桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

本日のお買い物・FC

さて、タイトルでぴんとくる人はどれくらいいるのでしょうか。
FC。
もちろん、FC2ブログを買ったわけではありません。
ファミリー・コンピューターの略です。
ファミコンと言うやつですね。
1番古い家庭用ゲーム機だと私は思っていますが、間違ってますか?

我が家が最初のファミコンを買ったのは、兄が小学生、私が幼稚園に通っていた頃だと思います。
ずいぶん長いこと遊んでいたのですが、私が高校生くらいのときだったか、壊れて使えなくなりました。
その頃には新しいゲーム機も色々出ていたのですが、しばらくは何も買わずにいました。
短大生になったときに、PSを買いました。
社会人になって、PSの調子が悪くなったので、PS2を買いました。

でも、母には不評だったのです。
うちの母もファミコンは好きで、色んなソフトで遊んでいたのですが、PS2くらい複雑になると、するのが面倒だとか言って。
昔の単純でわかりやすいファミコンのほうがずっといいって。

ナムコのゲームミュージアム(ファミコンで使われていたゲームをPSに移植したもの)とかも買ってあげたりしたのですが、母はPS2を立ち上げるのが難しいとか言いまして。

いつも、私がPS2を立ち上げてソフトを入れてから、母にコントローラーを持たせる、という感じでした。
でも、やっぱりいつもいつも私頼みでは面倒だし、頼むのも申し訳ないと思ったのか、母はPS2をしなくなりました。

で、今日思い切って、ファミコンの本体を買いました。
今日の広告に、安いのが載っていたのと、母の誕生日(7月)のプレゼントがそんなに高くなかったので。
幸いにしてと言うか、ファミコンのソフトを捨てられずにずっと持っていたので、本体さえ買えばすぐに始められました。

母のお気に入りは、「ロードランナー」というゲーム。
何系と言えばいいのでしょうか。アクションになるのかな。
あと、マッピーとかディグダグとかパックマンとかが大好きです。知ってる人、います?
私は、あの系統は下手なので、見てるほうが好きですが。

立ち上げるのも簡単だし、久しぶりにロードランナーができて母はご満悦でしたが、久しぶりだったのでずいぶん腕が落ちていたようです。
しばらく遊んでたら、思い出すかな。

一昨日書いた話になりますが、私がドラクエの2と3をしたのは、ファミコンだったのですよね。
久しぶりにやってみようかなぁ。
ソフトが壊れてなければ。

明日はダーリンの家族と対面です!
ドキドキします


いつもありがとうございます。応援クリックお願いします☆


こちらもお願いします★



肌にうるおい、足りてますか?

コメント

ファミコンもドキドキですがそれ以上に彼の家族対面にドキドキです☆
ちなみに初代家庭用ゲーム機はFCで間違いなかったと思いますがホントの意味では昭和50年に発売されたテレビテニスかもしれません。
昔やりこんだ人には単純なもの程面白い・懐かしさを感じるなどからファミコンが一番に思えますよ。私もファミコン大好き!マッピー・バンゲリングベイ・くるくるランド・熱血硬派くにお君など名作揃いですよね♪

コメントどうも~

なにに惹かれたのかと問われたら難しいところです。

ファミコンを今買ったなんて渋いっすね~。
うちの家は何故かファミコンではなくてPCエンジンという渋い機種を買われて子供のころ随分と不満を漏らしたものです…

では、応援ポチっとして帰ります。
それでは~(*゜▽゜)ノ

ファミコンが最初なんですか?!
てっきり「スーパーカセットビジョン(誰も知らんかなぁ‥)」が一番古いゲーム機だとばかり‥。(汗)

ロードランナーやディグダグなどは、アクションもですが、どちらかというとパズルゲームですね~。
あと、史上最弱主人公の「スペランカー」も好きですが、「アイスクライマー」もなかなか楽しいですよ。
あと、ドラクエ3などは、電池切れしてたらセーブデータがすぐ飛ぶので、ご用心を~。

では、ご家族の皆さんによろしくね~。←不要です

>nbuさん
テレビテニス……そんなものがあったのですね。
知らない名前のゲームもありますが、古いゲームというのにも古い良さがありますよね★

>うめさん
お忙しいのに、コメントありがとうございます♪
PCエンジン……確かに渋いですね。
私もまた、クリックしに行きますね☆

>服部さん
おお、さらに知らないゲーム機が出てきました。
アイスクライマーは大好きでした!
この前ソフトを見かけたのですが、4千円以上してびっくりしました。
うちには無いんですよ。友達に借りてしてたみたいで。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ