桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

気になった物を集めました

英紙が1面で日の丸に「がんばれ、東北。」(←クリックで記事に飛びます)
これはすごいですね。
日本の大手新聞でこんなのは見たことがありません。

心に残るつぶやき
本当に泣けます。

日本を励ます画像の数々「Pray 4 Japan」
日本はニュージーランドの地震の際、こういうことをしただろうか……?

台灣如何看待日本311 (台湾は日本国民に捧げます)
台湾の人は親日が多くて嬉しいですね。
たまに、こういう最低な人もいますが、解任されたそうです↓
「日本人は犬、助けるな」発言の議員補佐が解任=台湾

あと、自衛隊すげーーーーー! と思ったので。
自衛隊「生存者救出せよ」 宮城
すでに1万人以上の人が自衛隊によって救出されてるそうです。
孤立したり取り残されたりした人たちだと思いますが、すごい活躍です。
日ごろ、血のにじむような訓練をされているのだろうな……。
自衛隊の能力の高さは、諸外国でもよく知られています。いろんな国に救助に向かってますからね。

吉田茂元総理の言葉を思い出しました。
吉田茂 (昭和32年2月、防衛大学第1回卒業式にて)
「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、
歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。
きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。
しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、
外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、
国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。
言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。
どうか、耐えてもらいたい」

しかし、こんなに頑張ってる人たちに対して、
「自衛隊は違憲だから帰れ!」「君たちは歓迎されてない!」
とか声を上げる左翼団体がいることに戦慄する。
自衛隊がいなかったら救出にどれだけ手間取るか、そしてその間にどれだけ犠牲者が増えるか、少し考えてみたらいいのに。
こういった左翼団体は自分たちや家族が災害に遇ったら、決して自衛隊に助けを求めず死んでください。
あと、自衛隊を「暴力装置」呼ばわりした仙石。自衛隊に土下座して謝れ。

あと、嘘だと言われることもある有名な話↓
2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。
少女「あんたら地元の人間か?」
団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」
少女「で、何しにきたんや?」
団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」
少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」
団体「・・・・?」
少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。
   寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて
   夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。
   私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。
   あんたらにわかるか?
   消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。
   でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」
最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。
あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。
団体は撤退。
彼女が門をくぐった時に、守衛さんが、彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。

村山富市とブサヨプロ市民による、阪神大虐殺の記録
このときの辻本清美が今回の震災ボランティア連携担当の総理大臣補佐官って、絶対あり得ない。
また同じことを繰り返す気だろうか……。
で、この旧社会党だか社民党だかが多く入り込んでるのが今の民主党。
本当にちゃんと対処できてるのか?
個人からの物資も受け付けてないし、ボランティアもまだ受け入れられてないし、遠く離れた私にできることは募金と献血と節電くらいだけど(実際は妊婦だから献血もできない)。
こんな何もできない身で言うのも何だが、現政権は激しく不安だ。
少なくとも、通勤ラッシュの時間帯に計画停電なんて大間違いだと思うんだけど……日本経済のとどめになりそうだ。


いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ