桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

買い替え~~~♪

先日、眼鏡を買い換えました。
私、ド近眼なのです。
以下は、目とか眼鏡とかコンタクトとかのことを語っていて、とても長いので、隠しにしておきます。
興味のある方だけ、「続きを読む」をクリックしてください。


いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
  にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ






桜らいん




買い替え前に使っていた眼鏡は、短大時代に買ったものなので、かれこれ10年近く使っていることになります。

私が眼鏡を使い始めたのは、中学生のときです。
高校生のときから、ハードコンタクトレンズを使うようになりました。
その当時は、やはり若かったからか、目薬なんてなくても平気でした。
だから、眼鏡は持っていてもほとんど使わない状態で、それでもコンタクトをなくしたときのために念のため持っていました。
短大時代に眼鏡を買い替えたのは、度数があわなくなったためです。

しかし数年後、就職してパソコンを購入して、インターネットをするようになって1年後くらいから、ひどいドライアイになりました。
ちょうど仕事でもパソコンを多様していたので、目に負担がかかっていたのだと思います。
目薬をさしても痛くて、それまでほとんど使っていなかった眼鏡を使うようになりました。
その頃からは、眼鏡で過ごすことが多く、外出やデートのときは、ちょっと辛いけど目薬をさしながらコンタクトを使っていました。
でも、外出中にどうしても痛くてコンタクトをはずして眼鏡にすることもよくありました。

最近では、外出や旅行など、必要な時に使い捨てのソフトコンタクトレンズを使っています。
日常生活はほとんど眼鏡です。
ソフトコンタクトレンズを使うのは、多くても月に2回くらいです。

そして、今になってどうして眼鏡の買い替えをする気になったのかと言うと……。
実は、ずいぶん前から眼鏡に歪みがあったのです。
原因は、父親に殴られたこと(そのときの記事はこちら)。
あのときに、吹き飛んだ眼鏡はかなり激しく曲がっていて、手でなんとか戻して使っていました。
でも、正面から見たときにもちょっと斜めになってるし、やはりどうしても戻らないところがあって。
それでも、どうにか使っていたのですが。

うちの娘は眼鏡が好きで、抱っこしてると私がかけてる眼鏡をもぎとろうとしたり、枕もとに置いて寝てたら、先に起きておもちゃにしてたり、踏んだりして、先日レンズがフレームからはずれてしまうということが起きました(とりあえず、なんとか手で戻しました)。
もとから歪みがあったせいだろうけれど、これはまずいと思って、使えなくなる前に新しい物を買おうと思ったのです。

先週末の土曜日に、眼鏡を買いに行きました。
4店ほどまわったのですが、最近は眼鏡って高いのですね!
昔買ったときと比べて高いので、びっくりしました。

その中で、とりあえず1番お買い得だったのは、とある眼鏡店のフレーム5250円にレンズ6300円のセットでした。
でも、結局買ったのは、武田メガネの9800円セットでした。それに傷汚れ防止加工4200円をつけて、14000円。
決して安いとは言えない買い物ですが、仕方ありません。
それに何よりも、1番気に入ったデザインの物があったのです。

最近の流行りは、レンズの縦幅が細いタイプのものですが、私にはあまり似合わないのです。
もともと目が大きくなく、若干つり上っているので、細いタイプの眼鏡をかけると何だかキツイ印象になってしまうと言うか。
そんな中で、流行りを受けてやや細めだけれども、全体的に丸みがあって、フレームがつや消ししてあって目立たない、とても自然な着け心地の物があったのです。
フレームがないタイプや、フレームが上だけの物もつけてみたのですが、私が買った物はフレームがあっても1番自然でした。

眼鏡を作るための検査とかが全部終わって、書類を書いているときに、
「どうして買い換えようと思ったのですか?」
と、店員さんに聞かれました。
さすがに、父親に殴られたとは言えなかったので、
「娘がいたずらして、フレームが歪んで、レンズがはずれちゃったことがあって。もう古いし、思い切って買い換えようと思って」
と言うと、
「出来上がるまでは1週間くらいかかりますので、そちらの眼鏡、できる範囲でなおしましょうか?」
と言われて、喜んでお願いしました。

数分後、返ってきた眼鏡をかけてびっくりしました。
今まで何年も、よくあんな歪んだ視界でいられたものです。
あっちもこっちも歪んでいたから、たびたび手でかけなおさないといけなかったのですが、それもないし、正面から見たとき斜めになってない分視界も良好で、びっくりしました。

「もうこれで十分だから、さっき買ったのはキャンセルで!!!」
と言いたいくらいでした。

でも、やっぱり娘が何するかわからないから、予備はあったほうがいいですよね。
最近は、レーシック手術とかいう近視を治す手術もあるようで、私の周りにも受けた人がけっこういて、みんな口をそろえて「いいよ!!!」と言うのですが、妊娠・授乳中は受けられないのです。
それに何よりも、手術の費用が……ですね。決して安くはありませんから。
それだけの価値がある、とみんな言いますけど、その費用がまず用意できないから……。
それに、子供を連れて病院に行くのは大変ですからね。

そういうわけで、当分はその新しい眼鏡で過ごす予定です。
できあがりが楽しみです

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あの頃は本当に苦労してましたもんね。(>_<)

いやホント、その眼鏡を見ると思い出すこともあるかと思いますけど‥

‥でもまさか、トドメをK子ちゃんが刺してしまうとは!!
Σ( ̄□ ̄;)!!ガビーン!!(古っ)


まぁ、ミルさんは眼鏡が似合うけん、良かじゃんね。(^-^)

服部さん

本当に、娘にとどめを刺されるとは思いませんでした(^_^;)

似合いますか?
褒められると嬉しいですね~。
でも、個人的にはコンタクトの方が好きです☆

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

トラックバック

トラックバックURL

■近視 度数

度母 白内障手術のリスクと限界とは ... 左右眼の度数を調整し、軽い近視となるように選択することが多いようです。 白内障手術には、視力が低下してしまう例や、術後も老眼・乱視が治らず眼鏡や老眼鏡が必要になることもあります。そうしたことをしっかりと認識し、手術
2008/04/26(土) 05:16:53 | レーシック00

HOME このページの一番上へ