fc2ブログ
03≪ 2024/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2024-03-16 (Sat)
先日、S太のサッカーの小学生最後の公式戦がありました。
隣の市の大会で、まあまあの成績を残したチームが集められていました。
そこで初めてのチームMVPをもらいました!
賛否はありましたが……。
正直、親の私ももらえると思って無くて……詳細を書くことにします。

土日に渡って開催された大会でしたが、タイミング悪く主力の女子選手2人が別の女子大会に招集されており、不利な始まりとなりました。
土曜日は3試合行われ、主力2人を欠いた状態なので普段は交代要員のS太も全試合出場しましたが、良いところは無く連敗。
日曜日は下位トーナメントに進むことになりました。

日曜日は女子選手が戻ってきて今度こそ勝てると思いきや、前日の疲れからか普段は得点王の女子2人も全く点を取れず、敗戦からのスタート。
S太は第1試合は出番無し。
第2試合、これが本当に最後の公式戦。
最後だからか、監督が全員を交代で出してくれました。
これが今のチームの良いところで、前のチームだったら強いメンバーしか出してくれないので、確実に出番は無かったと思います。

前半の半分と、後半の途中から出場したS太。
この試合で負けたら最下位決定と言う場面の終盤で、ナイスアシストして得点に繫がり、それが決定打となり最下位を免れました。
親としても拍手、の場面だったけれど。
「今日のMVPはS太!」
と言う監督の決定に異を唱えたのは、得点を決めた選手。
点を決めたのは自分だと。
それはそうでしょう。私もそう思いました。

ここからは監督の言葉を引用します。
「本当に百点満点、200点でもいいアシストだった。声掛けも蹴ったあとのフォローの動きも完璧だった。あのアシストで無ければ点数にはならなかったかもしれない。ドリブルで1人で切り込んで得点を決めたなら、その人がMVPだったが、アシストあっての得点だったから、S太だ」
と。
私はサッカーに詳しくないので、いつものアシストとの違いはよくわかりませんでしたが、監督がそう褒めてくれるのならそうなのでしょう。

「得点を決めた人がいつもMVPになるなら、ディフェンスやキーパーはMVPを取れないことになる。サッカーはチームのスポーツだ。勝利に貢献するのは得点を決めた人だけとは限らない」
そうです。

ちなみに監督と別にコーチもいるのですが、コーチも同意見でした。
S太と仲の良い数人も推してくれて、最後にして初めてのチームMVP獲得となりました。
得点を決めた子は不服そうでしたが、監督とコーチが賛成ならそれ以上何も言いませんでした。
その子は何度かチームMVPをもらってるし、そういう意味ではまだもらってないS太へのサービス的なものだったかもしれません。

スタメンではなく、だいたい交代要員で、チームMVPをもらう子をいつも羨ましがってたS太。
念願のメダルを首にかけて、少し恥ずかしそうで、でも誇らしげでした。
親としても本当に嬉しかったです。
主力女子2人が不在で成績が奮わず、最後の最後で決定打のアシストをしたから、と言う前提あってだし、不満な子もいつつのMVPなので、文句なし完ぺきなMVPとは言えませんが。
それは言葉にせず、いっぱい褒め称えました。
もちろん夜はご馳走にしました。

自信がついたのか、今日の練習試合でもシュートを決めてくれました。
「S太君、上手になったね!」
と褒めてくれるお母さんもいて、嬉しかったです。
監督とコーチと仲間に恵まれて、本当にこのチームに変わって良かったなと思いました。

残りあと少し。
公式戦ではないけど、まだ試合を控えています。
最後までしっかり頑張ってほしいです。
* Category : 普通の日記
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

コメント







管理者にだけ表示を許可する