桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

信頼関係?

先日、ママ友さんのおうちにお邪魔した時のこと。
娘たちは楽しく遊んでいて、なかなか娘が帰りそうになくて、
「困ったな。帰りに買い物したかったけど、時間が……」
と言うと、
「今のうちに行って来れば? K子ちゃんは見てるから」
と、ママ友さん。
「本当? いい? ありがとう! K子ちゃん、ママちょっとお買い物に行ってくるから、いい子にしててね」
と言うと。
娘、うなずいて
「バイバイ」
と、実にあっさり。

これを見た別のママ友さんがびっくり。
「うちは無理!」
だそうです。
お母さんが離れたら泣くのだとか。

「これって、ミルさんとK子ちゃんの信頼関係がしっかりしてるからだよね」
って言ってくれたけど。
単に性格だと思います……(^_^;)

うちの娘は昔からこんなだった。
はっきり覚えてないけど、私から離れても全く平気な子だった。
少なくとも、こちらに引越してきた1歳半過ぎには、買い物中に1人でどこかに消えるような子だった(昔の記事はこちら)。
私は逆に、私があんまり家の中で遊んであげないから外に出たがったり、外に出たら平気で私から離れて行くのだと思ってて。

だってね~、うちの子気分屋で、同じ遊び続けられないし、ちょっと思い通りにならないとすぐ癇癪起こすし、せっかく遊んでてもすぐ別のところに興味が行っちゃうし。
かまってかまって、のときはかまうようにしてるけど。
初めての子だから、私も遊び方がわからなくてお手上げで。
家では1人遊びで放っておくことも多くて。前からずっと。
最近は、もしかするとそのせいで言葉の発達が遅いんじゃ? と思ったりしてます。

家でうまく遊んであげられない分、生後半年くらいから外には積極的に連れ出すようにしてて。
赤ちゃん体操から始まり、今も市や公民館や幼稚園のお遊び教室には、情報を集めて毎週行きます。多い時は週4とか。
もちろん、ある日とない日があるから、無い日はどうすることもできないけど。
無い日は無い日で、雨でも必ず外に行くようにしてます。
雨でも外に出たがるからなんだけど……。
でも、娘が外に出たがるのは、私が上手に遊んであげられないから、家が楽しくないからじゃないかと思って……。

確かに、親子の信頼関係がしっかりしてて、離れても大丈夫だと子供が思ってるからだって、保育士さんに言われたこともあるけど。
でも、単にそういう性格のようにも思えるし。
それとも、私の遊び方が足りないのか。
真実はわかりません。
娘は何も言わないから。

前住んでいた場所は、娘が生後2ヶ月から1歳半頃までいたのですが、見知らぬ土地に引越して、周りに親戚も友達もいなくて、親子で家にこもりっきりの時期があったのが悪かったのかな……とか、いろいろ思います。
あの頃は、赤ちゃん体操に行ってたと言っても、月に数回しかなかったし。
月数回の赤ちゃん体操以外、買い物と散歩くらいにしか行かなかったっけ。
市の保育所にフリールームがあって、毎日開いてることを知ったのはずいぶん後だったし。
あの頃にもしも戻れるなら、もっと遊びに連れて行ったり、積極的に声をかけて遊んであげたいな、とか。
まあ、今さらだけど。
2人目のときは、もうちょっと上手に遊んであげられるんじゃないかと勝手に思ったり。
こちらのお遊び教室の情報は、もう大方把握できてるし。
もう1回、ちゃんと子育てしたいな、と思ってます。
2人目、早く来てくれないかな……。


いつも来てくれてありがとうございます。
クリックしてもらえると励みになります♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます さん

管理人のみ閲覧できます さんも同じような感じだったんですね。
やっぱり、子供はお母さんが家にいてくれたほうがいいものなのでしょうか。
しかし、現実問題として難しいですよね。
必ずしも父親だけの収入でやっていける世の中ではないわけだし。

年下の特権、やっぱりあるみたいですね。
どこのおうちも、下の子の方が早いって聞きます。
本当に、待ち遠しいです。

二人目って純粋に欲しいだけでなく一人目を育てる時の失敗に対する復活戦でもある様に感じるこの頃。
私も一人目を産んだ頃は日々に対する不安から来る億劫で閉じこもってばかりだった。

次は…。
一人目が一緒に居るから寂しくも怖くもない★

ミューロさん

私も同じ気持ちです♪
今度こそって気持ち、どこかにありますよね。
1人目がお試しのようでちょっとかわいそうな気持ちになるけど……(^_^;)

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ