桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

大分旅行♪

久々に明るい話を。
先週末、1泊で大分旅行に行ってきました♪

珍しく、旦那がどうしても行きたいと言って……。
由布院・久住を中心に、車で大分観光。
免許取りたての旦那だけど、自分が運転すると言って聞かず、雨の中、高速道路と山道をずっと運転してくれました。
雨の山道って、いきなり運転レベルMAXのような気もしますが。
安全運転だったので、大丈夫でしたけど。
ちょっとだけひやひやしたこともあったかな(^_^;)

まずは高速に乗り、九重でおりました。
「くじゅう」ではなく、「ここのえ」と読むそうです。
てっきり、これで「くじゅう」かと思っていたら、久住と書いて「くじゅう」みたいです。
でも、「くじゅうれんざん」は「九重連山」って書くような……。
明確な違いを知ってる人がいたら、教えてください。

さて、梅雨に入ったこともあって、2日間ともお天気は雨模様でした。
でも、それはそれなりに楽しかったです。

まず、最近完成した「九重夢大吊橋」に行きました(これもやっぱり「くじゅう」って読むよなぁ……)。
そこに行きつく前に、ちょっとトイレ休憩に寄ったお土産物屋さんで、足湯があったので、ちょっとのんびり休憩。
展望台もあって、山の中だから風光明媚と言うか、雨で霧がかかっていて、幻想的な景色が見られました。
K子は初の足湯。
けっこう気持ちよさそうにしてましたよ☆

その後やっと辿り着いた九重夢大吊橋は、残念ながら風雨のために通行止め。
見るだけに終わりました。

その日は、そのまま由布院へ。
途中、車を停めて、作ってきたお弁当を車の中で食べました。
愛車のステラちゃんは、助手席を倒すとテーブルになるので、とても便利です。

2時頃に由布院駅に到着。
私は何度も来ているので、少し地理がわかります。
由布院駅近辺に車を停めると、観光しやすいです。

小ぶりになった雨の中を、傘をさして由布院観光しました。
K子は、前回の長崎旅行の時の教訓を生かし、ベビーカーに専用のビニールカバーをかぶせました。
前回の長崎旅行、ベビーカーのK子に傘をさしかけていたら、旦那と私がすごく濡れたので。
西松屋で980円だったけど、すごく便利です。
中に入れておけば、全く濡れないし。
ちゃんと空気窓もあって、ビニールが曇ることもなく、意外に快適そうでしたよ。
通りかかる人が珍しそうにのぞいては、
「可愛い(*^_^*)」
と言ってくれました。

由布院に最後に来たのは、4~5年前だったかな。
友人と一緒に、バスで観光しました。
その頃よりも、また新しいお店などが増えていて、びっくりしました。
有名な観光地ではあるけれど、もっと良くなるように頑張っているんですね。

5時くらいまで、約3時間の観光でしたが、欲張らなければこれくらいで十分です。
いろいろとお土産物屋さんを覗きながら、金鱗湖まで歩いて行ってきました。
ちなみにお勧めは、「ぷりんどら」。
プリンがはさまったどら焼きがあるのです。
意外とおいしいです。
ほかにも、時間に並ばないとすぐに売り切れるロールケーキのお店や、由布院一おいしいと言われるパンやさんなど、観光通り沿いに名店がずらり。
長崎と同じで、意外と観光できる場所がかたまっているので、特に女性は好きなのではないかと思います。
温泉やワイナリーは、少し離れた場所になりますけど。

駅に戻って、それでは宿に行きましょうとなったのですが。
何しろ、少し駅から離れた宿だし、山の中なので、だいぶ迷って1時間くらいかかりました。
迷わなければ、15分程度らしいのですが。
間違った道を行って別府市に入ってしまったり、正しい道を来ていたのに、あまりにも山深く入り込んでしまったものだから、間違ったんじゃないかと思って引き返したり……。

とにかく、旦那は謝りっぱなし。
私は後ろに乗ってるだけの身分だから、文句なんて言える筋合いじゃないのですが。
「俺がもっとちゃんと調べておけばよかったのに……ごめんね」
「いいよ~、ドライブだと思えば」
なんて会話を、何度となく交わしました。

着いた宿は、全室離れで、母屋はかやぶき屋根の、とても趣のある宿。
お部屋そのものは6畳で広くはないけど、各お部屋についているお風呂は広々としてるし温泉をひいてくれてるし、とても快適でした。
ただ、お風呂は半露天みたいな感じだったので、冬だったら寒かったかも……と思いました。
続きは、また後日。



いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
  にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ