FC2ブログ
11≪ 2018/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-11-12 (Sun)
あれから、またさらに風水と家相学について色々調べてみました。
すると、中国の風水では、生まれ年によって吉方位などがあることがわかりました(本命掛と言うらしい)。
日本の家相学だと、万人にとって鬼門は悪い、こっちは吉方位、らしいのですが。

ちょっと面倒くさいなーと思いながら調べてみたら、なんと。
買う予定の家、旦那にとってはけっこう良いみたいです。
風水だと一番大事なのが玄関で、その玄関に家主(我が家では旦那)の大吉の方位を持ってくると良いそうで。
凶の方位には水回りを持ってくると、悪いことを流してくれると解釈するそうです。

なんと、旦那にとって玄関方向が大吉で、大凶方位は台所にあたり、水に流してくれるとか。
その分、リビングや夫婦の寝室は旦那から見ると凶方位になるのですが、大吉と大凶が良い方位になってるから良しとしましょう。
全部が全部良い方向と言うのは難しいから、一番良いところと一番悪いところが問題無いならそれで良いかと。

私から見ても、玄関は吉方位、大凶方位がトイレ、凶方位が台所で水に流してくれるのでまずまず悪くない。
そして、S太はなんと旦那と同じ本命掛なので問題無し。
K子は、まあ微妙な感じだけど、基本的に家主を見るものだし、代わりに大吉方位の部屋を子供部屋として与えることにしたので大丈夫かなと。
元々の予定のK子とS太の部屋を入れ替えるとお互い吉方位になったので良かった。
まだ荷物を運び入れてないから問題無し。

風水と家相学、よく知らなかったけど、知れば知るほど色々あります。
日本の家相学だとあんまりよくない家だから気にしてたけど、その大元である中国風水では良いとわかって安心しました。
そういう気持ちってすごく大事だと思うので
運が良いと思ってれば気持ちも明るくなって良い方向に行くだろうし、悪いと思ってればどんどん悪くなりそうだから。
風水をよく調べて、どんどん取り入れてみたいと思います。

新しい家、ちょっと高台だから水害の心配もないし、地盤が固くて土砂災害警戒区域でもない。
高台の端っこだから台風の時の風当たりだけが心配だけど、雨戸って言うかシャッターみたいなのがついてるから使えば問題無いと思うし。
その上、家主である旦那にとって、風水で見るとなかなか良い家となると、やはり縁があったと思うべきでしょう。
思うところは色々あるけど、もう今更だし、できる範囲で良い方向になるよう頑張ってみたいと思います。

何より一番大事なのは、家族にとって居心地の良い家。
風水はできる範囲で取り入れつつ、入れ込みすぎず、家族の居心地の良い家を目指したいと思います。


見に来てくれてありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
* Category : 占い
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する