桜宮日記

2007年4月に生まれた愛娘・K子の育児や、年下のダーリンとの結婚生活を中心に、日常を気ままに書いて行きたいと思います。2011年8月に家族が増えました♪

過酷な遠足

今回の日記は長くなるし地元ネタっぽいし、愚痴と言うか解決策も特にないので、時間がある人だけ読むことをおすすめします。

先日、娘の幼稚園の遠足がありました。
遠足と言うくらいだから、歩いて行くものとばかり思っていたら。
現地集合、現地解散。しかも、幼稚園から車で40分くらいかかる場所
車が無い人はどうするんだろう……。
田舎だから一家に一台はあるのが普通だけど、それでも旦那様が通勤に使ってたりしたら使えないこともあるし。
直通のバスも無く、乗り合わせて行くしかないのだろうか。
実際、乗り合わせて来てる人もいました。

そもそも、現地集合現地解散と言うのが私のイメージからかけ離れておりまして
どこの地域の幼稚園でもそれが当たり前なのかな?
長崎ならではなのかもしれないけど。
私も幼少時は長崎で過ごしたけど、さすがに幼稚園のときのことはあまり記憶が無くて。
小学校の遠足は、やたら遠くまで歩かされたことは印象に残ってるけど。

数年前までは、娘が通う幼稚園でもバスを借り切ってもっと遠くへ遠足に行ったりしてたらしいです。
でも、ここ数年はこの現地集合現地解散スタイルが定着しているとか。変わった理由は知りません。
幼稚園の近場に園児でも歩いて行けるような公園は無いし、現地集合現地解散にした場合、かなりの駐車スペースが必要で、そんな駐車スペースが確保されてる公園が、幼稚園から車で40分くらいかかるところにしかないからと言うことだと思うのですが……多分。

そんなこんなで、多少の違和感を覚えつつ、遠足当日。
運よくお天気にも恵まれ、土地勘が無いから若干不安ではありましたが、どうにか集合時間前に到着することができました。
しかし、幼稚園からもらったその遠足に関することが書かれてたプリントも、あまり親切ではなく。
時間帯と場所と現地集合現地解散であること、園児の服装、雨の時の話程度で、持ち物のことがあまり書かれていませんでした。
解散時間を考えると、お弁当とお茶は当然いるよな、とか。となると、レジャーシートも必要? とか、自己判断でいろいろ持って行くことになりました。
もしかしたら、園で大きなブルーシートみたいなものを用意してくれてるのかもとか思ったりもしましたが。

ついてみたら、やっぱり弁当もお茶も(遠足だからこれは当たり前か)シートも持参しなければならない状況でした。
上の子がいたりして慣れてるお母様方はお菓子まできっちり用意してたりして、こちらはお菓子は持って行っていいものかどうかわからずに何も持ってなかったから、もらってばかりで恐縮しきりでした。

初めてゆっくり話すことになるお母様方と仲良くなれるかと不安でしたが、そんなものは杞憂でした。
同年代の子供を持つ親同士、会話がはずむはずむ。
すっかり仲良くなりました。ありがたやありがたや。

しかし、レクリエーションが終わり、お弁当も終わって自由時間になると、想像以上に過酷な時間が待っていました。
子供たちは広い公園の遊具で好き勝手に遊び始める。
そして、幼稚園側からの注意事項。
「安全のため、お子様から目を離さないように」

え~~~~~~~。
妊婦の私には、娘の激しい動きについて行くのは辛いんですけど(>_<)
しかし、もっと辛い人たちがいました。
下の子を抱えたお母様方。
ベビーカーでおとなしくしててくれる子ならまだしも、抱っこじゃないと泣く子を抱えてた場合、その状態で上の子を追いかけることになるのだから、その大変さは妊婦の比ではありません。
授乳時間だって必要なわけだし。

そしてもっと大変なのは、下の子が歩き始めているお母様たち
どう考えても下の子のほうが危なっかしくて目を離せないわけで、その状態で好き勝手に動く上の子を見てろと言うのは、はっきり言って物理的に無理としか言えません。
その状態を見越して、旦那様やおじいちゃんおばあちゃん連れのお母様もいましたが、みんながみんなそういうことができるわけではありません。
かと言って、園庭のような限られた場所でもないのだから、担任の先生に責任を持って見てろと言うのも無理な話で。

幼稚園の遠足って、こんなに過酷な物なのか……と、初めての体験に驚いてしまいました。
みんな、こうやって子供を育ててきてるんだよな……と、しみじみ。
そして解散後も、9割以上の子が帰ったのに、元気が良すぎるうちの娘は帰らずに遊びまくるし。
母の体力は限界ですよ……。普通の状態ならまだしも、お腹が重いし。

若干強引に切り上げて、最初は泣いてた娘ですが、車が動き始めてしばらくしたら夢の中。
うらやましい。
まあ、子供ってこんなもんだよな……。
私もよく遊びに行った帰りの車の中で寝てたもん。
自分がしてたことを、親になったら自分の子にしてあげないといけないよね。

買い物して帰って、体操服を洗濯したら(翌日も幼稚園で使うけど洗い替えをまだ買ってなくて)、もう娘と一緒にぐっすりでした。
あ~~~~~疲れた。

来年は下の子が生まれてるし、遠足の日は旦那に休みをとってもらうべきか、本気で悩みます。
転勤がなければ来年も再来年もこの幼稚園でこの状態だろうし、来年再来年と年が経つごとに、下の子の成長に合わせて状況は過酷になって行くことでしょう。

もうちょっと近場に遠足に適した場所があればと思うのですが、そんな願いが叶うはずもなく。
特に解決策もないから幼稚園に意見することもできず。
何かこうつらつらと、ため息をつきながら愚痴を書いてる次第です。
くだらない愚痴につき合わせてしまった皆さま、申しわけありません。


いつもありがとうございます。
クリックお願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ

コメント

現地集合現地解散はきつい。
此方の遠足は貸切バスで遠くへ行く上に保護者の同行要らずでした。
同行を求めるとバス座席を要するからコストになるし馬鹿阿呆な保護者が多いですからな。
私の幼稚園は余り保護者の参加を求められないです。
それでも係・委員は全員がやらないといけないのだけどね。

"馬鹿阿呆"は保護者から幼稚園への意見提出会にて判明。
送迎バスで子供がする挨拶を園での挨拶と同じ位に元気良くだの、
夏場の必須アイテムである水筒の中身が減ってないから水分補給をさせてないだの。
常識的に考えたら解る事なのに疑問としてぶつけて来る。
"挨拶"なんか丁寧にやってたら遅延の原因だし"水"なんて園の蛇口から飲んでるっての。
幼稚園に対して要求と不信が先立つ人々だらけ。

フープさん

やっぱり、現地集合現地解散スタイルばっかいじゃないのですね。
貸切バスだと料金が発生するかもしれないけど、そっちのほうが絶対楽ですよね。
大型バスだと酔ったりする子がいるからかな、とも思ったのですが、そんなに遠くなければ大丈夫ですよね。

やっぱり、幼稚園のお母さんにもいろんな人がいるんだなぁ。
子供はのど乾いたら自分で水分補給しますよね。
本当に、わかりそうなことなのに言ってくる人たちっているんだなぁ。
もしかしたら、こちらのほうも何らかの苦情があって現地集合現地解散スタイルになったのかもしれません。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ