桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

お正月の嬉しかったこと

旦那には弟妹が4人いて、あんまりひいきとかしちゃいけないと思っているけれど、旦那の末弟の四男君は可愛い。
小学校高学年だけどちょっと幼くて、素直に甘えてくるところが可愛い。

何よりも、私のことを「美人だ」と言ってくれるところが嬉しい(〃ノノ)
家族にブスと言われて育って容姿にコンプレックスがある身としては、裏表も下心もない子供のそんな言葉が何よりも嬉しいです。
旦那も言ってくれるけど、子供の言葉ってそれより嬉しいかも(*^_^*)

1月1日に、買出しついでに初売りに行くことになったときも、親子3人で行こうかと思ったら
「一緒に行きたい!」
って四男君がついてくるし。
私の腕時計が壊れてしまって、新しいものを選んでいるときもずっとK子のことを見ててくれて、すっごく助かりました。
お礼にアイスを御馳走しました。

2人だけで時計を選んでいたら、店員さんにカップルと間違われたのも嬉しかったです。
ちょっと離れたところで四男君がK子を見ててくれて、でもK子は1人で歩きまわるから後ろを気にしながら選んでたら、店員さんに
「どうかされましたか?」
って聞かれて、後ろの子供を気にしてるって答えたら、
「え、ご夫婦ですか? お子さんもいらっしゃるの?」
と、すごく驚かれて。
「てっきりカップルかと思いました」
と言われたのが、お世辞かもしれないけどすごく嬉しかったです。

私は、
「若いカップルに見えたのかな」
というのが嬉しかったし、旦那は
「そんなにラブラブに見えたかな」
と、嬉しそうだけどちょっと照れてました。
私と旦那、嬉しいポイントがちょっと違う?

帰る前日の夜、四男君が旦那に、
「今日一緒に寝ていい?」
と言ったのが、私的にはもうたまりませんでした
なんて可愛いの~~~~~、もう~~~~~

結局、旦那の布団に旦那と四男君。
私の布団に、私と娘が寝ました。
まるで親子四人のようだと思いながら。

四男君、旦那のことが大好きで一緒に寝たいのもあっただろうけど、K子と同じ部屋で寝てみたかったのかも、と思います。
K子のことも大好きだから。
ちなみに旦那が言うには、夜中にK子が泣いても四男君は爆睡だったそうです。

そんな四男君や、帰り際、旦那と三男君がじゃれてるのも見て、
「ああ、兄弟が多いのもいいな~」
と思いました。
兄弟が多くて仲がいいと、本当にいいですよね。
でも、私はそんなに産めないな~。体力的にも、経済的にも……。

ただ、K子はこんなに可愛がってくれるお兄ちゃんお姉ちゃんがいるんだから、将来
「お兄ちゃんが欲しい!」
又は
「お姉ちゃんが欲しい!」
と言うことはないだろうと思いました。
言われたら、
「いるでしょ!」
って答えよう。
弟か妹は、頑張って産みたいと思います。
授かるといいな。

去年の帰り際は、四男君は別れがたくて泣いてたけど、今回は泣かずにお見送りしてくれたところに、成長の跡を見つけたり。
子供の成長って、何だか嬉しいですよね。
私には弟妹がいないから、その分本当に自分の弟みたいな気分になってしまいます。
次に会うときはどうなってるのかな、と今からちょっと楽しみです。

追記。
旦那の家の猫の3匹のうち1匹が、私の膝の上で寝てくれたことも嬉しかったです。
帰省3度目で、家族として認めてもらえたのかな、なんて♪



いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
  にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ




コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ