桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

ダーリンVSアイスクリーム!

しばらく電話ネタが続くかもしれません。
なぜかここ数日、電話で妙なネタが飛び出すのです。
昨夜もそうでした。

その言葉に至るまでの経緯は忘れてしまったのですが、彼がこう言ったのです。

「俺の膝の上と31のアイスクリーム、どっちをとるの!?」



……比べるようなものかい。

確かに私も、
「猫と私とどっちが好きなの!?」
ってよく彼に言います。
でも、私が比較対照にしてるのは、生物(いきもの)ですよね。
それに大して、アイスクリームは、生物(なまもの)ですよね。
ダーリンとアイスクリーム。
同じ土俵に上がるのが難しい気がするのですが……。

「それはもしかして……私がダーリンの膝の上をとったら、私は一生31のアイスクリームが食べられないってこと?」
「そう」

今現在、6月から7月23日まで、31ではチャレンジ・ザ・トリプルキャンペーン中で、
「6月に会ったときには絶対31に行く」
と、私が何回も言ってるのです。
私は甘い物が大好物で、31のアイスクリームも大好きなのです。
あのたくさんの種類のアイスクリーム、いつか全部食べつくしたい、という野望(?)を持っています。
太りやすい体質を気にして、なかなか実行できませんが……。

それはさておき。
「それは比べるまでもなく、ダーリンの膝の上をとるよ」
と、私は即答しました。

「本当!?」
嬉しそうな彼。

「うん♪ ダーリンの膝の上でハーゲンダッツのアイスクリーム食べる


「えええええええ~~~~~~
「だって~、ダーリンの膝の上に座布団敷いて、その上に座って、『私は座布団の上に座ってるの★』ってわけにはいかないんでしょ?」
「それは駄目~」
「じゃあ、やっぱりダーリンの膝の上でハーゲンダッツのアイスクリームに決定♪」

彼は不服そうでしたけど。
でも、例え話なので、やっぱり今月会ったときは、一緒に31に行くと思います☆


おかげさまで、結婚までの道のり2位!
応援クリックお願いします☆


こちらもお願いします。



キュービックジルコニアの可愛いアクセサリーがたくさん☆
お求めやすい価格です。興味のある方は、ぜひどうぞ♪

コメント

あははははは(狂笑

お姉様、その切り返しは最高デス

夜中に、つか丑三つ時も過ぎた夜中に近所迷惑な爆笑が響くところでしたよ

…でもまぁ、ある意味イキモノとの比較の方がイヂワルかも(ぁ
なまじ「生き物」として同じカテゴリでくくれるだけに(苦笑

最初は、あえて質問を無視して「膝の上で31アイスを一緒に食べるのが最高」とか答えるのを期待してましたがそれ以上にウケました(ぁ

うまい!

ミルさんはいつもダーリンさんの上をいってますね~。
それにしてもお2人は31のアイスクリーム以上にあま~い♡ですなぁ。
私たちはこんな会話したことないですよv-356

真剣にそういう問い問答になったら迷わず「彼(彼女)」を取りますが、私的には「アイスクリーム!」と即答した方が面白くなるのでそう答えるかなぁ。。。でも、すみません、ミルさんの「猫と私」も同じ土俵では・・・(^^; まぁラブラブMAXのカップルによくある光景で懐かしかったですが、そういう時は、「アイスも捨てがたいけど貴方はもっと大事」と両方主張してみましょう♪

>澪さん
笑っていただけて、嬉しいですよ★
そんなに笑ってもらえるとは思いませんでした。
え~、猫と比べるほうがいじわるかなぁ。

>いっぽさん
上行ってますか?
ありがとうございます♪
アイスクリームより甘い……ですか?
いっぽさんもこんな会話してみましょうよ★

>nbuさん
猫と私も同じ土俵じゃないですか?
う~ん、だって、ダーリンがどっちにも「可愛い」って言うから……同じかなぁと思ったんですけど。
いや、どっちでもいいんですけどね☆

忘れてました…

この前、彼とラーメンを食べた後、31のアイス(トリプルキャンペーン)を食べてたことを書くのを…w
お腹いっぱいだったけど、人が並んでるのを見るとどうしても食べたくなって、二人でスモールサイズのトリプルを一つ、頼みました(*^^*)
一緒に食べたいですよね~♪

>柳さん
やっぱり、食べたくなりますよね!
私も、2人でスモールサイズのトリプルを頼む予定ですv-266

ちなみに…

半年前に別れた彼女にはそのタイプの質問…「猫!!」と即答されます
質問した事無かったけど日頃から先に「貴方より猫が大事」だと言われてましたから(遠い目

>澪さん
あははは(苦笑)。
ちょっと切ないですよね。
嘘でもいいから、「貴方が大事」って言って欲しいですね。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ