桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

トイレトレーニング再開

暖かくなってきたし、引っ越しとかがあってからしばらく中断していたトイレトレーニングをまた開始したのですが、なかなかうまくいきません。
便座には座ってくれるのですが、まだそこが何をする場所なのかがわかってないみたい。
遊ぶだけです。

最近は、なぜかときどき勝手にズボンとおむつをはずして、カーペットでおしっこしたりします。
それが決まって、私が料理とかしててちょっと長めに目を放してる隙に。
はまだカーペットにされたことはないけど、そのうち危ないかな(^_^;)

もうちょっと言葉の理解が進んだほうがやりやすいんだろうけど、早くはずれてくれたほうが楽だし、おむつ代もばかにならないし……と、親の都合で勝手なこと考えてます。
おむつはずれは3才を目標にとは言うものの、やっぱり早いと嬉しいものです。
まだ2才前だし、まだまだ難しいかな。

しかし、どうして自分でおむつをはずしてカーペットにするようになったのか、すごい謎。
そんなこと誰も教えてないはずなのに……(>_<)



いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
  にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

どこで覚えたかな??
でも、場所は違ってもいい傾向かな♪
スッキリ感の違いに気付きつつある??
ちなみに・・・我が家のお姉ちゃんは
3歳直前で昼間のオムツがとれ
3歳半までは夜だけオムツでした・・・
それまでは、一度もそんなトイレに座ることも
なかったのですが、急に自分から座りだしていました・・・便器にはまって落ちていたこともありましたけどね(笑)

がんばって~。

おじゃまします♪
うちはね、1歳半からはじめたのですが、
かわいいシ~ルをつかいました。
大きめのお絵かき帳に日付かいて大きい丸書いて、トイレに行けたよシール(いっただけ)ちっこシ~ル、ウンチシ~ルと分けてできたらそこにシ~ルはるんです。その日の母コメントもいれて。そしたら、もちろんソソウもありましたが、私も子供も楽しくできましたよ。
シールはるのが好きな時期をつかってみました。
もちろん、外出にも持参で^^
いまでもそのノートは残してありいい記念になりました。
お子さんによって違うとおもいますが参考にしてみて。

友達は3歳でとれなくて悩んでたんですが、先生に大きくなって
オムツしてる子はいませんから、お母さんきながにがんばってといわれて
すくわれた~っていってました^^

ryoさん

これ、いい傾向なんですか?
言われてみれば、確かに、前はおむつがぬれてても平気だったけど、最近は気持ち悪くなって脱ごうとしているようにも感じられます。
する前に、何らかのサインがわかるといいのですが。
お姉ちゃんは、やっぱり3歳前後だったんですね。
夜のおむつはなかなかとれないものですよね。
3歳半なら早いのでは?

るんまんさん

初めまして、ご訪問ありがとうございます。
シールですか、どこかでも聞いたことがあるのですが、効果があるのですね。
シールはりは最近やっとできるようになったけど、うちの子は効果があるかな。
試してみますね。
ありがとうございます。

自発的にオムツ外すのはいい傾向★

只、子供を便座に座らせるよりは自身が便座に座ってる所を見せる方がいいかも。
その方が子供に何をすべきかが伝わり易いです。

何事も興味を持たせる事ですよ。

メイさん

自分でおむつをはずすのは良い傾向なんですね。
でも、それをどうトイレと結びつけるかが難しいです……。
自分がトイレに行くのを見せたりは、よくしてるんですけどね。

あれれ。。こんな事だったのね。。

さっきコメントしたんだけど、自分でオムツはずして。。って笑えるけど、親は笑ってばかりも居られないかぁ。。

最近は オマルってものを使わないの?

オマルの掃除も大変だけど、K子ちゃんの行動を見ると、これも有効かもと思うけど。。どうなんだろう?

姪達は 大 の方のがトイレ早かったですね

子供のペースに合わせてあげるのが一番だと思うけど。。
兎に角、成功したときは オーバーリアクションで
喜んで褒めてあげてね~♪

Kyouさん

オマルは、
「掃除が大変だから」
と、母が反対しまして。
私や兄も使わずに、早くおむつがとれたそうです。
トイレで、子供用の補助便座は使ってますよ。

うちの子は、大もダメです。
ふんばってるときにトイレに急いで連れて行くけど、便座に乗せたら踏ん張らなくなって、おろしたとたんに踏ん張り始めるから……。
褒めることはいつも心がけて、怒らない様にしてます。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ