桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

おすすめお手軽ワイン♪

昨日あれからピアノに向かったら、鍵盤の低音部分にちょっぴりかびがはえてて、ショックを受けました。
う~ん……ずっと触ってなかったから、仕方ないけど……。
こんな栄養分なんて何も無さそうなところにはえてくるなんて、かびって根性あるよなぁ。
なんて、感心してしまいました。


それはさておき、昨夜夕食を作ったときにワインを使ったので、お勧めのお手軽ワイン紹介をしてみよう、と思いました。

私が言うお手軽は、本当にお手軽です。
千円でおつりがくるようなワインですので、通なワインがお好きな方は読まないほうがいいかもしれません。

昨夜の夕食メニューは、母親のリクエストでハンバーグ。
それだけでは寂しいので、付け合せに野菜のソテー、それからポテトクリームスープを作りました。
これでサラダがあれば完璧だったのですが、残念ながらサラダ向きの野菜がありませんでした。

ハンバーグのソースは、赤ワインとケチャップとソースを軽く煮詰めた簡単な物。
でも、ただケチャップやソースをかけるだけよりも本格的な味になります。
赤ワインの分、塩分も控えめにできるし。
簡単で、ちょっと本格的な味になって、しかも健康的と言うことなし♪

でも、こんなふうに料理に使うワインって、いいワインだとちょっともったいない気がしますよね。
そこで、料理に使っても惜しくない値段で、普通に飲んでもそこそこな味のワインの紹介です。

メルシャンおいしい無添加○ワイン
○には、赤か白が入ります。
どちらも軽くて飲みやすい味で、私のようなワイン初心者向けで、料理に合います。
しかも、1本500円前後で手に入るというお手軽さ。
ふんだんに料理に使っても、全然惜しくありません。
私はいつも、このワインを赤と白1本ずつ常備していて、飲みたいときに飲み、料理に必要なときにも使います。
あると便利です。


もう1つ、お料理にはあまり使えないけど、ちょっとしたお祝い事のときにいいスパークリングワインを紹介しましょう。

アンドレ・ロゼ
アンドレは、アメリカではポピュラーなメーカーらしいです。
2002年ジャパンワインチャレンジ銅賞受賞、やや甘口で飲みやすいスパークリング・ロゼ。
そんな実績を持ちながら、1本800円前後というお手軽さ。
うちの近くのディスカウントショップだと、700円弱で手に入ります。
今年のお正月は、兄と2人で1本空けました。

以下がそのときの会話です。
私「一番有名なスパークリング・ロゼって言えば、ドンペリピンクでしょ? ホストクラブだと1本10万って、よくテレビで言ってるよね」
兄「普通に酒屋で買えば、3万ちょっとで買える」
私「そうなの? でも、気分だけはドンペリピンクのつもりで♪」
兄「それはドンペリに失礼だろう」
私「飲んだことあるの?」
兄「ある」

1本3万以上のドンペリピンクを、飲んだことあるだって、お兄様っ!?

私「そんなに違う?」
兄「いや、値段ほどの違いは無いが……」
私「確かに、値段だけなら、むこうがピンでこっちがキリくらいの違いはあるよね。でも私は、こっちで十分おいしいと思うよ」
兄「まあ、値段のわりにうまいな、これ」
私「ほら、もう1杯」
兄「もう無くなりそうだな~」
私「栓開けたのに置いてたら、気が抜けちゃうし、味も落ちるよ。飲んでしまおう」
兄「それもそうだな」

母「あんたたち、いい加減にしなさいっ!!!!!」

2人で調子にのって飲んでたら、母から雷が落ちて、取り上げられてしまいました。
アンドレ・ロゼの前に、日本酒も2人で空けてたもので……。


お手軽な赤・白・スパークリング・ロゼの紹介でした。
通ではなく、軽めのワインがお好きな方、ワイン初心者の方。
ぜひお試しください



おかげさまで、結婚までの道のり2位!
応援クリックお願いします☆

コメント

先のブログの続きですみません。nbu達は神戸で挙式・40人出席の教会式でレストラン併設。ウエルカムボードやベアーは手作り、お花は親戚のツテでタダ。料理は1万5千くらい、宿泊費なし・交通費1人3000円×10人程。あとは必要最低限のプログラムで一人90万くらい。でも地域によったり出席人数や挙式形式によって差はあるけど、一応参考までに。これに別途、新婚旅行や新居費はかかりますけどね(^^ヾ 家はnbuが元々住んでる割と間取り広いマンションだし、その後にぼちぼち揃えた家具類(ソファとか)。家電や生活用品は一通り揃ってたから買ってない。
大体の今の2人の貯金の1/3くらいを目安に挙式費用として組んでみては?どんな挙式をするかで金額はだいぶ違いますしね☆双方の家のややこいシキタリとかなければ、挙式は必要最低限にとどめ、その後の生活に資金をまわす方が得策だとnbuは思いましたね。あ、それでも旅行は一人15万くらいで行きましたけどね(^^;

ワインかぁ

小さな安いワインは、お料理に使うくらいかな!?
前に彼が長野で甘いデザートワイン買ってきてくれて、それはすごく飲みやすくて美味しかったです♪
苦いの苦手なので(^^;
紹介されてるの、軽めだったら大丈夫そうかな!?
今度探してみます~♪

んー

ドムペリニョンはスパークリングワインじゃないですよぅ(’’;
ドンペリニョン・ロゼとドンペリニョン・ゴールドがあるんですがシャンパンですー;

私からミルさんにオススメなのがカロンセギュールの赤ですね。ロゼもあるんですけど絶対赤がオススメです。
味がおいしいとかそういう理由じゃなくて、ラベルと何故ラベルがこうなったかの由来を調べたら・・・素敵ですよぅww

ごめん・・・・。

ミルさんは引っ越ししないよね。
すんごく勘違い。別の人とごっちゃになっていました。
本当にごめんなさい・・です。
お酒強いね~。日本酒とワインなんて
まさに最強の組み合わせ。二日酔いは大丈夫?
お兄さんと飲んで気分転換になったようで、
安心しました。

・・・間違ってしまい、もし怒ってなかったら、また
遊びに来てください・・・・。

>nbuさん
わわわっ、具体的に、本当にありがとうございます★
うちは、2人とも親元暮らしなので、電化製品、家具、生活用品を買わないといけないところが辛いかなぁ。
でも、頑張ります!
ありがとうございました。

>柳さん
お口に合わなかったらごめんなさい。
でも、アンドレ・ロゼは、苦手な人でもおすすめ。
探してみてくださいね~♪

>月+さん
スパークリングワイン=シャンパンではありませんけど、「シャンパーニュ地方で作られたスパークリングワイン」で、その中でも品質検査に合格したものだけが「シャンパン」と呼ばれるわけですよね。
それ以外にも、
フランス産スパークリングワインは「クレマン」
イタリア産スパークリングワインは「スプマンテ」
スペイン産スパークリングワインは「カヴァ」
ドイツ産はスパークリングワイン「ゼクト」
とか、まあ複雑ですけど。
大きなくくりで言うと、スパークリングワイン、ということでご了承ください。
逆に言うと、フランスの代表的なスパークリングワインの一つがシャンパンとも言えると思います。
カロンセギュールの赤……けっこういいお値段ですよね(汗)。
ハートのラベルは知ってますけど、由来は知りません。
今度調べてみますね。

>はなさん
全然気にしてませんから、そんなに謝らないでください。
勘違いは誰にでもあることですよ★
私も兄も、二日酔いにはならない体質のようで、大丈夫でした。
最強の組み合わせなんですか?
私は焼酎やウイスキーが苦手なんですよ。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ