桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

意外な発見

新学期が始まって10日余り。
ここ数日で、意外な発見がいろいろありました。

まず、自分は働くのが嫌いではないのだと言う事。
独身の時、働くのが好きだと思った事は1度も無いので、自分の事を典型的な怠け者だと思っていました。
かと言って主婦向きかと言えばそうでもなく。
片付けや掃除は得意ではなかったり、育児にしても一日子供と向き合ってるとイライラしたり。

しかし、いざ下の子が幼稚園に行き始めて自分の時間が持てるようになると、田舎だからって言うのもあるけど、洗濯して掃除して買い物行ったら、もうやることが無く。せいぜい図書館で本を借りて読むくらい。
専業だから、無駄なお金を使う事には抵抗があって、ゲームとかも好きだけどあんまり買わなかったし。
旦那は買っていいよと言ってくれるけど、本当に怠け者みたいで結局買わなかった。
子育てしてた頃は、子供が寝てくれた間にちょっとずつ進めるのが楽しみだったりしたんだけど、子供は幼稚園で、子供の相手もせずにゲームしたり本読んだりしてると、
「あ~、今旦那働いてるんだよなぁ」
とか考えたりして、楽しいより申し訳ない気持ちが先に立って。
テレビ見ながらつまんないな~とか思ったりしてました。

でも、働き始めると、1日が過ぎるのが早いし、体を動かすのも意外と悪くない。まだ蕁麻疹は出るけど……
8年ぶりの仕事で、ちょっと気持ちが浮ついてるのもあるのかもしれない。

そして、栄養士の仕事についても。
独身の時は、自分が向いてると思った事は1度も無かったし、だから栄養士じゃなくて事務の仕事を探してたわけだけど。
意外と嫌いじゃないと言う事に気付きました。
今の職場から、「信頼して任せられてる」って言うのが大きいかもしれない。事務仕事は自分のペースでできるからストレスが少ない。
まだパソコンが無いから、時間内に終わらなくて持ち帰って仕事したりしてることもあるけど。

その仕事の内容も、献立の組み立てとかが意外と楽しいと思ったりしてます。
9月の献立が、多分本部の栄養士が立てた物だと思うのですが、おそらく急ぎで専属の栄養士がいないからではないかと思うのですが、「なんじゃこりゃ」な内容なものがたくさんあって。
例えば、献立を立てる上で気をつける事を簡単にいくつかあげると、「味付けの重なり」「食材の重なり」「メニューの重なり」「調理方法」などが挙げられるのですが。

お魚の煮つけ・お吸い物・野菜の煮物……みたいな、しょうゆ×3の味付けはもちろんダメ。
お魚の煮つけならみそ汁と酢の物みたいに、味に変化をつけないといけません。
食材の重なりは、例えば、スープ・野菜ソテー・サラダの全部に人参が入っていたりとかは、見た目などの面から見ても好ましくありません。
調理員さんも「この人参は何に入れるもの?」って混乱するし、野菜屋さんがまとめて納品するところだと、調理員さんが確認せずに全部同じ切り方をしてしまって使いにくくなったりとかあるので。
ちゃんとチェックしてくれる人がいればいいんだけど、経験が浅い人だと間違う事もしばしば。

メニューの重なりはなんとなくわかると思うのですが、同じ献立が近い間隔であるのはあまりよろしく無いわけで。
それなのに、先週と全く同じ献立が今週入ってること2回。
これはまずすぎる……どこチェックしてたんだよ。かと言って、既に献立表を配布してるので、私の一存で変える事はできないのですが。
子供たちも飽きるでしょう。文句が来ないといいな……多分来るけど。
そう言うところは厳しい幼稚園です。甘いとか辛いとか遅いとか、文句もバンバン来ます。
矢面に立つのは私なのです。そういう意味ではすでに調理場の責任者的な立ち位置でもあります。
最近入ったばかりのパートなんだけど、栄養士は私だけだから……。

調理法に関しては、施設の設備面の話になってきます。
揚げ物だらけだったり煮物だらけだったりしたら、鍋が足りないとか揚げ物をする機械が1つしかないから時間的に難しいとかあるのです。
やっぱり、揚げ物、煮物、炒め物、和え物など、いろいろあるほうが望ましいです。

来月からそんなことが無いよう、栄養バランスを考えながら献立を見直して組み替えたり新しい献立を入れたりするのが、パズルみたいでおもしろかったり。
また、まだ出勤日数は20日少ししか経ってないのに、アレルギーのミスを3つは修整したりしてるので、すでに上司やエリアマネージャーにずいぶん信頼されてるようです。
「君なら大丈夫!」
と太鼓判を押されてしまいましたが、あんまり買いかぶられても困るかな……。
私はどちらかと言うと鈍くさいほうで、仕事が早いほうでは全くない。テキパキ動く調理員さんを見ると、すごいなと思うくらいなのですが。
だから持ち帰り仕事をしたりしてるわけだけど、どうやら正確さがあるようで、信頼されてるようです。

それから、やっぱり認めてもらえたときの達成感が嬉しい。
「今日の献立美味しかったよ!」
はもちろんだけど、アレルギー食はほぼ私が手作りするので、他の子は市販品を加熱して提供するだけなのを手作りで提供すると、
「アレルギー食のほうが美味しそう!」
と、チェックする幼稚園の先生に言われただけで嬉しかったり。
実際、万一の時を考えて余分に作った分を調理員さん達と試食したら、手作りの方が評判良かったりとかすると、本当に嬉しい。

まあ、その分家事のクオリティが下がったり、疲れて横になってる時間が長くなったりはしてますけど、仕事に行くのは全く嫌ではありません。
やりがいが合って、どちらかと言うと喜んで行ってる感じかも。
パソコンが無くて旧式で仕事がやりにくいというのは変わってないけど、やりがいと、あとは人間関係が悪くないから、なんとか続けられそうです。

が、別の理由で辞めることになる可能性があります
来年4月から、勤め先の幼稚園に保育園が併設されることになり、すでに認可がおりて話が進められています(今月に入って聞いた話です)。
幼稚園と違って、夏休みや冬休みも給食が必要になり、おやつも手作りする必要があるようで。
そうなると、4時間半パートの私がそこまで背負うのは無理です。
勝手な想像ですが、正社員で栄養士を1人雇って、幼稚園と保育園両方をカバーしてもらうほうが会社側としては旨みが大きいのではないかと。
それとも、パート栄養士2人の方が会社側としては都合良かったりするのかな?
その辺はよくわかりませんが。

うちは下の子が保育園に入れず幼稚園だから、転園はかわいそうだから小学校に上がるまではまだ正社員で働く気は無いし、その場合は辞めて別の人を雇って貰うことになるのではないかと思います。
辞めた場合、もちろん次を探すけど、別に栄養士にはこだわらずにまた事務員とかそういうのを探すことになるだろうなぁ。
うまい具合に幼稚園の時間内の栄養士なんて、なかなか無いわけですし。
どうなるかはわかりませんが、まあ、出来る限り頑張ってみたいと思っています。今のところ。
そのうち嫌になって、あ~辞めたいとぼやくこともあるかもしれませんが……。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ