桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

できることから少しずつ

昨日、ゆうちょ銀行を通じて寄付をしました。
ゆうちょ銀行窓口では、災害義援金の無料送金サービスをしています。
ATMを使うと手数料がかかりますが、窓口にお願いすると手数料がかかりません。
詳しくはこちらへ。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/information/news_index.html
物資は、すでに相当届いているはずです。しかし、燃料不足で避難所まで届いていない。
それならば、現金を送るのが1番いいのではないかと思いまして。

そして、そのままガソリンスタンドへ給油へ行ったのですが、長崎のガソリンスタンドはガラガラです。
客はうちだけ。
九州は平和すぎて、申しわけないくらいです。
うちも、週末に実家に帰る予定が無ければまだ給油しない予定でした。
でも、高速を走るし、タイヤの空気圧も点検したかったので早めの給油をしました。
そのときに、店員さんから紙が手渡されました。
節電のため、夜の営業時間を短縮しているのでご協力をお願いしますという内容でした。

店員さんと少し話してみたのですが、西日本はガソリンが足りてるので、3割を東日本に送る計画だと。
西日本で不足が起きた場合は、給油制限などをお願いするかもしれませんが、どうぞご協力くださいと言われました。
その程度の協力ならいくらでも。
うちはいつもエネオスで入れてるのですが、大きい会社はやっぱり対応が違うな……と思いました。今後もエネオスを愛用します。
どこでも同じ対応かな???


今、福島の原発で、文字通り命がけで働いている人たちがいます。
東電の職員50人、自衛隊、米軍の皆さま方。
本当に頭が下がります。
被ばく覚悟で働く勇気ある皆様に、心から感謝致します。
今私がそこにいたら、逃げることを選ぶでしょう。お腹の子を守りたいから。
だからこそ、残ってくださる方には称賛と感謝の言葉しかありません。
本当にありがとうございます。

しかし、これは政府の人災です。
原発事故直後、日本政府が米の支援申し入れ断る(←クリックで記事に飛びます)
口蹄疫の時もそうだったけど、民主党は甘く見すぎ!
危機管理能力のない政府なんていらない!
国民の命を無駄に危険にさらすなんて本当に最悪だ。
私は民主党に投票したことは無いし、今後も一切しないから。


さて、日本には「言霊(ことだま)」という言葉があります。
古代日本で言葉に宿っていると信じられていた力で、発した言葉どおりの結果を現すとされていました。
「言霊の幸ふ国(ことだまのさきわふくに)」と言う言葉もあります。
言葉の霊力が幸福をもたらす国。日本のことだそうです。
少々迷信じみた話ではありますが、今日はそれに沿って前向きな発言してみたいと思います。

今、20代、30代、40代の働き盛りの皆さま。
私たちの代で、日本を復興させましょう。
より強く美しい日本となる礎を作って、私たちの子供世代にバトンを渡しましょう。
それが、今日本に生きる私たちの役割です。
できるからこそ、今私たちはここに生きているのです。

今10代の子供たちは、この震災のことを忘れないでしょう。
生き延びた子供たちは、きっと強くたくましく、何事にも負けない子に育ってくれます。
その子たちが、より日本を発展させてくれることでしょう。
おそらくは記憶に残らないだろう幼い子供たちにも、忘れずに語り継いで行きましょう。
小さいお子さんをお持ちの親御さんたち、しっかり子育てしましょう。それだって立派な貢献です。

1人1人の力は小さいけれど、みんなが力を合わせればできることです。
いらない力などありません。みんなの力が必要なのです。

阪神大震災では復興に20年かかるとされましたが、5年で復興しました。
今回の震災の被害はそれより甚大で、5年よりは長くかかるでしょう。
それでも、私たちがこの気持ちを忘れずにいる限り、復興は可能なのです。
何年もの間、この気持ちを忘れずにいるのは大変なことかもしれませんが、戦後の復興を成し得た日本人の魂は健在です。
今度は私たちの番。
長い戦いになりますが、私たちが希望を捨てない限り、日本の未来は明るいのです。

日本はきっと大丈夫。
私たち1人1人の手にかかっています。
頑張りましょう。


いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ