桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

結婚式の時期

5月22日にアップした「5月20・21日、2日間の話:2度目のウエディングフェア」に書いたように、結婚式は3月でもお得なプランでオッケーになったのですが、個人的に、やっぱり12月がいいなぁと思っています。

理由として1番大きいのは、資格試験のこと。
12月末に受験願書出して、試験は3月。
来年も受けようと思ったら、結婚式と重なって、勉強どころではないと思うのです。
それに、願書出したときは旧姓で、試験受けるときは新しい姓になってたりしたら、混乱しそうだし。
もし受かったとしても、旧姓で合格証書もらうより、せっかくなら新しい姓でほしいなぁとか思ったりして。
全部をすっきりさせるために、願書提出の段階で入籍を済ませておきたいわけです。

もう1つの理由としては、前にも書きましたが、私が式をしたいチャペルが、1月2月に改装予定であること。
「予定」ってのが曲者なんですよね。
運がよければ3月はじめにできあがって、よりゴージャスになった式場で式が挙げられるのかもしれませんが、運悪く改装が延びてしまったりしたら、そこで式ができなくなるわけだし。

そういう理由もあって、やっぱり急ぎたい私。
でも、結婚式場は半年後くらいまで埋まるものです。
本気で今年中に、と思うなら、本当にそろそろタイムリミット!
それどころか、もしかしたらもう埋まってしまってるかもしれません。

そう思って、昨夜母に言ったんです。
「今月半ばに彼がこっちに来るの。会ってもらえないかな?」
って。
もちろん、上記の理由も伝えました。

「え~~~~~。今月?」
と言ったきり、無言の母
色よい返事はもらえませんでした。
言葉にはされませんでしたが、まだ心の準備ができていないと言う気配が伝わってきました。

そりゃあ、私の都合ばかりで話を進めてるのはわかってますよ。
親だけじゃなく、ここを読んでる人達とか色々な人から、勝手だとかわがままだとか、思われてるかもしれません。
でも、結婚するのは私なんです。
急ぐのも、理由あってのことです。

そろそろ観念してよ、お母さん!
反対されたって、結婚はするんだから!
会うのを先延ばしにしたって、結婚式の次期が数ヶ月変わるだけじゃないの!

ちなみに、父親にはまだ話してません。
とりあえず、5月の段階で、会うだけ会ってもいいような感じだったし、その辺は母より頭が柔らかい……というか、基本的に放任主義、悪く言えばあまり子供に愛情もってない人だから。
この場合の難関は、父よりも母になります。

6月半ばまでに母親を攻略したいと、策を練る私でした。
良い策がある方は、ぜひコメントをよろしくお願いします。


おかげさまで、結婚までの道のり2位!
応援クリックお願いします☆


こちらもお願いします。




1ヶ月無料キャンペーン中のNTTPCレンタルサーバー。
メールアドレス無制限で、ウイルスチェックも無料!

コメント

ただいまです♪

本日東京から帰ってきました^^

結婚となると、式だけじゃなく、引っ越しとかいろいろ準備が必要ですしね(>_<)
試験勉強は難しくなりそうですよね…(^^;

人を説得するときの方法のとして。

「最初にものすごく無理なことを言ってから、その後に、最初言ったことよりハードルの低いことを言う」

という方法があります。

たとえば、

「結婚に賛成してくれないなら、今すぐ彼と一緒に住むから」

と言ったら、当然反対されるので、そこで

「じゃあ彼に会って話聞いてくれる?」

とか。
最初に断ってることがあると、後から言われたちょっと可能なことは、断りにくい…という人間心理があるので。

あと、「2択問題にする」というのもあります。

最初から決まってるような言い方で、

例えば、「すぐに結婚するのと、まずお母さんが彼と会うのと、どっちがいい?」とか。

内容はいろいろ考えて頂いた上で、参考までに~(*^^*)



策、か…(ニヤリ

ふむ…確かに策がいると言うなら…策士には不向きですが考えてみましょう
始めにむちゃな事を言うのはいい策です。ある意味交渉において基本ともいえる常套手段ですね

お母様も彼氏さんに会ってみないと、話してみないと話は進まないでしょう…ならば覚悟ができていようがなかろうが会ってもらいましょう
ひらたく言えば騙し討ちですね(邪笑
バンジーだって覚悟が固まるのを待っていたら尺を食い過ぎて他のコーナーを縮めますし「…○○後」なんて番組内しかできませんからねぇ(脱線

皆がいろんな案を出してくださるでしょうが最終的にどうするかはお姉様次第です
思索と決断の配分にお気をつけてくださいな(微笑

人様のご家庭をよく知らない上で勝手なコメント申し上げます。すみません(--;
母上様の牙城が厳しければ、その周りから攻めていくのはいかがでしょう?時間がないのはよくわかっています。それにいくら子供に愛情ないといえど父上様を味方につけ母上様を丸め込むというのは?頑なに拒むお母様の心理は納得いかない事ばかりですが、一人でも多くの仲間を増やす事、あるいは、あまりお勧めではありませんが、強引にアポ無しで彼に来てもらう。
かつてはnbuもそうしようとしてました。嫁が「タイミングってのものがあるから」などとなかなか合わせてくれなかったイラダチからなんですけどね(^^;
何も参考にならずすみません。今、nbuにできる事はポチ凸ッとです(;_;)

策ですか~。

これは私のお友達が実際にしたことなんですが‥。
まず、彼氏さんをおうちの玄関先まで連れてきて、
「彼、玄関先まで来てるんですけど、会ってもらえる?」
と尋ねてみてはいかがでしょうか?
もし一度でダメでも、お母さんに「悪いなぁ」と思わせることができて、話を進めやすくなると思いますよ。(^^)

もちろん、今月中にすべて展開することができれば‥ですけどね‥。

んんー。
半ば無理やりに会わせたら私はそれっきりって可能性もあるんじゃないかと私は思います。
あくまで個人的な意見ですが結婚するのはミルさんですがお家の方の問題でも無いわけでは無いのですから難しいですよね;;
年下の彼ってわけですから親御さんから見たら少し頼り無いって思ってるかもしれません。
女性側の母親父親は幸せな家庭を不自由なく作る、が絶対的にかつ最低条件でありますからねぇ;
むしろ結婚の話をしないでただ恋人を連れてくる、という形でしたら会ってくれる可能性があるのではないでしょうか。
一番最初であった人に結婚の話よりもゆっくり会ってそこで信頼を作れない限り、まぁ要するに最低限度のマナー(テーブルマナーも含む)や常識で大丈夫だと思うんですがそれをコツコツ作ってからじゃないと打破出来ない気がするんですよ・・・(´・ω・`)

ちなみに最終手段は駆け落ちです(ぉ

う~ん、難しい問題ですね。
うちの場合は全然参考にならないので、
あくまでも推測で。
お母さんの性格をよく知っているお兄さんに
「今月に合わせたいんだけど、良い方法ない?」
と相談してみるとか、
彼の親から、ミルさんの親に電話をしてもらい、
「一度全員で会いたい」っと言ってもらう。
とか・・・・。参考にならなくてゴメン。
でも、お母さんが無言で、「絶対やだ」って言わなかった
だけいい方向に進んでいるのでは?
何とかうまく行くように祈ってます。

>柳さん
おかえりなさい☆
楽しんでこられたようで、何よりです。
ああ、それ、セールスの人の極意みたいなので似たような話を聞いたことがあります……。
参考にさせていただきます。

>澪さん
策士向きな人かと思ってたら、違ったんだ(笑)。
だまし討ち……は、ちょっと……う~ん、できるかなぁ。
私が意外とそこまでできないタイプかも。

>nbuさん
あ~、父親を味方につけるのも難しいですね。
会うだけ会ってもいいけど、賛成してくれる雰囲気ではないです。
コメントとクリックだけで、じゅうぶん嬉しいですよ☆
ありがとうございます。

>ひつじさん
ちょうど両親がそろってる日に、彼氏が来られたらいいんですけどね。
うちの父親は仕事に行ったり行かなかったりだし(ぁ)、母親は気まぐれだし。
ちゃんと言っておかないと、2人が家にそろってることがなさそうな気がします。

>月+さん
そうやって時間をかけて……となると、やっぱり年末挙式は無理ですね……。
うちの父親が「幸せな家庭を不自由なく作る」という条件を満たして母と結婚したのであれば何も言えませんが、父も貯金ゼロ、飲んだくれ・ギャンブル好き・金銭感覚無しの状態で結婚したから(しかも今も変わりませんが)、娘の夫になる人にそれを求めるのは勝手すぎるかなぁとも思います。
でも、自分のことを棚にあげるのは上手な人なんですよね。
困った親ですv-13

>はなさん
う~ん、兄は基本的に「甘えるな。自分のことは自分でやれ」って人なので……協力は難しいです。
でもそうですね、「絶対嫌」と言わなかっただけ、進歩してるのかもしれません。
ありがとうございます、頑張ります。

自分が苦労したから娘だけには苦労して欲しくないんですよ。
それをわかって欲しいのではないでしょうか・・・;
自分の事を棚に上げてないわけじゃないですが、自分の事が現実的に苦労したから同じ想いをさせたくないんですよ。
お母様はその事を分かって欲しい心が、少し言葉が貴方にとって辛い事になったもかもしれません。
貴方も万が一の話ですが金銭や身体に不自由な生活をした事がもしもあったら、その気持ちがわかるかもしれません。私の母親も仕事しないでお金が無いのにお酒を飲むような父親で離婚をして一人身である程度育ててくれました。今でも母親はお酒を飲む人は嫌いだと言ってるのですが私に同じ想い、同じ苦労をしないで欲しいって言う愛だと思っています・・・。
ちょっと説教じみた事言いました、申し訳ありません・・・・

>月+さん
申し訳ありません、私の書き方が悪かったと思います。
上に書いた言葉は、父に向けた言葉です。

父親の借金で不自由な生活もしましたし、今でも私が働いたお金は父の借金返済と家の生活費に流れて行くし、父親からの理不尽な暴力も経験してます。

母に対して言いたいことは(上には書いてませんが)、父を見ていて、借金や暴力やギャンブルのことは、本人の人間性によるものだと思っています。
私の彼に会ってその人となりを知ることもせずに、年下で貧乏だからという理由だけで、苦労すると勝手に判断して反対するのが納得いかないのです。
顔を合わせた上で、「あの人はよくない」と言われるのならば、ある程度仕方ないとは思いますけど……。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ