桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

クリスマス会

仕事の、多分1年で1番の山場を越えました。
幼稚園のクリスマス会で、その前から色々大変だったんです……。

まずは献立作りから。
ある程度の献立はたてて提出してみたものの、ほぼ却下されました。
私が立てた献立は、アレルギーがある子もだいたい同じものが食べられるように、でもできるだけクリスマス料理っぽく工夫したもの。
フライドチキン、ポテト、後は何だったか忘れたけどアレルギー食が最低限でクリスマスっぽく豪華に見える物。
それに対し、幼稚園の要望は「アレルギーなんて関係ない、とにかく豪華で見栄えがする料理」でした。
実際そう言われたわけじゃないけど、向こうが提示した要望メニューが完全にそれ。

ハンバーグ、エビフライ、から揚げ、ナポリタンスパゲティ……等、とにかく子供が好きそうで豪華に見える7品+スープ+ジュース
エビフライ1つ取っても、エビアレルギーの子もいれば卵アレルギーの子もいる。
この場合、エビアレルギーの子には白身フライ、卵アレルギーの子には卵抜きエビフライを提供する事になります。
ハンバーグもだいたい卵や乳製品が含まれるので、卵アレルギーの子には卵抜きハンバーグ、乳製品アレルギーの子には牛乳抜きハンバーグを手作りしなければなりません。
普通の子は既製品のハンバーグを温めて切って詰めるだけなんだけど。
ナポリタンスパゲティも、トマトアレルギーの子がいるから別の味付けの物が必要になります。

アレルギー食は私が作らないといけないので、これだけ増えると本当に大変。
アレルギー食作りだけで時間いっぱいかかってしまって、詰める作業にほぼ入れない。
普段の給食はだいたい5品+汁物。それが先に書いたように7品になってるだけでも、作るのも詰めるのも大変。
たかが2品と思うかもしれないけど、300食を越える数を作るから、たかが2品でも時間的にも労力的にも大変なことになります。

もちろん、いつもの弁当箱には入らないから、いつもより大きい使い捨ての弁当箱。
これだけでも実は、いつもと違うものってだけで入れ方と言うかコツと言うか、勝手が違うからやりにくい。
しかもこれに幼稚園が用意するケーキが付くと言うから、正直園児さんでは絶対食べきれないだろうと思いました。

だいたいいつもと違うとは言えそこまで大きいわけでもない弁当箱に7品も入るかって部分もあって、
「試作品をお願いします」
と言われたとき、全部作ったけど全部詰めませんでした。
と言うか、綺麗に詰めたらやっぱりどうしても入らなかったから。
弁当箱と入らなかったおかずを見せて、これで諦めて品数減らしてもらえるだろうと思ってました。が、甘かった……。

「これ、預かっていいですか?」
と言われたとき嫌な予感はしたけど、断るわけにもいかず預けてきたら、翌日、
「こうやったら入りました! これでお願いします!」
と、ぐちゃぐちゃぎゅーぎゅーに詰め込んだ弁当箱を見せられました……。
見栄えは悪いし、ボリュームあり過ぎて絶対食べきれないし、もったいないことになるのは目に見えてたけど、相手はお客様。
不満だったけど了承しました。

で、当日。
全員にいつもより早く出てもらって、もちろん私も親に下の子を預けて早く出て、上司にも詰め作業を手伝ってもらって、なんとかぎりぎりで間に合わせました。
あのぐちゃぐちゃぎゅーぎゅーも嫌だったから、もう少し見栄えも良く詰め込んで、それなりに満足いく出来でした。大変だったけど。

オチは想像つくと思いますが、大量に食べ残されてました……。
試作のときに味見も兼ねてたから、味には問題無いはず。何も言われなかったし。
まあ仕方ないよね、大半の子はケーキとお弁当があればケーキから食べ始めるわけだし。
ケーキとジュースでお腹ふくれたら、お弁当は残すよね……。
と言う訳で、憐れみんなの苦労の半分は食べ残しとして捨てられてしまいましたとさ。
だから嫌だったんだよ、あんなボリュームあるお弁当。だから品数減らしたかったのに……。
来年からは、幼稚園側も少し考えて量を減らしてくれるといいんだけど。
来年には忘れられてるかな。向こうにしてむれば取るに足らない出来事だろうし。

でも1番びっくりしたのは、数日前から当日まで私の食欲が全然無くて、どこか悪くなったのかと思ってたら、クリスマスメニューの翌日からお腹が空くこと。
自分で思ってた以上にクリスマスメニューが心配で、それが食欲不振に繋がっていたようです。

まあでも、給食もあと数日、その後は楽しい冬休み♪
まさか自分が子供の頃の様に冬休みを楽しみにするようになるとは思わなかった。
仕事は楽しいけど、仕事をしてるとたまの休みの有難さを感じます。
私の場合はほぼ子供達と同じ休みがあるから、休みが長すぎて仕事始めが楽しみにもなりそうだけど。
そう言う意味では良い仕事だなー。時給は低いけど……。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

アレルギー対応よりも見た目重視な弁当の要請って幼稚園は子供の為にあるのではないの?と吃驚しました。

ソブラニーさん

私もびっくりしましたが、最大多数の最大幸福ってやつなのかなと思いました。
アレルギーの子は少数派ですからね。300人越えの園児の中で10人前後。1割にも満たない数です。
アレルギーの子への配慮よりも、アレルギーではない子により良い物を、ということだったのでしょう。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ