桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

年末年始・2

旦那の実家に帰ったら、どうしても猫の話は避けて通れません。
旦那の実家、現在3匹の猫がいますが、そのうち1匹はどうやら旦那の実家がセカンドハウスのようで、ときどきしか帰らないそう。
確かに、丸々と太ってるし、よそでも餌をもらってるんだろうな~と思います。
今回は1度もお目にかかりませんでした。

残り2匹は、お目にかかりましたが……。
うち1匹は、娘の「ぎゅ~」攻撃に会い、危うく絞殺される寸前で。
私が助け出したのですが、かなり長い間私の膝の上で震えていました。
そしてそれっきり、家に寄り付かなくなってしまいました。
外に出て行って、ときどき様子を見に帰ってくるのですが、娘の姿を見ると逃げ出して家には入らず……。
可愛そうに(T_T)
娘がいなくなって、ようやく家で羽を伸ばしていることでしょう。

もう1匹は、夏にうちにきた子猫。
もう成猫になってました。
旦那の家族曰く、
「1番おバカ」
だそうで。

その言葉を示すように、同じくうちの娘に絞殺されかけたのですが、そんなことはすっかり忘れて娘と仲良くなってました。
3泊目の夜に至っては、娘がその子を
「こっちきて~~~」
と布団へ誘い。
その子も誘いに従って布団に入り。
私も娘も、生まれて初めて動物と一緒に寝ると言う体験をしました。

まあ、ほぼ私と寝てましたが。
だって、旦那、娘、猫ちゃん、私の並びで寝てたのですが、猫ちゃん、最初は私の二の腕に前足と顔を乗せて熟睡。
猫のいびきって初めて聞きました。ってか、動物に腕枕したのも人生初。
そのうち、布団が暑かったのか、気が付いたら布団から出て私の枕の横に丸まってて。
さらに時間が経つと、いなくなってました。
旦那が言うには、旦那がトイレに行くときに一緒について部屋から出て、そのまま部屋には戻らなかったそうです。

なぜ出て行ってしまったのか、もしかしたら寝にくかったのかもしれませんが。
とにかく、いろんな初体験をさせてもらいました。
貴重な体験でした。



いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

猫のいる生活

旦那様のご実家に帰られるたびに、猫とのふれあい話が
聞けて、猫好きとしては嬉しくなります。

人以外の動物と小さい頃から触れ合うことで、
弱いものを保護し、慈しむ心が育つと思うので、
K子ちゃんにとっても、猫ちゃんと触れ合った体験は
きっとかけがえのない思い出になることと思います。

今我が家にいる猫は変わり者なので、人と一緒の
お布団で寝てくれないので、ちょっと猫ゆたんぽが
恋しくなっちゃいました(*^^*ゞ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も旦那の実家で初の猫体験。。。ありましたね。内心ビビリつつ。。。でも、慣れてくると、性格それぞれ。。。間抜けっぷりが可愛く感じたり、ぶきようだなぁ~。。。と感じたり、アレルギーがあるので、あえて薬を飲んでの対応になるのですが、子供にとってみたら、なかなか触合えないだけに、嬉しいようで。。。
貴重な体験でしたね♪♪仔猫から飼ったら、また、違うのでしょうね♪♪
おばかちゃんが何だかんだで目が離せないし世話を焼きたくなるし♪旦那さんも猫のこと大好きなんですね♪
私は。。。。正直なところ、ちょっと抵抗ありです(笑)ただ、観ているぶんには、癒されるかな♪
ペットが飼える所に写れる努力。。。只今、必死です(笑)

cocoroneさん

うちの娘にそんな高尚なことが理解できてるといいなぁ(^_^;)
今は可愛がってるつもりが、絞殺しかけてるくらいだし……。
まあ、もう少し大きくなったら……と思います。

一緒に寝ない猫ちゃんもいるのですね。
必ず暖かいところに来るものだと思ってました。

管理人のみ閲覧できますさん

確かに、赤ちゃんのいびきはぶさ可愛いですよね(*^_^*)
うちの子もときどきかいてます。

いやぁ、ランキングに入るの久々で、すっかり忘れてました。
クリックありがとうございます。
結婚できるか否かのあたりはかなり訪問者が多くて、1位のときもありましたが、今はなかなか……。
まあ、気にせずのんびりやっていきたいと思います。

ryoさん

もともとは猫苦手ですか?
アレルギー持ちなら仕方ないですね。
そう、性格もそれぞれ、可愛くて見てるだけで癒されたり……。

私も飼ったことはないので、将来飼うのにはちょっと抵抗がありますが、飼えるところに移れば、多分飼う事になると思います。
旦那も娘も、動物大好きだから……。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ