桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

なぜ今値下がり?

ちょっと経済的な話で読みにくいかもしれませんが、家計に直結する話です。

ここ最近、なぜかガソリンが値下がりしてますよね。
不思議だなーと思った方はいませんか?
最近は円安で輸入品が高いはずなのに、なぜかガソリンは値下がり傾向。
あれだけ円高だった時期にもなかなか値下がりしなかったのに、なぜ? と、私は思っていました。

そもそも、円高・円安がよく分からないと言う方もいると思いますので、簡単に説明を。
ざっくり言うと、例えば「1ドル=100円」の場合、1ドルを手に入れるのに100円必要と言う事。
「1ドル=80円」だと、1ドルが80円で買える。
「1ドル=150円」だと、1ドルが150円で買える。
1ドルを手に入れるのに80円必要=円の価値が高い=円高
1ドルを手に入れるのに150円必要=円の価値が低い=円安
と言う感じでしょうか。

海外旅行に行くなら円高の方がお得。だって円の価値が高いから、安く相手の国のお金が買える。
円高だと輸入品が値下がりし(円の価値が高いから安く買える)、円安だと値上がりする(円の価値が低いから高くなる)。
現在は、やや円安傾向ですね。数年前までちょっと異常な円高で、輸出企業が大打撃を受けていました(民主党のバカどもが傍観を決め込んでたせいで経済がさらに悪化した……)。
現在は輸入業者が苦しいようです。
高すぎても安すぎても良くないんですよね。ほどほどで落ち着くのが1番。

さて、最初の話題に戻ります。
日本は原油を輸入に頼っています。
なので、円安の現在、ガソリンが値上がりしてもおかしくないのですが……なぜか、値下がり傾向。
不思議だなーとずっと思っていました。
そして数日前、撮りためていた年末年始の番組で、少しその話題が出ていました。

実のところ、その理由ははっきりしていない。
色々と説はあるし、原因が1つではなく複数かもしれない。
でも、とりあえず現在上がっている説として、

・EUや中国の経済力が落ちて、原油を買えなくなってる(だから余って安くなってる?)
・産油国で原油を盗んで安く売りさばいてる奴が多くいて、そのせいで原油の価格が下がっている
・アメリカのシェールガスが使われるようになって原油が余っている

等だったのですが、私がおもしろいと思ったのは
産油国とアメリカによるロシアへの嫌がらせ
と言う説。
ロシアは、輸出の多くを広い国土から産出される原油と天然ガスに頼っていて、原油が値下がりするとロシアの経済は大打撃を受けるそうです。
それが本当だとすると、産油国ってアメリカ嫌ってそうなイメージだけど、ロシアはもっと嫌われてるんだなー。
そう言えば、イスラム圏の人達って意外と親日で、その理由が「日露戦争で日本がロシアに勝ったから」だって聞いたことがあります。本当かどうか知らないけど。

あと、親日絡みで私の好きな話↓
http://www.nextleader.jp/4239/
自衛隊がイラク復興に行ったときの話です。

どれが本当かはわからないし、1つだけが正解とも限らないけど、現在なぜか原油が値下がりしているのは事実。
理由はどうあれ、それは日本経済には追い風です。
アベノミクスはだいたいやるべきことをやってしまって、もうあまり打つ手がない状態だとか。後はじわじわ効果が表れるのを待つだけだとか。
原油価格の値下がりが後押しして、なんとかこれでうまいこと経済回復してくれないかなー。
結果が出るのは今すぐではなく、数ヶ月先のこと。今は待つべき時期なのでしょうか。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ