の子と言うのもうなずけなくはない……かな。いやでもやっぱりなぁ。
俗っぽい考えだけど、神武天皇かもしくはその周囲の人、もしくはその子孫が書かせた物語と考えるのが普通かな。
その割には、「○○の縁の地」みたいなのが随所に残りすぎな気もするけど。
神武天皇が産まれた鵜戸神宮とか、天照大神が隠れた天岩戸とか、八百万の神が集まった天安河原とか。
天岩戸なんて未だに撮影禁止だもんね。やっぱり何かありそうではあるな。

しかし、宮崎と言うのはすごいですね。
高千穂は天孫降臨の地だし、あっちにもこっちにも神話と縁の地があります。
宮崎全体がパワースポット、などと言う人がいるのもうなずけます。
神様はなぜ高千穂に降りてきたのだろうか……と真剣に考えたことがありますが、実際行ってみた高千穂は本当に綺麗な場所で、神様が降りてきても不思議はないなぁと思いました。
実際、天岩戸神社の天安河原の空気はすごかったですよ。
うまく言えないけど、肌にびりびり感じるものがありました。
また行きたいものです。
息子を授かる前に2人目の子供が欲しいとお願いに行った場所なので、お礼参りに行かないとなぁとは思っています。

この日はトラブルもあったけど、それはまた後日にしたいと思います。


いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ