桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

5月20・21日、2日間の話:指輪決定♪

20日の夕方の話です。

この日以前に、すでに何件かお店をまわって、いくつかに候補を絞っていたのですが、やっぱり気に入ったデザインの物は若干お高め。
デザインが1番大事だけど、やっぱりお金が無い身としては、金額も気になります。

そこで、数日前にネットで見つけたお店に行ってみることにしました。
デザインがすごく好みで、お値段もなかなかお手頃。
でも、指輪はつけてみないと雰囲気がわかりませんから、行く前の時点ではまだ下見程度のつもりでした。
ウエディングフェアに行った後で、時間も遅めだったし。

そして、行ったお店は。
キャナルシティ博多内にある、REIKAというお店(←リンク張ってます。HPにとんで、BRIDAL JEWERLY をクリックしてください。EngagementRingsのSideMeleeから、私が選んだ指輪「ミント」が見られます)。

実際につけさせてもらうと、もう本当に好みで。
値段的にも、今まで見たどこよりもお手頃価格。
というわけで、その場で決めさせてもらいました♪

似たようなデザインの物はほかのお店でもあったのですが、だいたい25万円よりだったのです。
でもここでは、20万以内におさめることができました。

決定と言うことで、ちゃんとサイズを測ってもらったら、なんと7号だそうで。
「そんなはずないですよ、私が今つけてる指輪は、9号ですよ」
そのときつけていた指輪は、シルバーアクセサリーのお店で買ったので、奇数号しか揃えてなかったのですが。
7号は入らず、9号はややゆるいけどいいかな、という感じだったので、私は自分では8号くらいだと思ってました。

「そちらの指輪は幅がありますから、大きめのサイズじゃないと駄目なんですよ。でも、こちらの指輪は、幅がそうないので、落とさないようにとか考えると、お客様なら絶対7号がおすすめです」
実際、サイズ測りのための指輪は、7号がぴったり。
かなり意外でした。

そして、この「ミント」という指輪。
ミントの葉っぱをイメージして作られたらしいのですが、それだけではなく、ミントの花言葉(だったかな?)が、「私だけを見て」なのだそうです。
独占欲の強い私には、そういう意味でもぴったりかもしれません。


ここで、少しだけ指輪選びのアドバイスを。
値段も気になるけど、一番大事なのは絶対にデザインです!
石の質(傷の有無、色合い、透明度など)を多少落としてもいいから、気に入ったデザインの物を選ぶべきだと思いました。

婚約指輪と言うと、別名プロポーズリングなんて言うように、プロポーズするときに女性に渡すイメージがありますが。
「勝手に選んで買って来るな! 好きなデザインを自分で選びたい!」
と、声高に叫ぶ女性の気持ちがよくわかりました。

こちらのお店でいただいたアドバイスによると、石の質って、高い低いはあるけど、肉眼ではほとんどわからないレベルの物もあるらしいのです。もちろん低すぎると、肉眼でもわかるような異物や傷が見えたりするのですが。
なので、値段が気になる場合は、お店の方に相談にして、石の質を肉眼ではわからない程度に落としてもらいましょう。

少し値段が安くても、デザインが好みの物のほうが身に着ける確率が高くなりますよね?
どこかになおしたまま、なんてことになるよりも、そのほうがいいと思います。
簡単ですが、参考にされてくださいね★


応援クリックお願いします☆

コメント

微笑ましいですね

いいものが見つかってよかったですね(微笑

ミントか…花言葉とかまで読む前に「あぁ、確かに似合いそうだな」と思いました

チャカすようで悪いですし苦痛に思ったら削除して下さい
ミントの花言葉は
効能 徳 美徳 もう一度愛して
のはずなんだけどなぁ・・・(’’;

話はギリシャ神話になるのですがミンタと言う妖精(ニンフ)がいて、冥府の王であるハーデスがミンタに非常に惹かれてしまいます。それを嫉妬深いハーデスの妃であるペルセポネーはミンタを地面の上で荒々しく踏み潰してしまいます。
そこでハーデスは哀れみ、ミンタを可愛らしいハーブ、つまりはギリシア時代で重宝されていた言い方で薬草に変えてしまいます。
つまりはもう一度愛して、と言う意味は女性が持つ男性への強い嫉妬心、略奪愛、そして大事なことですが本当に愛していると言う想いから、そう言われています。

私だけを見て 

と言うのもあながちニュアンス的には間違いでは無いですけどね。
ちゃんとどうしてこのような花言葉になったか、そういう意味もわかればステキなエンゲージリングになるかと想います。

>澪さん
ありがとうございます。
似合いそうだなってことは、爽やかなイメージなのかな?
う~ん、けっこう腹黒いですけどね。

>月+さん
初めまして。
博識ですね★
私は宝石店で聞いたことをそのまま書いただけなので、何とも言えませんが……。
花言葉って解釈によって微妙に違いもあるものだし、あまり気にしないことにします。
私なんて、「ミントってハーブなのに、花言葉があったの!?」って思ったくらいですから。
確かに、可愛い花は咲きますけど、あると思ってなかったんですよ。

結婚指輪は確かにずっとつけるものだから、確かに絶対デザイン重視!価格はnbuの時15万くらいだったかな。。。でも一つ引いたのがchiiが「金色がいい!」なんて言うもんだから「趣味悪いぜぃ」ってなって、一番オーソドックスなものを選びましたね♪
一生身につける大切なもの。良いお買い物ですよ♪

あ、遅くなりましたがはじめまして
全ての花に花言葉はあります。
由来はギリシア神話からも沢山ありますし
調べるととても面白いですよ('-'*)
草と花の境界線って言うのはとっても狭い物なんですが、意外とあるものですよw
私の場合は昔から神話が好きでたまたまミントが見えたものでーww
ミントの花はとても小さくて、可愛らしいその姿とハーブの爽やかな香りで周りを魅了したと言われております。
貴方もそうなる事を願って・・・(^-^*)

>nbuさん
あ~、金は好き嫌いがありますよね。
私もあのゴージャス感はあまり得意ではなく……というか、似合う自信がなく。
でも、実は黄色人種の肌にはなじみやすい色なのだそうです。
それがわかっても、私はプラチナがいいです!

>月+さん
私も昔、ギリシャ神話を読み漁ってました!
でも、もうほとんど忘れちゃってます。
ありがとうございます、よかったらまた来てくださいね♪

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ