桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

細かい節約

本当に小さいことなんだけど、男性は細かい節約ができない(しない?)人が多い気がする。
例えば、我が家の場合。
レジャーに出かけるとき、私は飲み物とかをできるだけ持っていきたい派。
現地で買うと高い。ディスカウトストアで買って行けば1/3程度の値段になる。
しかし、うちの旦那は「身軽に行って現地で買うほうがいい」派。
私が財布の紐を握っている関係上、旦那の意見は却下しているが。

あと、旦那がしょっちゅうコンビニでコーヒーを買っていたので(小遣いからだけど)、もったいないから私がディスカウントストアで1/3くらいの値段の缶コーヒー(旦那の希望で一応有名メーカーの物)を家計から大量買いして持って行くように言っている。

「たかだが数百円、節約して何になるの?」
が、世の多くの男性の意見なんだろうと思う。
しかし私に言わせれば、
「その数百円が夕食1回分以上になる」
なのだ。主婦の方には共感してもらえると思う。

仮に缶コーヒー1回の節約が60円として、60円×20日(1月の勤務日数)×12カ月=年14400円の節約。
レジャーの1回の節約が500円程度だとして、それが月に2回×12カ月、年12000円の節約となる。
私はこの浮いたお金を、家族のために使いたいと思うのだ。
細かい節約もせず楽しみにお金を使えるのは、それなりの収入がある人だけだと思う。
締めるべきところは締めて、使うところでは使うのが私の流儀。旅行とか、家族の楽しみに使いたい。

で、最近。
旦那にボーナスからお小遣いを渡したわけだが、それから旦那がお昼のお茶(水筒)やコーヒーを持って行かないことが増えた。
単に面倒だからかもしれないし、本人はそれで良いと思ってるのだろうけど、私からするともったいないなと思う。
どうせならもっと別の有意義なことに使ってほしいと思うのだが。
しかし、本人が自由に飲み物や食べ物を買うことに幸せを感じて有意義と思っているならそれもありだと思うから、何も言わないけど。
ただ何となく財布にお金があるからと使っているなら、ちょっとなぁ。わからないけど。

「ボーナス出たし、ハニーも好きな物買っていいよ」
と旦那は言ってくれるけど、それをすると日々のやりくりが大変になるから、やっぱり必要以上の贅沢には使えない。
できるだけ貯金して、子供の教育費にも回したいし。
壊れたサンダルの代わりと、必要な夏服を少し買い足しました。全部で1万円くらい。
子供は成長するから子供服等はどうしても買い足さないといけないし、自分にはそんなに使えないなぁ。
これが普通の主婦の感覚だと思うんだけど。

旦那に働かせて主婦は優雅にランチ三昧なんて思ってる男性もいるだろうけど、そんなに稼いでる男性のほうが少ないと思う。
世の大半の女性は、自分だけの昼食代なんていかにして安く済ませるかを考えてるんじゃないかな。
自分一人なら納豆ご飯かインスタント麺、たまにちょっとぜいたくでちょっとお高い冷凍パスタかパン屋のちょっと良いサンドイッチ買うくらい。
長崎にいたときもママ友と集まることはあったけど、手作り弁当持ち寄って公園で子供遊ばせながらランチ、コンビニ食ならちょっと贅沢程度の感覚だったけどな。
まあ、世の中にはお金持ちもいるだろうし、贅沢ランチ三昧な主婦もいるだろうけど、遠い世界の出来事です。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

NO TITLE

おっしゃるとおりです。
ふだんの心がけが将来の夢に繋がるというモノですよね^^
たかが100円200円と侮る無かれ!と思います。

meguさん

コメント&賛同ありがとうございます。
1円を笑うものは1円に泣く、100円200円が侮れるわけがありません!
100円あればディスカウントストアでカップ麺が買える、1食分のお昼ごはんになります。
普段の心がけ、本当に大事ですよね。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ