桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

お疲れ様でした

吉田沙保里選手、お疲れさまでした。
四連覇が断たれた悔しさは、常人にはわからないことだと思います。それがわかるのは吉田選手だけ。
ずっと先頭に立って勝ち続けて、研究され尽くしたせいもあるでしょう。年齢のこともあるかもしれません。
それでも戦い続けたあなたの姿は、たくさんの人を勇気づけてきました。
謝ることなんて何もありません。私たちにできることは応援だけで、そして好きで応援しているのだから。
血のにじむ努力をしてオリンピックの舞台に立ったあなたを責める資格など、誰にもありません。
おめでとうと言っていいのかはわからないけど、銀メダルでもすごいことです。
勝負には時の運もあります。
今回は負けたけど、あなたほどの記録を作る選手は当分現れないでしょう。伊調選手は別だけど。
そして、日本のレスリング人気をここまで押し上げたのは間違いなくあなたの功績です。
あなたは日本の誇りです。ありがとう、吉田沙保里選手。

さて、以下はネットの拾い物です。
拾った文章は色を付けておきますね。

吉田沙保里を避けて58㎏級に転向した伊調、伊調を避けて62㎏急に転向した川井、小さい頃から吉田にあこがれてタックルを磨いた登坂と土性。
吉田選手の影響を色濃く受けた日本人4人が金メダル。
そして吉田を目標にし続けたマルーリスが吉田を破り金。
吉田選手の偉大さがわかる五輪だった。


吉田沙保里が負けたのではない。
人類が吉田沙保里を倒すのに16年かかったのだ。

(↑これ好き。16年無敗だったからね)

それにしても、四連覇を達成した伊調選手、吉田選手より重量級だし、戦ったら伊調選手のほうが強いとばかり思ってたら、吉田選手に勝てないから階級を変えてたなんて知りませんでした。
あと、昔の話になるけど、吉田沙保里選手と代表争いをしていた山本聖子元選手は、アテネ五輪の代表の座をかけて戦ったときに吉田選手が勝利を収めて五輪の夢を断たれ、その後結婚して現役を退いていたようだけど、なんとこのマルーリス選手のコーチを務めたことがあるとか!
何と言う運命の巡り合わせ!
もう映画化してほしいよ、吉田沙保里伝説!

何にしても、胸を張って帰ってきてください。
あなたは偉大な選手です!


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ