桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

「家族ゲーム」見てます

とりあえず、今期見てるドラマは「家族ゲーム」。
リアルタイムでは見られないので、撮り溜めて、時間のあるときにちょこちょこ。まだ全然追いついてませんが。
知らなかったのですが、リメイクらしいですね。
前作を知らないのでちょっと調べてみたら、主役が長渕剛さんってことに驚いた。
あの人、俳優もやってたんだ……。

それはさておき、まだ感想が書けるほど見てはいないのですが。まだ真意がわからないところがたくさんあるので。
ただ、ふと思い出したことがあるので書いてみます。
ちょっと長いしドラマとは全く関係が無いので、隠しにしておきます。
興味と時間のある方だけ読んでください。


クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

桜らいん



第一話だったか、次男君の登校拒否の理由が「おもらし」がきっかけでのいじめだったみたいな描写で。
そう言えば、中学生の時に同じようなことがあったなーと思いだしました。
確か1年生のとき。
担任は、新任の男の先生。まだ若くて20代前半だったけど、今では多分有り得ないような、竹刀を常に持ち歩いてるようなちょっと強面の体育教師。
まだ12歳だった私の第一印象は、「熊みたいなおっさん」だった。実際の年齢を知って驚いた。正直、そんなに若いと思ってなかった。

確か、冬の寒い日だったと思う。
クラスのおとなしい男の子が、おもらしをしたようだった。私ははっきりとは見ていなくて、授業で移動があったときにちらっと見えて、「あれ、服ぬれてる? 気のせい?」と思ったくらいで、おもらしだとは思っていなかった。

で、それからすぐの時間くらいだったと思うんだけど。
その子がクラスにいなくて、職員室とか保健室で着替えてたのか、それとも早引きしたのか、覚えてないけど。
担任の先生が教室にやってきた。その先生の授業の時間では無かった気がするから、その時間担当の先生に時間を少しもらったんだと思う。
そして、先生が
「お前らに話がある」
と、いつもよりさらに怖い顔をして語り始めた。

●●(その男の子の名前)のことは、みんなわかってると思う。
こういうことがきっかけで、いじめに発展することもよくある。
そのいじめから、自殺することもよくある。
お前ら、そうなったときに責任がとれるのか。
一言でも、このことであいつをからかったりいじめたりするようなことは俺が絶対に許さん。
ほかのクラスにも絶対にもらすな。わかったな。

内容は、うろ覚えだけどだいたいこんな感じ。
その当時は、相変わらず怖いなー、くらいにしか思ってなかったけど。
でも今にして思えば、あれは正しい対処だったんだと思う。
その後、特にその男の子に対するクラスの態度が変化したようには見受けられなかったから。
私に至っては、それが起こる前からその子と会話した記憶が無いくらいおとなしい男の子だったし。
それにしても、これに比べてドラマ内の先生の役立たずっぷりがイライラする。いじめに気付いてすらいないのか、気付いてて無視してるのか。

昔は学校に1人はいたんだよね、こういう怖い先生。
今では多分いないんだろうけど、やっぱり必要な存在なんじゃないかと思うこともある。
恐怖で生徒を縛るのは良くないかもしれないけど、そうでもしないと言うことを聞かない生徒っていうのは存在するから。

私が20代半ばの頃、中学校で栄養士をしていたので、学校内を歩くこともあった。
そのときに目撃した先生が生徒を叱っている様子と言うのが、衝撃的だった。
何をしたのかはよくわからないけど、先生は「お前は自分が何をしたかわかっているのか」「こういうことは良くない」みたいなことをこんこんと説いているわけだけれど、当の怒られている生徒は、「うざい」「死ね」を、先生の言葉の合間に繰り返すのみだった。
体罰がダメになって、こういう生徒には打つ手が無いんだな、と思った。

さて、その中学時代の担任の先生に話が戻るけれども。
嫌なところももちろんあった。
例えば、忘れ物程度でも竹刀でパシッとやられることとか。
うちの中学は給食制度の導入が遅れていて、お弁当だったのだけど、お弁当の時間、席を移動したり机を動かしたりはダメ、私語までも禁止で、黙って自分の机で食え。食い終わった奴から昼休み。だったこととか。
今だったら問題になりそうなことばかりだったし、私はその先生に2年間担任されたので、お弁当の時間は嫌いだったけれども。
でもあのお弁当の食べ方は、先生なりのいじめ防止対策だったのかもしれない。
小学校の給食のように、班でも作ればいいのにとか思わなくもないけれど。

それでも、不当な理由で竹刀で叩かれることは無かったと思うし、今思えばちゃんと生徒のことを考えてる先生だったのかもしれない。と、この年になって初めて思った。
そして、自分が意外とその先生に信頼されてたなと思い当ることもある。
学級委員させられたりとか、お弁当が無い生徒の為にパンを買う制度があったのだけど、クラスでお金もまとめて注文しなければいけなかったので、そのお金の管理係を命じられたりとか。
もちろん、1度だってお金の計算が合わないとか不足したりなんてことは起こさなかった。
逆に、お店の計算ミスでお釣りが多く入っていたとき、返しに行ったことはあるけど。

もうすでにその先生の当時の年齢をとっくに超えてしまった今になって、こんなことを思い出すとは思わなかった。
その先生も今は40代になってるはずだけど、元気に先生をしてるんだろうか。竹刀を振り回せなくなっても、生徒たちにびしっと言える怖い先生のままだろうか。
気になるけど、地元を離れてるので調べる方法も無いしな。
余談だけど、その先生は私が在学中にすごい美人と結婚した。職員室の机に飾ってある写真を見てびっくりした。
今でも元気に先生をしていることを、遠くから祈っておこう。

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ