桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

バレンタイン当日の話

今年のバレンタインは、ケーキを数日前に焼いて旦那に食べてもらって、とりあえずそれで終わり……の予定でした。
しかし、当日何も無しじゃちょっと寂しいかな~と、ちょっと考えて。
娘からと言う事で、小さめのハートのチョコを購入しました。

バレンタイン当日、日曜日の午後。
娘を手招きで呼んで、
「パパにありがとう、ちゅってして渡せる?」
と、チョコレートの包みを渡すと、娘は軽くうなずいて旦那のもとへ。

さあ、うまく言えるかな? とドキドキしながら見ていると。



「はい、どーぞ」

と、旦那に手渡し。ちゅーも無し。
旦那はすごくびっくりして喜んでたけど、娘の「はい、どーぞ」は、「開けて食べさせて」の意味。
チョコレートの半分は、娘の胃袋へと消えました。

しかし、予想以上の旦那の喜びようにこちらがびっくり。
まさか娘からもらえるとは思っていなかったらしい。
旦那はサプライズに意外と喜ぶと言う事に、4年以上一緒にいて初めて知りました。
あんな小さなチョコであんなに喜んでもらえるのなら、また何か考えてサプライズしようかな。

ちなみに余談ですが。
「ホワイトデーのお返しは何がいい?」
と聞かれて、
「ケーキとか~~~」
と答えると、
「バッグとか財布とかじゃなくていいの?」
と旦那。
「そうだね~」
ちょっと考えていると、
「でもいいよね、女性は。3倍返しとかで、たかがお菓子程度のプレゼントでバッグとかねだれるんだから……」
「だからケーキでいいって言ったじゃないか~~~~~・゚・(ノД`)・゚・」
と言う会話が行われました。
私は誓ってねだってませんよ。



いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

ウチの娘、物心付いた頃に、「ねぇ明日、○○はチョコレート貰えないの?!」と、バレンタインデーの前日に涙目で訴えて来た事がありました。以来、毎年娘にもあげてました。
20歳になって今年初めて「ワタシ要らない」って言いました(笑)

そういいながら、ミルさんの欲しい物を買ってあげたいんだろうな~旦那さん(*>艸<*)キャー
いつもラブラブで羨ましいです♥♥

私は塩クッキーとチョコパウンドを作ったのですが
ほぼ旦那さんの胃袋に消えましたw
自分で作るものがどんどん『まぁまぁ』の味になりつつありw
少し食べて『もう全部食べていいよ~』みたいになります。

ホワイトデー。。。うちの旦那さんは『今度は俺が作る』って言ってましたが
私はバッグとかの方が・・・w(ぉぃ)

まぁ、お小遣い少ないのに無理させちゃ可哀想ですよねww

牛子さん

女の子はチョコレート好きですよね♪
御嬢さんの気持ちわかります。
20歳まであげ続けた牛子さんが偉いです!

獅子王さん

塩クッキーって初めて聞きました!
塩チョコはありますよね。
男性は、ただ甘いだけの物よりも好きなのかも。
私もトライしてみようかな。

手作りしようとする旦那様も素敵じゃないですか♪
うちの旦那は料理関係だけはダメみたいです……。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ