桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

日本はいつから独裁政権になったのか

石原都知事、消防隊への圧力に抗議=原発放水「速やかにしないと処分」(←クリックで記事に飛びます)

 東京都の石原慎太郎知事は21日午後、首相官邸で菅直人首相と会い、福島第1原発での放水作業をめぐり、政府関係者から東京消防庁ハイパーレスキュー隊幹部に対して「速やかにやらなければ処分する」との圧力的発言があったとして、抗議した。石原氏によると、首相は「陳謝します。大変申し訳ない」と述べた。
 石原氏は会談後、記者団に「現場の事情を無視して、(放水作業を)速やかにやれ(と指示があった)。やらなければ処分する、ということを上から言ってはいけない」と強調。さらに、「担当大臣か何か知らないが、恐らく上から来るのだろう。そんなばかなことを言ったら戦が戦にならない。絶対言わせないでください」と首相に申し入れたことを明らかにした。
 また、同隊が使用した放水車の連続放水能力は4時間が限度だったが、政府側の指示で7時間連続で放水したため、石原氏は「完全に壊れた」と説明した。
 一方、枝野幸男官房長官は同日午後の記者会見で「これから調査する」と述べるにとどめた。

猪瀬直樹氏のブログに詳細が書いてあります。
http://www.inosenaoki.com/blog/2011/03/post-8bab.html

私の感想:海江田経産相の発言らしい。
日本は民主国家だと思ってたら、大臣が「処分するぞ」って公務員を恫喝して危険な場所に向かわせることができる国だったらしい。知らなかったわ。どこの独裁国家だ。
石原都知事は天罰発言とかたまにひどいことを言うけど、間違ってない部分もあるんだよな。
全部間違ってる民主党の人間よりは、半分間違ってる石原都知事のほうが多少ましなのかも。

「言葉にできない」石原都知事、消防隊員に謝辞 感極まり言葉詰まらせる(←クリックで記事に飛びます)
パフォーマンスかもしれないけど、現場の士気が上がったのは事実でしょう。


なぜ本当のこと言わないのか…米政府「菅隠蔽体質」に怒!!

 米政府が、菅直人政権の「隠蔽体質」に激怒している。東京電力福島第1原発事故のデータを明かさず、放射性物質漏れの重要情報を共有しようとしない、というのが理由だ。空母や在日米軍を出動させ、東日本大震災の救援活動に全面協力している同盟国を軽視するような姿勢にいらだつ一方、米軍無人偵察機が検出した数値から、放射能専門家部隊の派遣準備も始めた。外交専門家の中には「日米関係が悪化しかねない」との声も噴出している。

 「なぜ、菅政権は本当のことを言わないのか。こちらは全面協力する姿勢なのに。正確な情報を出さないのは間違いだ」

 ホワイトハウス関係者は、こういらだちを隠さない。米政府は原発事故直後の13日深夜、米原子力行政を統括するエネルギー省や原子力規制委員会(NRC)の専門家らを来日させて、緊急支援に乗り出した。

 ところが、米専門家らが、経産省や原子力安全・保安院、東電に出向いても、新聞に出ているような情報しか出さない。情報共有を求めても、担当者に「待っていてくれ」と言われて、放置される始末。米専門家らは本国に「菅政権は情報を隠蔽している」「まったく狂っている」と通報した。

 米政府は、菅政権に対し、「一体どうなっているのか」「こちらは空母まで派遣して協力している」「同盟国ではないのか?」と抗議したが、菅政権は事務方を通じて、「心配はいらない」「きちんと対応している」などと突き放したような態度だったという。

 これで米政府の不信感は決定的になった。軍事衛星の情報に加え、北朝鮮が核実験をしたときなどに運用する無人偵察機を飛ばして、詳細なデータを収集。菅政権が発表している数字とは異なる数値を入手した。これは藤崎一郎駐米大使を通じて、菅首相に伝えられているという。前出のホワイトハウス関係者はいう。

 「われわれは駐米大使館などを通じて、『こういうデータがある』『事実を話してくれ』『事態収拾に協力する』と何度も伝えたが、やはり菅政権はまともな対応をしなかった。どうも、官邸中枢の数人がおかしいようだ。わが国は単独で決断を下した」

 米政府は16日(日本時間17日未明)、在日大使館を通じ、第1原発の半径80キロ以内の米国民に避難勧告し、大使館職員の家族らの自主的な国外退避を認めた。在日米軍の家族らも退避に動き出している。日本政府は、第1原発から半径20キロ以内には避難を、20キロから30キロは屋内退避を指示している。NRCのヤツコ委員長は16日、米CNNテレビでこの違いについて聞かれ、「米国の基準ならそうする」と答えた。

 菅首相は18日、IAEA(国際原子力機関)の天野之弥事務局長と官邸で会談した際、「これまでもそうしてきたが、情報は最大限、透明性を持って伝える」と語ったが、米国をはじめ、世界各国はそうは見ていない。

 現に、ヒラリー米国務長官は「日本の情報は混乱していて信用できない」とテレビのインタビューで答え、ドイツのメルケル首相も「日本からの(原発)情報は矛盾している」と記者会見で語っている。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「米国は『ともだち作戦』と称して、大震災の救援活動に全面協力してくれている。そんな同盟国を軽視していたとすれば、両国の関係悪化が心配される。背景には、民主党の一部にある反米的性格と、東京電力と役所の官僚主義、秘密主義があるのでは。危機管理の基本は『事実を明らかにして、最悪のケースに備える』ことだが、菅政権には期待できそうにない」と語る。

 大震災と原発危機に加え、日本は同盟危機まで背負い込むのか。

私の感想:今まではアメリカは日本をいいように利用してるイメージしかなかったけど、今回本当に1番助けてくれてるのは間違いなくアメリカだよね。
被ばく覚悟で福島原発に行くアメリカ兵や、空から食料を輸送してくれたり、空母を派遣してくれたり。
バカ鳩山が日米同盟に亀裂を入れてしまったから、正直期待はしてなかったんだけど、ここまで協力してくれるとは思わなかった。
基本的にアメリカは自国の国益でしか動かない国だから、いろいろ裏があるのかもしれないけど、それでも即戦力になっているのだからありがたい。
にもかかわらずこれだ。
中韓のレスキュー隊は国賓レベルでお出迎えして、これだけ協力してくれるアメリカにはこの態度。
アメリカじゃなくても怒りますわ。
日本人の礼節を持たない日本政府って存在価値があるのだろうか。


こちらは嬉しいニュース。

義援金1週間で223億超…阪神大震災上回る(←クリックで記事に飛びます)

 東日本巨大地震の被災者のため、全国から日本赤十字社(東京)に寄せられている義援金が、14~20日の1週間で223億1531万円に上っていることがわかった。
 2週間で約164億円が集まった阪神大震災を上回る。同社は「被害が広範囲で深刻であること。さらに、海外で活躍するスポーツ選手が、世界に支援を呼び掛ける姿に共感した人が多いのではないか」としている。
 同社によると、義援金は14日から現金の持ち込みや郵便振替、インターネットの電子決済などで募集。募金件数は57万4000件で、2週間で115万3000件だった阪神とほぼ同じペースだが、1件当たりの寄付額が増えているという。
 義援金は、中央共同募金会(東京)などにも届いており、今後、各県や同社などで配分委員会がつくられ、使途や支給額などが決められる見込み。

私の感想:こういう記事を読むと、やっぱり日本はすごい国だと思う。
ただ、募金詐欺も起こっている。テレビで集めてる募金でも、中抜きしたり違うところへ送ったりと、おかしなことが起こっている。
NPO法人だとか日本ユニ○フとかに送られて、本当に全額が東北へ送られるわけではなかったりする。
東北にと思って1000円募金しても、被災地に届くのはそのうち500円、なんてことになってる可能性が高い。
確実に東北へ届けたいときは、そういうところへはしないほうがいい。
ゆうちょ銀行窓口を通して「中央共同募金会東北関東大震災義援金」などに直接振り込んだほうがいい。
詳細はこちら。http://www.jp-bank.japanpost.jp/information/news_index.html


全米最強超能力者ロン・バードが予言した「日本の転換期と次の時代」(←クリックで記事に飛びます)

“全米最強の超能力者”と呼ばれるロン・バードが、3月8日に緊急来日していた。その理由は、「どうしても今、日本の人々に伝えたいことがある」とのこと。以下は、3月10日に都内ホテルで行なわれたインタビューの一部だ。
「今回の来日は、僕が頼んでセットしてもらった。というのも、日本は大きな転換期にきていると思う。そして、残念だが、その転換の前に日本の人々には非常に大きな障害が起こると感じるんだ。それを伝えたかったんだよ」
 言うまでもなく、この発言の翌日に大震災が東北地方で発生した。そして今もなお、現地被災者の救出は進まず、同時に原発事故の恐怖が日本列島を覆っている。
 だが、ロン・バードは続ける。
「ただ、その困難の先には次の時代をリードするたくましい日本の姿が見える。今の日本では、ネットの中に逃げ込んでいるゾンビのような若者も多いと聞くが、今こそ君たちの力が必要なんだ。それを信じて頑張ってほしい。それが僕の伝えたいメッセージだよ」
 権威ある経済紙『フォーブス』に紹介された唯一の超能力者、ロン・バード。彼の“能力”は警察の事件解決にも貢献し、また「9.11テロ」や「北朝鮮情勢」などの予言も的中させている。
 彼がこのタイミングで来日したのは、はたして偶然なのか。ただひとつ言えることは、彼の目には「たくましい日本の姿」がはっきりと見えているということである。

私の感想:信じたいですね、こういう予言は。
日本は大丈夫と信じて、手を取り合って頑張りましょう。



いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できますさん

ご主人が原発の……それはいろいろ心配もおありでしょうが、情報も入ってくることでしょう。
本当に、菅がアメリカからの冷却材を断らなければここまでひどいことには……と思います。
放水の件は初めて知りました。
東電のメンテナンスに不備があったこともありますが、それでも早期にれ客ができていればと思うと、政府と東電の人災としか思えません。

私も難しいことはよくわかりませんが、日本が売国極左政権のときに大災害が起こるのは事実で、本当に日本の八百万の神様方の怒りなのではと思うことがあります。犠牲になるのは国民ですが……。
それでもろくな働きをしないこの政権、国民は目を覚ますべきです。
本当に、自民党のほうが何倍もマシでした。比べるのが申しわけないくらい。

中国よりはアメリカのほうが頑張ってくれてるし仲良くしたほうがずっといいのに、本当にこの政権は何をやっているのでしょうね。
私たち1人1人が声をあげて、がんばって行きましょう。
そうすれば、この政権も長くは持たないはずです。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ