桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

電話恐怖症になった理由・2

思い出そうとしても、ほとんど思い出せない。
人の記憶とは便利なものですね。
思い出せば、また精神状態に支障が出るかもしれないようなことは、意図的に記憶の底に封じ込めてしまうようです。
でもそれは、もしかしたら私だけなのでしょうか。

思い出せることは、2時間くらい、電話で彼の怒声を聞き続けたこと。
多分、1回だけではなかったと思います。
2回、もしかしたら3回くらい。

怒鳴られていた内容も、ほとんど思い出せません。
ただ、「いつ」「どこで」「私が」「どうした」ことが「気に入らなかった」と、どこかに書きとめておいたのではないかと思うほどたくさん、延々と怒鳴られて、こんなに愛しているのに、それに報いてくれない私がものすごく薄情で、悪女であるかのような罵り方をされたような気がします。
気がするだけなので、事実は違うのかもしれません。

私は、彼の気持ちに報いることができない以上、その彼の言葉を全部聞いて受け止めなければいけないと思っていたのです。
友人には、「電話を叩き切ってやればよかったのに」と言われました。
その通りだと思います。
でも、そのときの私は、彼の罵りの言葉を全部聞こうと思っていたのです。
何も聞かずに別れるよりは、全部吐き出してしまったほうが、彼だっていくらかは気持ちが楽になるのではないかという、何の確証も無い単なる自己満足の気持ちだったのかもしれませんけど。

そのうちの1回の周囲の状況だけは、なぜか鮮明に覚えています。
その日は祖母が家に来ていたので、夕食が早めでした。
午後6時頃、母からご飯だから下りてくるように言われました。
丁度そのとき、私は彼に怒鳴られ始めたばかりでした。
「食事だから……」
と切ろうとしたら、
「逃げるのか!!!」
と、より彼が怒り出したので、電話を切れずにそのまま携帯を握り締めていました。

2時間後、午後8時。
「いい加減に下りてきなさい」
と、母が呼びに来たとき。
私は真っ暗な部屋に、携帯を握り締めたまま泣きながらうずくまっていました。
「電気も点けないで何してるの」
そう母に言われてはじめて、私は外が真っ暗になっていることに気付きました。

暗くなったから、立ち上がって電気を点ける。

そんな簡単で当たり前なこともできないほど、思いつかないほど、追い詰められていたようです。
そしてそのとき、彼はまだ怒鳴り続けていました。
何を言われていたのかは、やっぱり思い出せませんけど。

そして、そんなことが数回あった結果。
私は、携帯が鳴るだけで、怯えて泣き出すようになりました。
その頃、まだ携帯をあまり使いこなしていなかった私は、着信音が全部同じだったのです。
今思えば、彼だけ違う音にしていれば良かったのですが、そんな判断もできない状態でした。

携帯が鳴ると、携帯を壁に投げつけたり、「お願い、もう許して」と、彼の名前を表示して鳴り続ける携帯電話に向かって泣いて謝っていた自分の姿は、今思い出しても普通じゃないと思います。

コメント

トラウマ

初めての彼氏さんとの恋愛で、お辛い経験をされたんですね…。

ちゃんと相手の言い分を受け止めよう!と、半ば脅迫のような当時の彼氏さんの話を、最後まで誠実に聞き続けたミルさんは素敵な女性ですね。

心の傷って、誰しもが少なからず持っているものだとは思いますが、唯一のお薬は「時間」だと思うので、ゆっくり癒していってくださいね。

多分その元彼氏は

あなたのことを本当に愛してはいなかったのだと思います。『愛は、傷つけられても根に持たない』特質ですから、以前のことを逐一取り上げるのは、あなたを愛してるひとのすることじゃありません。
きっと‥、自分を愛してるんです、その人は。
『愛さないひとは、愛されない』のは自明の理でしょう。

今はその人に目を留めるべき理由はありません。今は、あなたを愛してくださる彼氏さんのことに目を留めて、どんどん良いところを発見していくといいと思いますよ。
お互いの愛と敬意が、2人の間に育まれますように‥。『愛は結合の完全なきずな』なのですから‥。(^_^)

初めまして

ランキングから遊びに来ましたv-410
全部一気に読ませていただきました~。
この元彼はひどいですね・・・人を電話恐怖症にしてしまうなんて。
愛って相手に確認したくなるけれど、本当は自分で感じ取らないといけないものだと思うし、相手が自分を愛してくれないから責めるなんておかしな話ですよね。
でも、今はダーリンさんの毎日の電話がトラウマを解消してくれているようでヨカッタ!

>こころねさん
コメントありがとうございます。
やっぱり、心の傷って、誰にでもあるものですよね。
今の彼にもあるみたいだし。
はい、時間をかけて、ゆっくり癒していきたいと思います。

>服部さん
『愛さないひとは、愛されない』
なるほど……重い言葉ですね。
ありがとうございました。

>いっぽさん
初めまして!
ご訪問ありがとうございます★
確かに、愛は相手に確認したくなります。
私、今の彼にはよくしてると思います(苦笑)。
でも、責めたりはしてないと思うのです。

本当にありがとうございます。
これからも、遊びに来てくださいね。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ